現在位置ホーム > 新型コロナウイルス感染症特設ページ > 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ > その他の市長メッセージ > 第7回新型コロナウイルス感染症対策会議における市長メッセージ(12月21日)

更新日:2020年12月21日

ここから本文です。

第7回新型コロナウイルス感染症対策会議における市長メッセージ(12月21日)

メッセージ

例年であれば、多くの皆様が年末年始を利用した帰省や旅行、忘年会・新年会などを楽しみにしている時期だと思います。

しかし、仙台市では、新型コロナウイルスの感染者が急激に増加しており、感染症収束の兆しが見られない大変厳しい状況にあります。市民の皆さまには、是非、この年末年始を静かに過ごしていただきたいと思います。

念頭においていただきたいのは、年末年始は多くの医療機関がお休みになるということです。仙台市・宮城県ではコールセンターを設置しておりますが、年末年始には、ご紹介できる医療機関も限られてまいりますので、どうかこれまで以上に体調管理と感染予防対策の徹底をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症では無症状や症状のごく軽い方からの感染の拡大が、懸念されています。人が移動する際には、やはり感染のリスクが伴います。離れて暮らしているお子さんやお孫さんと顔を合わせたいという思いは誰しも同じだと思います。けれど、この年末年始には帰省や旅行はできる限り慎重にお願いしたいと思います。感染が拡大している地域との往来には、特に慎重な判断をお願いします。

また、会食を行う際には、感染対策ができているお店を選んで、ご自身の感染対策をしっかりとった上で利用していただきたいと思います。そして、少人数かつ短時間での利用を心掛けるとともに、お酒は少量にし、会話の際はマスクを着用してください。体調が悪い時は、会食等に参加しないようにしてください。事業者の皆さまにおかれましても、業種ごとのガイドラインを遵守していただき、市民の方々が安心して利用できる対策をお願いします。

日本においても,ワクチンの承認申請がなされたというニュースも聞こえてまいりましたが、今がまさに正念場です。皆さまご自身、そして、皆さまにとって、かけがえのない人を守るために、危機感を共有し、心ひとつにして感染症に立ち向かってまいりましょう。


令和2年12月21日
仙台市長 郡 和子