更新日:2021年7月8日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症定例報告会(7月8日開催)

報告会

新型コロナウイルス感染症の市内感染状況やワクチン接種状況などに関する定例報告会を開催いたします。(原則毎週木曜日午後6時から)

 

 

報告内容

1.危機管理課からの報告

昨日開催された宮城県の対策本部会議で決定された7月12日以降の新型コロナウイルス感染症に係る対策等について、ご説明させていただきます。

資料1「リバウンド防止徹底期間(8月31日まで延長)」

資料1 リバウンド防止徹底期間(8月31日まで延長)
6月13日をもって宮城県・仙台市独自の緊急事態宣言が解除されて以降、7月11日までを期限に延長されておりました「リバウンド防止徹底期間」についてですが、8月31日まで延長されることが決定されました。

資料2「7月12日以降における県の対策等

資料2 7月12日以降における県の対策等

リバウンド防止徹底期間の延長については、7月に入り新規感染者が2桁となる日が続いている現在の感染状況や、オリンピックや夏休み・お盆期間中の人流の影響、首都圏等の感染状況等を勘案し、感染の再拡大を防ぐため8月末までの期間が必要との判断がなされたものです。

7月12日以降の県民・市民の皆さまや事業者の皆さまへの協力要請の内容については、これまでの内容から変更はございません。引き続き感染防止対策の徹底の要請がなされておりますので、皆さまのご協力をお願いいたします。

資料3「皆さまへのお願い(特に注意いただきたいこと)

資料3 皆さまへのお願い(特に注意いただきたいこと)

6月10日の報告会でもお願いしたところですが、現在、感染の再拡大も危惧される状況ですので、改めてお願いするものです。

「外出・移動の際には三密を回避し、マスクの着用や手洗い等、基本的な感染対策を徹底すること」「県外との不急不要の移動、特に感染拡大地域との往来は延期・自粛すること」「飲酒を伴う大人数・長時間の会食や行事は自粛すること」「会話の際はマスクを着用するなど、飲食店が求める感染防止策に積極的に協力すること」「路上・公園等における集団での飲酒など、感染リスクの高い行動を自粛すること」。

皆さまにはいま一度、こちらの感染対策について確認いただきまして、引き続き実践をお願いしたいと思います。

本市といたしましても、希望される方が検査を受けられるPCR検査センターを民間事業者と連携して設置するなど、新たな事業も含め、各般の取り組みを進めておりますが、感染拡大を防ぐには市民の皆さまお一人お一人の意識と感染防止対策の徹底が何よりも重要です。引き続き皆さまのご理解ご協力を重ねてお願い申し上げます。

 

2.保健所からの報告

資料1「【図1】仙台市新規陽性者数(診断日別)」

資料1「【図1】仙台市新規陽性者数(診断日別)」
7月6日時点における新規陽性者数の7日間移動平均は8.6人となっており、前の週の4.7人よりも上昇しました。

資料2「【図2】仙台市新規陽性者割合(年代別)」

資料2「【図2】仙台市新規陽性者割合(年代別)」
新規陽性者数における20代の割合が先週に続いて4割を超えており、全年代の中で最大の割合を占める状況です。

資料3「【図3】新型コロナウイルス変異株」

資料3「【図3】新型コロナウイルス変異株」
N501Y変異株の週ごとの陽性率は100%となっており、一方、L452Rの変異がある変異株については本市で新たな確認はございません。

資料4「【表1】仙台市の医療提供体制及び感染の状況」

資料4「【表1】仙台市の医療提供体制及び感染の状況」
仙台医療圏の確保病床使用率は入院医療10.0%、感染経路不明割合は74.6%となっており、直近1週間の人口10万人当たりの陽性者数は、前の週は3.01人でしたが、7月6日時点では5.47人となっており、先週に引き続いて上昇いたしました。

資料5「【表2】仙台医療圏の受入可能病床の状況」

資料5「【表2】仙台医療圏の受入可能病床の状況」
仙台医療圏の受け入れ可能病床使用率は37.3%、重症者病床使用率は25.0%と昨日15時時点のデータです。現時点では低い水準にはありますが、感染者数が増加基調にあることから今後の推移に注意が必要です。

資料6「【図4】仙台医療圏の受入可能病床使用率」

資料6「【図4】仙台医療圏の受入可能病床使用率」
仙台医療圏の受け入れ可能病床使用率について、4月から現在までの推移を示すグラフとしてお示ししております。

資料7「クラスター事例一覧」

資料7 「クラスター事例一覧」
本市におきましてはここ4週間で新たに認定されたクラスターはありません。7月に入ってからも確認されておりません。

資料8「感染再拡大の早期探知(注視すべき指標)」

資料8「感染再拡大の早期探知(注視すべき指標)」
先日公表しました「感染再拡大の早期探知」、注意すべき3つの指標についてでございます。「指標1. 新規陽性者数」「指標2.感染経路不明者数」「指標3.実効再生産数(陽性判明日ベース)」の3つの指標をお示ししております。

資料9「感染再拡大の早期探知(指標1.2.3.)」

資料10「感染再拡大の早期探知(指標3.)」

資料9「感染再拡大の早期探知(指標1,2,3)」

資料10「感染再拡大の早期探知(指標3)」

3つの指標の現時点での状況です。「指標1. 新規陽性者数」についてです。警戒及び行動の目安として、「1日当たり20人以上発生」としております。現段階では目安には到達していないものの、ここ最近、2桁の感染者数が繰り返し確認されるようになっておりますので、注意が必要な状況にあると認識しております。「指標2.感染経路不明者数」についてです。警戒の目安である「1日当たり4人以上が4日以上継続」につきまして、ここ最近ですと6月29日~7月2日に4日間続き、その後途切れてはおりますが、ここ数日、再び4人を超えることが何度か出ておりますし、感染経路が分からない陽性者数が大半を占める状況が出ております。「指標3.実効再生産数」についてです。陽性判明日ベースのものですので必ずしも公表日ベースとは100パーセント一致はしませんが、一定の傾向としてご覧ください。警戒および行動の目安である「1.0を超え、急激な上昇が連続している」点につきましては、6月終わりごろから1.0を超える状態が続いております。ここ最近は3月初旬に感染拡大が始まった入口に近いような高い水準にあることから、感染のさらなる拡大を警戒すべき状況にあると認識しております。

以上3つの指標を基にいたしまして、「新規陽性者数」の指標には到達していないものの、ここ最近、2桁の陽性者数が繰り返し確認されていること、感染経路が確認できない方が大半を占める状況が続いていること、実効再生産数の急激な上昇が連続していること等を踏まえると、「警戒の目安」におおむね到達しているという状況にあると考えております。

保健所といたしましては、最近の陽性者数の状況をみますと、以前は1桁が続いておりましたが、予断を許さない状況になっていると考えております。再び今後感染が急拡大する状況にならないよう、会話の際には確実にマスクをするなど、市民の皆さまに対しまして、基本的な感染予防対策の徹底を改めて強くお願いいたします。

 

3.交流企画課からの報告

資料1「飲食店従業員を対象としたPCR検査」

資料1 飲食店従業員を対象としたPCR検査
本市では飲食店の安全安心の確保を図るとともに、地域経済の回復につなげるため、飲食店従業員を対象とした無料のPCR検査を実施しており、5月26日から店舗ごとに申し込みを受け付けています。

資料2「申込・検査状況」

資料2 申込・検査状況

5月、6月は合計で1,861件、12,721人分の申し込みをいただいております。

申し込みのあった検査キットのうち、検査済みのものの結果については、陰性6,298件、陽性5件となっております。

陽性と判定された方がいた場合には、検査を実施した医療機関よりご本人に陽性である旨の連絡が入ります。その後、医師が診療を行い、陽性が確定した場合は保健所に発生の届出を行います。その届出をもとに保健所から陽性者ご本人に連絡が入るという流れになっています。

今後も月ごとに、結果をお知らせしていく予定です。

資料3「PCR検査実施店のご紹介」

資料3 PCR検査実施店のご紹介

検査を実施いただいた店舗は、仙台市ホームページにおいてリストとマップでご紹介しているほか、店舗掲示用のデータを配布しています。飲食店の皆さまにはこれらを活用して感染症対策への取り組みを発信いただきたいと思いますし、市民の皆さまにはお店選びの参考にしていただければと思います。

最後に、飲食店の皆さまにお願いです。ぜひこの制度を活用して、定期的に検査を受け、お客さまや従業員の皆さまの安全・安心につなげていただきたいと思います。10月末まで申し込みを受け付けており、月に1回無料で検査を受けられますのでぜひご活用ください。

 

4.新型コロナウイルスワクチン接種推進室からの報告

資料1「ワクチン接種実績(65歳以上高齢者)」

資料1「ワクチン接種実績(65歳以上高齢者)」
令和3年7月7日17時時点の65歳以上高齢者への接種実績でございます。個別接種の接種回数はトータル247,823回で、うち1回目が152,975回、2回目が94,848回となっています。集団接種の接種回数はトータル21,370回で、うち1回目が17,476回、2回目が3,894回となっています。大規模接種の接種回数はトータル61,939回で、うち1回目が32,894回、2回目が29,045回となっています。以上合計で331,132回となり、うち1回目が203,345回、2回目が127,787回となっています。

資料2「ワクチン接種実績(65歳以上高齢者)」接種方法別グラフ

資料2「ワクチン接種実績(65歳以上高齢者)」接種方法別グラフ
資料1の接種回数を個別接種、集団接種、大規模接種に分けてその推移を棒グラフで表しております。前回比で個別接種がプラス49,449回、集団接種がプラス7,746回、大規模接種がプラス12,381回となっております。

資料3「ワクチン接種実績(65歳以上高齢者)」接種回数別グラフ

資料3「ワクチン接種実績(65歳以上高齢者)」接種回数別グラフ
資料1の接種回数の合計を1回目接種と2回目接種に分けてその推移を棒グラフで表しております。1回目接種は前回よりプラス13,098回、2回目接種はプラス56,478回となっており、2回目の接種が進んでいます。

資料4「(参考)ワクチン接種実績」

資料4「(参考)ワクチン接種実績」
接種実績に関する参考情報です。65歳以上高齢者の実績を再掲するとともに、それ以外の方々の接種実績を掲載しております。「それ以外」の接種回数はトータル186,927回で、うち1回目が129,118回、2回目が57,809回となっています。合計はご覧のとおりでございます。

資料5「(参考)ワクチン接種実績」グラフ

資料5「(参考)ワクチン接種実績グラフ」
資料4の接種回数について、前回と比較してその推移を棒グラフで表しております。

資料6「「個別接種」「集団接種」新規予約受け付けの一時停止について」

資料6「個別接種」「集団接種」新規予約受け付けの一時停止について
再度のご案内です。国からのファイザー社製ワクチンの具体的かつ安定的な供給計画の見通しが立っていないため、当面の間、「個別接種」「集団接種」の新規予約受け付けを停止しています。再開の時期については改めてお知らせします。市民の皆さまにご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

報告資料

報告資料1_危機管理課(PDF:1,761KB)

報告資料2_保健所(PDF:1,566KB)

報告資料3_交流企画課(PDF:466KB)

報告資料4_新型コロナウイルスワクチン接種推進室(PDF:590KB)