現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > よくある質問 > 子育て > 子育て支援 > 【児童手当】自分の所得が所得制限限度額以上かどうかはどのように計算すればよいですか?

更新日:2017年4月1日

ここから本文です。

【児童手当】自分の所得が所得制限限度額以上かどうかはどのように計算すればよいですか?

質問

自分の所得が所得制限限度額以上かどうかはどのように計算すればよいですか?

回答

以下の計算式に所得を当てはめ,算出した審査対象所得と所得制限限度額を比較してください。

所得額-控除額-8万円(一律控除)=審査対象所得

審査対象所得・控除額一覧

所得額
次の所得の合計
総所得 (※1)
退職所得
山林所得
土地等に係る事業所得等
長期譲渡所得(土地・建物等)
短期譲渡所得(土地・建物等)
先物取引に係る雑所得等
条約適用利子等
条約適用配当等
※1 給与所得(源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」欄の金額),事業所得,利子所得,配当所得,不動産所得,一時所得,雑所得,譲渡所得(土地・建物等以外)の合計額
注:株式譲渡所得は,総所得に含めません

控除額
次の控除額の合計
雑損控除
医療費控除
小規模企業共済等掛金控除
障害者控除 27万(特別40万)
寡婦(夫)控除 27万(特別35万)
勤労学生控除 27万
8万円(社会保険料控除及び生命保険料控除に相当する額として一律控除)

審査対象所得<所得制限限度額 の場合→児童手当

審査対象所得≧所得制限限度額 の場合→特例給付

お問い合わせ

子供未来局子供保健福祉課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎8階

電話番号:022-214-8202

ファクス:022-214-8610