現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2017年度(平成29年度) > 8月 > WAKE UP!! CAMPUS MAGAZINE(ワケアップキャンパスマガジン) 学生による資源分別ウェブマガジンを創刊します

更新日:2017年8月1日

ここから本文です。

WAKE UP!! CAMPUS MAGAZINE(ワケアップキャンパスマガジン) 学生による資源分別ウェブマガジンを創刊します

(担当)環境局家庭ごみ減量課
(電話)022-214-8229

学生による資源分別プロジェクトチーム「ワケアップキャンパス」※が、同世代の若者に分別意識や分別行動を広めるため、「ワケること」への興味関心を高める記事を発信します。

1 創刊日

8月1日(火曜日)

 

2 特徴

(1)コンセプト

 「世界のあらゆるモノをワケアップ」をテーマに、「分別」を身近に感じさせる各種情報を話題性重視で発信。企画、取材、編集、発信の全てを学生チームが担うことで、若い感性を直接的に同世代に伝えます。

(2)連載コーナー

  1. 学生100人に聞いた『あなたならどっち?』(毎週更新)
    若い世代が気になる二択アンケートを100人以上に毎週実施し、結果を公開します。
  2. 『ワケありな人』
    各界で活躍する有名人から身近な学生まで、「ステキな人のステキなワケ」と分別観を探るインタビュー記事を掲載します。
  3. 『んだモノ』
    「○○を長く使いたいんだモノ」「○○は繰り返し使えるんだモノ」などの視点で、様々なモノの分別秘話を紹介します。
  4. 『ボーダーライン』
    3Rに関係の深い施設等を、「資源とごみを分けるボーダーラインを引く場所」と捉え、レポートします。
  5. 『ワケてみた』
    分別に関する実践行動を、早送り動画で楽しく伝えます。

※1は毎週金曜日更新、2から5は毎月更新(2は第4金曜、3は第2金曜など)

3 ワケアップマガジンURL

 wu-magazine.com(外部サイトへリンク)

 

※WAKE UP!! CAMPUS(ワケアップキャンパス)

 平成28年5月結成の学生プロジェクトチーム。これまで、フェイスブック等による情報発信、大学での資源回収事業、雑がみ回収ツール「月刊紙袋」開発などを実施。今年度は、ウェブマガジン制作を通じ、分別に関する情報発信の強化と企画の立案から実現までのスキルアップに取り組んでいる。7月末現在メンバーは7大学1専門学校より16人が所属。

 

お問い合わせ

環境局家庭ごみ減量課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎3階

電話番号:022-214-8229

(内線736-3429)

ファクス:022-214-8277