現在位置ホーム > くらしの情報 > くらしの安全・安心 > 危機管理・注意喚起 > 危機管理・国民保護 > 危機管理 > 不発弾と思われるものを見つけたときの対応等について

更新日:2019年6月12日

ここから本文です。

不発弾と思われるものを見つけたときの対応等について

不発弾等とは

 不発弾等とは、戦時中の連合軍及び陸海軍の火薬、爆薬及び弾薬類等のことを言います(手りゅう弾も含みます)。衝撃や振動等を与えると爆発する恐れがあり、大変危険です。

                【過去に宮城県内で発見された不発弾等】

          過去に宮城県内で発見された不発弾等の画像1

          過去に宮城県内で発見された不発弾等の画像2 過去に宮城県内で発見された不発弾等の画像3

     ※ 写真は一例です。不発弾等には様々な弾種があり、大きさ、形状等は多種多様です。

 

見つけたときの対応は

 不発弾と思われるものを見つけたときは、絶対に触らず、動かさず、110番通報により、すぐに警察に連絡してください。

 

不発弾等の処理は

  不発弾等の処理については、警察が現物を確認した上で、現場での処理が終わるまで危険区域を指定し、近隣住民に避難を要請する場合があります。その際は、本市も避難所を開設する等、必要な対応を行いますので、落ち着いて避難してください。

 

お問い合わせ

危機管理室危機管理課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8519

ファクス:022-214-8096