現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > よくある質問 > 防災・災害対策 > 防災対策 > 地震の際、地域での安否確認などの応急活動は、どのように行うのですか?

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

地震の際、地域での安否確認などの応急活動は、どのように行うのですか?

質問

地震の際、地域での安否確認などの応急活動は、どのように行うのですか?

回答

地域での安否確認などを行う方法の一つとして、地域にある公園などをあらかじめ集合場所として決めておき、強い地震があった場合に集ってお互いの安否を確認したり、地域の被害状況を確認しあったりする方法があり、仙台市では、この地域で決めた集合場所を「いっとき避難場所」と呼んでいます。
地域住民が集まることで、住民同士が安否や地域の被害を確認しあえるだけではなく、一人では難しい活動を皆で協力して行うことができますので、情報をもとに、集まっていない方を個別に訪問して安否を確認したり、必要があれば救助・救護・消火活動などを地域の方々で協力して行いましょう。
また、避難所への避難が必要な場合には、高齢者や身体の不自由な方などを支援しながら、指定避難所などへ避難しましょう。

お問い合わせ

危機管理室減災推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-3048

ファクス:022-214-8096