現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 契約・入札 > お知らせ・その他 > 2017年度 > 資源化施設更新事業の建設・運営に関するヒアリング調査を実施しています

更新日:2018年1月12日

ここから本文です。

資源化施設更新事業の建設・運営に関するヒアリング調査を実施しています

仙台市環境局では、家庭から排出される缶・びん・ペットボトル等のリサイクル推進のため、市内2か所の資源化施設で選別・資源化を行っております。このうち、松森資源化センターは老朽化が著しいことから、新たな資源化施設の建設・運営手法について検討を進めており、これまでに実施したアンケート調査を踏まえ、下記によりヒアリング調査を行っております。

ヒアリング調査の概要

  • 調査実施期間:平成30年1月~2月
  • ヒアリング調査の対象事業者様には、更新事業やリスク分担に関する想定案をお示ししたうえで、ご意見をお聞かせいただきます。
  • 事業者様の営業上の利益を保護するため、本調査は事業者様の名称及び業種を明かさないことを条件に実施したします。

本調査では様々な事業者様のご意見を幅広くお聞きしたいと考えております。
本施設の建設・運営に関心をお持ちの事業者様には、先般実施したアンケート調査に参加されなかった場合でもヒアリング調査を実施させていただきたいと考えておりますので、下記までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

環境局廃棄物企画課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎3階

電話番号:022-214-8230

ファクス:022-214-8840