現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 子育て > 妊娠・出産、子育てのための情報や教室など > 関連情報 > 妊婦の方への出産前新型コロナウイルス検査のご案内

更新日:2021年11月1日

ここから本文です。

妊婦の方への出産前新型コロナウイルス検査のご案内

新型コロナウイルス感染症に対する不安を抱える妊婦の方のうち、新型コロナウイルスの検査を希望する妊婦の方は無料で受けることができます。

※検査を受けるときは、マスクを着用しておこしください。

検査の対象となる方

宮城県内の分娩取扱施設で出産を予定している妊婦の方

(里帰り分娩などのために宮城県内の分娩取扱施設で出産を予定している妊婦の方も含みます)

※発熱等の症状があるなど新型コロナウイルスへの感染が疑われる場合等で、産科主治医が感染症法に基づいた検査が必要と判断した場合は、新型コロナウイルスの検査ができる医療機関等を受診していただきます。

実施期間

令和4年3月31日まで

内容

出産前新型コロナウイルス検査の費用(妊婦の方お1人につき1回限り)

  • 検査を受ける週数は妊娠36週から38週頃を目安とします。
  • 分娩取扱施設の産科主治医に相談の上、検査の事前申し込みが必要です。

検査の方法

鼻咽頭ぬぐい液による検査もしくは唾液による検査

お申し込み方法

  1. 妊婦は、出産前新型コロナウイルス検査を希望していることを、出産を予定している分娩取扱施設の主治医に伝え、検査について説明を受けます。
  2. 検査の申し込みと予約をします。

   ※詳しくは、宮城県内の分娩予定の医療機関でご確認ください。

検査の結果が陽性の場合

検査の結果が陽性となった場合は、検査の申し込みをした分娩取扱施設からすみやかに結果を連絡します。

また、感染症法に基づく入院等が必要となるため、分娩を予定している医療機関で分娩ができなくなる可能性があります。

不安を抱える妊婦の方への出産前新型コロナウイルス感染症検査のご案内(PDF:806KB)

新型コロナウイルスに感染した妊産婦の方の相談・支援について

新型コロナウイルスに感染し、退院をした妊産婦の方で、妊娠中から出産・育児に関する相談や支援を希望をされる方に、保健師や助産師が電話や訪問で育児相談等をします。

ご相談・お問い合わせ

お住まいの区の区役所・総合支所へご相談・お問い合わせください。

妊婦の方々などに向けた新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症に対して不安を抱えている妊娠中の方々などに向けた情報を、以下のページにまとめておりますので、ご覧ください。

仙台市の、妊娠・出産・子育てに関する制度等について

仙台市の、妊娠・出産・子育てに関する制度等については、妊娠期から出産・子育て期にわたる切れ目のない支援のページをご覧ください。
妊娠・出産・子育てには悩みはつきものです。一人で悩みを抱え込まず、困ったときには子育て世代包括支援センターである各区役所家庭健康課母子保健係・各総合支所保健福祉課保健係にお気軽にご相談ください。

お住まいの区の区役所家庭健康課・総合支所保健福祉課

青葉区役所家庭健康課 電話:022-225-7211(代)
青葉区宮城総合支所保健福祉課 電話:022-392-2111(代)
宮城野区役所家庭健康課 電話:022-291-2111(代)
若林区役所家庭健康課 電話:022-282-1111(代)
太白区役所家庭健康課 電話:022-247-1111(代)
太白区秋保総合支所保健福祉課 電話:022-399-2111(代)
泉区役所家庭健康課 電話:022-372-3111(代)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

子供未来局子供保健福祉課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎8階

電話番号:022-214-8189

ファクス:022-214-8610