現在位置ホーム > くらしの情報 > くらしの安全・安心 > 消防 > その他の消防情報 > 新指令センターでの運用を開始しました

更新日:2018年10月22日

ここから本文です。

新指令センターでの運用を開始しました

仙台市総合消防情報システム運用開始

 仙台市消防局では、これまで運用を行ってきた仙台市総合防災情報システムに代わり、平成30年8月から仙台市総合消防情報システムの運用を開始しました。

 指令センターの様子

1仙台市総合消防情報システムの特徴

指令台機能の充実

 年間約65,000件の通報を受付け、多種多様の災害に応じた迅速かつ的確な判断が求められる指令管制の業務を支援するためにGPS(衛星利用測位システム)を装備することにより、消防車両の出動から現着までの時間短縮及び部隊の動態管理機能の強化を図りました。

 また、大規模災害時における119番通報の増加等に対応するために複座式指令台(通報が多発した際にオペレーターを増員することができる指令台)を導入するとともに、指令台のバックアップ機能を導入しました。

車両運用端末の導入

 災害発生時の通報場所及び現場へ向かうまでのルート、他の消防車両の位置や支援情報(道路の通行障害の有無、消防水利等の各種情報)の表示機能を有する車載端末を各車両に整備しました。

 車載端末の画像

携帯型端末装置の拡充

 災害現場での活動支援と情報収集機能を強化するために指揮隊(災害現場で活動を指揮する隊)に配備し、支援情報の受信及び建物情報の収集等の各種機能を導入しました。

携帯型端末の画像  携帯型端末を取り外した画像

消防業務システムの拡充

 業務のシステム化を行うとともに、各業務で異なっていたシステム構成を統合化するなど、システム化の範囲の拡大と併せてシステム全体の最適化を図り、データベースの共用による業務の効率化を図りました。

2通報の受付から活動終了までの流れ

通報から活動終了までの流れ

通報から活動終了までの流れ

説明

通信の受付 固定電話やIP電話、携帯電話からの119番通報受付と同時に、通報者付近の地図が瞬時に指令台に表示されます。
災害種別・場所の決定

通報内容から、災害の種別や出場場所を決定します。

また、通報内容を聴取しながら合成音声により自動的に予告指令を行い、出場隊は準備を開始します。

出場隊の編成 災害情報をもとに、出場隊を自動で編成します。
出場指令

出場指令を行い、指令書・活動支援端末へ災害地点や指令内容を表示します。

出場指令を受け、出場隊は災害現場へ向かいます。

支援情報 出場した各隊に災害対応に必要な情報を随時提供することにより現場活動の支援を行います。
現場活動

各種支援情報の送信や、無線による現場状況確認及び指示伝達を行います。

現場活動隊は支援情報をもとに安全・迅速・的確な活動を行います。

活動報告 活動終了後、出場隊は署所の業務系システム端末から活動の報告を行います。

3システム構成機器等

指令台・地図等検索装置

指令台・地図等検索装置

 119番通報の受付、出場車両の編成、出場指令等の災害対応に必要となる業務を行います。また、地図等検索装置と連動し、災害発生場所の地図をディスプレイに表示します。

支援情報表示盤

支援情報表示盤

 出場隊の活動を支援する情報や気象情報、災害件数等を表示します。

多目的情報表示盤

多目的情報表示盤

 高所監視カメラの映像や指令台のディスプレイの画面を表示します。

車両運用端末(AVM)
車両運用端末

 各車両に設置し、車両の動態情報、GPS位置情報について指令センター及び他車両間で情報共有ができます。
その他、地図情報・航空写真の表示が可能なほか、災害地点までのナビゲーション機能、各種支援情報の検索参照が可能です。

業務系システム端末装置

業務系システム端末装置

 各署所に設置された消防事務端末上にWeb化したシステムを実現しました。
各種災害情報及び防火対象物・危険物・消防水利等の支援情報を基に、各種帳票を一元管理し、指令センター・出場隊間での効果的な情報共有に基づく活動展開を可能にします。

署所端末装置・車両表示盤

署所端末装置・車両表示盤

 各署所の執務室に設置し、車両の動態情報を表示する大型ディスプレイです。出場指令受信時には指令情報が自動的に表示されるほか、各種映像ソース(高所監視カメラ、ヘリコプターテレビ電送システム、衛星地球局)を任意に表示させることが可能です。

作戦室

作戦室

 大規模災害時に、災害対策本部と連携し情報収集及び分析を実施し、災害規模の把握や活動方針の決定支援を行います。

高所監視カメラ

高所監視カメラ

 市内2拠点に計3基のカメラを設置しており、災害発生時にいち早く災害現場状況を確認することが可能です。

消防GISシステム

消防GISシステム

 消防OAシステム、指令台等からなる指令管制システムを連携としており、当局が独自に管理する消防地図の編集を行うほか、各種台帳情報との連携・解析・作図が可能です。

活動支援端末(警防・救急・査察)

活動支援端末

 現場活動時に携行し、各種支援情報(文字・図面・映像等)を参照できるほか現場映像を撮影し指令センターへ送信することが可能です。

映像系設備操作卓

映像系設備操作卓

 高所監視カメラ設備、ヘリコプターテレビ電送設備、衛星地球局設備を操作することで、災害状況の把握が可能です。大規模災害発生時等に総務省消防庁や他都市との災害現場映像の相互共有を実現し、速やかな救援及び災害対応体制確立を支援します。

お問い合わせ

消防局管理課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-728-9590