現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 契約・入札 > 技術管理 > 工事の安全管理 > 仙台市における工事事故の定義

更新日:2017年6月9日

ここから本文です。

仙台市における工事事故の定義

仙台市発注工事における調査報告の対象となる事故の定義についての説明を掲載しております。

「仙台市建設工事事故調査報告実施要領」における定義(平成25年度以降)

「仙台市建設工事事故調査報告実施要領」(※1)に定める調査報告の対象とする事故の定義

  1. 人身事故にあっては、休業4日以上のもの
  2. 物損事故にあっては、損害見積額が50,000円以上のもので、次のいずれかに該当するもの(※2)
    ア 第三者の死傷に繋がる可能性の高かったもの
    イ 周辺地域の不特定多数の第三者に迷惑を及ぼしたもの
  3. 工事を担当する課公所長が、仙台市建設工事安全委員会幹事会への報告が必要と判断する事故
    (※1)「仙台市建設工事事故調査報告実施要領」は、工事の安全管理に関する要綱等をご確認ください。
    (※2)物損事故で対象とするかの判断は、案件ごとに過去の事例等を参考に行っています。

「建設工事事故データベースシステム(SAS)」へ登録する対象事故の定義(参考)

国土交通省の「建設工事事故データベースシステム(SAS)」のガイドラインにおける対象事故の定義を参考にして、仙台市の上記要領に定める事故に該当するか判断を行っています。

(なお、SASへ登録する対象事故の定義については、以下のとおりとなっています。)

  • 【労働災害】工事区域において、工事関係作業が起因して、工事関係者が死亡あるいは負傷した事故。輸送作業が起因して工事関係者が死亡あるいは負傷した事故。(負傷:休業4日以上)
  • 【もらい事故】工事区域において、当該関係者以外の第三者の行為が起因して、工事関係者が死亡あるいは負傷した事故。(負傷:休業4日以上)
  • 【負傷公衆災害】工事区域における工事関係作業及び輸送作業が起因して、当該工事関係者以外の第三者が死傷した事故。(第三者の負傷:休業4日以上かそれに相当する負傷)
  • 【物損公衆災害】工事区域における工事関係作業及び輸送作業が起因して、第三者の資産に損害を与えた事故にあって、第三者の死傷に繋がる可能性の高かった事故。

国土交通省ホームページ

SAS建設工事事故データベースは、国土交通省のホームページで公開されております。SASのガイドライン及び事故報告は、こちらをご覧下さい。

お問い合わせ

都市整備局技術管理室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8284

ファクス:022-268-2983