現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > ごみの出し方・減量 > ごみの減量 > ペットボトルの水平リサイクルに関する取り組みについて

更新日:2021年10月25日

ここから本文です。

ペットボトルの水平リサイクルに関する取り組みについて

 本市が収集した使用済みのペットボトルを新たなペットボトルへと水平リサイクルし、地域内での循環利用に取り組むため、株式会社伊藤園およびティーエムパック株式会社との連携協定を、令和3年10月に締結しました。

※水平リサイクル…使用済み製品を同一種類の製品へとリサイクルすること。資源を繰り返し利用できるため、環境負荷の低減が図ることができ、「質」の高いリサイクルとされる。

 

kyouteishiki_1

協定締結式の様子(写真左から、ティーエムパック株式

会社・湯瀬社長、郡市長、株式会社伊藤園・本庄副社長)

 

1 背景

 国内におけるペットボトルのリサイクル率は8割を超えるものの、このうち再びペットボトルへ水平リサイクルされる割合は1割程度にとどまり、ほとんどが衣料品等ペットボトル以外の物へリサイクルされています。

 その多くは一度再利用された後、廃棄されてしまうため、資源の有効利用に向けては、繰り返し再利用が可能な水平リサイクルを推進することが重要です。

 

2 取り組みの概要

  • 本市が収集した家庭から出される使用済みのペットボトルについて、伊藤園が指定するリサイクル業者へ売却し、新たなペットボトルへと水平リサイクルします。
  • 市内のティーエムパックの工場で、再生したペットボトルを用いて再びペットボトル飲料が製造され、仙台市内をはじめ東北各地へ出荷されます。
  • 年間あたり、2千トンの使用済みペットボトルを引き渡し、約1億本の再生ペットボトルに水平リサイクルされる予定です。
  • 令和4年度より事業を開始し、地域内でのプラスチック資源循環を「見える化」するため、市内へ出荷される再生ペットボトルを用いて製造した一部商品のラベルに、今回の取り組み内容を掲載する予定です。

ペットボトルの水平リサイクルによる資源循環の取り組みイメージ

お問い合わせ

環境局廃棄物企画課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎3階

電話番号:022-214-8230

ファクス:022-214-8840