現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長動画メッセージ > 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ ―地域産業協力金・支援金の申請を受け付けています―(令和2年5月13日)

更新日:2020年6月1日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ ―地域産業協力金・支援金の申請を受け付けています―(令和2年5月13日)

令和2年5月13日

メッセージ

 

とても気持ちのよい陽気が続き、杜の都が輝く季節になりました。例年ですと初夏の風物詩、仙台国際ハーフマラソン大会や青葉まつりで街中が盛り上がるわけなのですけれども、残念ながら今年はその開催が叶いません。来年には必ず戻ってくることを信じて、今は新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて気を引き締めて取り組ませていただきます。

今日から中小企業の皆さま方を支援する「地域産業協力金」と「地域産業支援金」の申請受け付けが始まりました。協力金は、休業要請に応じていただいた事業者の方々に40万円、1事業者で2つ以上の施設をお持ちの方には80万円を支給するものです。そしてまた協力金の対象にはならない事業者の方で、事業の収入が前年よりも50%以上減ったという中小企業の皆さま方には地域産業支援金を20万円お支払いすることになっております。こちらはNPO法人など会社以外の法人やフリーランスの方など、個人事業者の方も広く使っていただけるものでございます。

申請の方法ですが、今回は感染予防のために郵送申請にご協力をいただきたいと思います。申請書の作成が不安だと思われる場合は、作成を支援する特別窓口を設置いたしました。アエル5階の中小企業活性化センターの中に設けております。その特別窓口ですけれども、完全予約制になります。お問い合わせ専用ダイヤル(0570-085894)にご連絡ください。専用ダイヤルは、協力金・支援金に関するお問い合わせ全般に対応いたします。書類に不備がなければどちらも2週間ほどで振り込みをさせていただきます。

 事業存続の瀬戸際におられる方々にとっては焼け石に水という方もおられるかもしれません。それでも事業継続に向けてなんとか活路を見いだしていただきたい、その思いで市独自の財源を確保してこの2つの制度を準備いたしました。協力金・支援金を対象となる全ての中小事業者の皆さまにお届けしたいと思っております。ぜひ申請をしていただきますようにお願いをいたします。

5月末には第3弾となる経済対策を打ち出すために、現在急ぎ検討を進めております。経済は暮らしそのものです。命も暮らしも守る。その強い思いでこれからも取り組んでまいります。


令和2年5月13日
仙台市長 郡 和子