現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長動画メッセージ > 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ 宿泊療養施設での過ごし方(令和3年2月12日)

更新日:2021年2月12日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ 宿泊療養施設での過ごし方(令和3年2月12日)

令和3年2月12日

 

 

メッセージ

皆さん、こんにちは。仙台市長の郡和子です。

2月に入りまして、仙台市内における新型コロナウイルスの新規感染者数は、一桁にとどまる水準となりまして、落ち着いた状況が続いています。皆さまのこの間のお取り組みに改めて深く感謝申し上げます。

宿泊療養者の方も、ピーク時には100名ほどいらっしゃいましたけれども、最近では30名程度とだいぶ減少いたしました。

この宿泊療養施設とは、無症状の方や軽症の方に療養いただく施設でして、現在、宮城県内では2つのホテルにご協力いただいております。施設には、看護師、そして宮城県・仙台市の職員が常駐しておりまして、療養された方々の毎日の健康観察を行っているところです。

もし、皆さんや身近な方が新型コロナウイルスに感染し、この宿泊療養施設に入ることになった場合、慌てずにご準備いただき、安心して過ごしていただくことについて、今日はご紹介したいと思います。

居室

施設によって部屋のレイアウトは異なりますが、このような個室でお過ごしいただきます。療養中の外出や、ご家族の方などとの面会はできません。お部屋には、テレビや電気ポット、冷蔵庫、空気清浄機付き加湿器などを用意しています。なお、宿泊費用の自己負担はありませんのでご安心ください。

居室

食事

食事は、朝、昼、夜の決められた時間帯に、お弁当をお届けします。食費のご負担もありません。

食事

日用品・貸与品

お水やティッシュペーパーなどの日用品も用意しています。また、毎日の健康チェックに必要なパルスオキシメーター、体温計、ペンも貸し出しています。滞在中のお部屋のお掃除は、ご自身でなさるようにお願いしています。また、コインランドリーは使用できません。洗濯が必要な場合には浴室で手洗いをしてください。

日用品・貸与品

購入可能なもの

タオルやシャンプー、歯ブラシなどのアメニティは購入できます。

購入可能なもの

 

このように、お弁当や日用品など色々ご用意しておりますが、通常のホテルのサービスとは異なります。生活に必要なものについては、ご自身であらかじめご用意してお持ちいただければ大変ありがたいと思います。

準備するもの

洗面用具や日用品のほか、保険証やおくすり手帳、普段飲んでいるお薬がある場合には必ずご持参ください。

療養中には、ご家族などから送ってもらった荷物やインターネットで購入した荷物を、お部屋にお届けすることもできます。ただ、スタッフの人手も限られていますので、あらかじめ準備をお願いしたいと思います。

準備するもの

一日の流れ

こちらが一日の流れです。毎日朝と夕方に、ご自身で健康チェックをしていただきます。検温と、パルスオキシメーターを使って血中の酸素飽和度、脈拍を測定して、健康観察票に記入いたします。午前中に、看護師や職員から電話が入りますので、その日の体調や健康観察票に記入した内容についてお知らせください。

体調が悪化している場合は、看護師や医師が実際に症状を確認しに伺います。また、健康面や生活面で気になることがあれば、いつでも常駐している職員に電話でご相談いただけます。

10時と15時は、ラジオ体操の時間です。このうち15時の時間帯については、お部屋のあるフロアの廊下に出て歩くこともできますが、必ずマスクを着用し、他の宿泊者との会話は控えていただくようお願いしています。

一日の流れ

療養解除

宿泊療養にあたって一番気になるのは、「いつになったら帰宅できるのか」ということだと思います。国の定める療養解除の基準は、「発症日から10日間経過し、かつ症状が軽くなってから72時間経過した場合」となります。解除の判断は、退去予定日の朝までの健康観察をもとに医師が判断します。医師が「解除」と判断した方には、その日のうちに事務局からご連絡を差し上げています。

療養解除

 

一方で、育児や介護などのご事情で、自宅をどうしても離れられない。そういう方もいらっしゃるかと思います。自宅療養者の方々に対しては、仙台市でパルスオキシメーターを貸し出しています。パルスオキシメーターは指先に差し込んで使い、酸素飽和度を測定いたします。

パルスオキシメーター

新型コロナウイルス感染症は本人が自覚しないうちに、症状が悪化する事例も見られますので、毎日定期的に測定しチェックをお願いします。また、食品や日用品の宅配支援も行っています。ぜひご活用いただきたいと存じます。

一日も早く新型コロナウイルス感染症を収束させるために、行政も医療現場でも日々全力で対応しています。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

令和3年2月12日
仙台市長 郡 和子