更新日:2020年12月21日

ここから本文です。

誤飲したときの応急手当

  • 誤飲についての問い合わせや病院受診時は、子供の年齢、体重、誤飲物の正確な名称(できるだけ実物を持参する)、誤飲した量を伝えます。
  • 誤飲した時はすぐに吐かせるのが原則ですが、揮発性物質や強酸、強アルカリなど、吐かせてはいけないものもあるので要注意!
  • 仙台市内の緊急連絡先(休日当番医など)については休日当番医のページをご覧ください。

 

【誤飲したら吐かせるもの】
飲んだもの 応急処置 その後の処置
クリーム、ファンデーション、口紅、蚊取り線香、蚊取りマット、紙おむつ、インク、鉛筆、クレヨンなど 水か牛乳を飲ませる しばらく様子をみる
入浴剤、洗濯用洗剤、台所用洗剤、石けん、シャンプー、リンス、香水、ヘアトニック、芳香剤、消臭剤 水か牛乳を飲ませる 病院へ
医薬品 水か牛乳を飲ませる すぐに病院へ
ナフタリン等の防虫剤

水を飲ませる

*牛乳は毒物の吸収を早めるため飲ませてはいけない

すぐに病院へ
たばこ(2cm以上は危険)、灰皿の水 何も飲ませない すぐに病院へ

 

【吐かせてはいけないもの】
飲んだもの 応急処理 その後の処置
漂白剤、かびとり剤、トイレ用洗剤などの強酸、強アルカリ
*無理に吐かせると食道などの粘膜を傷める
水か牛乳を飲ませる すぐに病院へ
しょうのう

水を飲ませる

*牛乳は毒物の吸収を早めるため飲ませてはいけない

すぐに病院へ
マニキュア液、除光液、灯油、ベンジン、シンナー、ガソリン、農薬、殺虫剤、ガラス破片、針、ヘアピン、ボタン電池
*揮発性物質は吐いたものが気管に入り肺炎などを起こすため、吐かせてはいけない
何も飲ませない すぐに病院へ
何を飲んだのかわからない、口の周りがただれている、よだれがたくさん出ている、意識がない、けいれんしている 何も飲ませない すぐに病院へ

 

【少量(1gまたは1ml未満)の誤飲ではほとんど無害なもの】
種類、場所 飲んだもの
台所・洗面所 酒、食用油、冷蔵庫用脱臭剤、保冷剤、シリカゲル、マッチの先端、石鹸、シャンプー、ヘアトニック
文房具 クレヨン、絵の具、鉛筆、消しゴム、墨汁、粘土、のり、インク
化粧品 ファンデーション、クリーム、化粧水、口紅、香水、オーデコロン、ベビーオイル、乳液、ベビーパウダー、濡れティッシュ
その他 使い捨てカイロ、線香、蚊取り線香・マット、靴墨、花火、体温計の水銀

 

中毒110番

公益財団法人日本中毒情報センターでは、化学物質(たばこ・家庭用品など)、医薬品、動植物の毒などによっておこる急性中毒について、実際に事故が発生している場合に限り、電話で情報提供しています。

中毒110番のご案内

大阪中毒110番

24時間 年中無休

072-727-2499

つくば中毒110番

9時~21時 年中無休

029-852-9999

たばこ誤飲事故専用電話

24時間 年中無休(テープ応答)

072-726-9922

 

 

お問い合わせ

子供未来局子供保健福祉課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎8階

電話番号:022-214-8189

ファクス:022-214-8610