現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 契約・入札 > 技術管理 > 東日本大震災関連 > 積算・設計単価など > 施工箇所が点在する工事の間接工事費の積算の範囲拡大について

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

施工箇所が点在する工事の間接工事費の積算の範囲拡大について

平成24年7月2日より東日本大震災の復旧・復興事業を対象として,点在する工事施工箇所間の距離が100mを越える工事を一つにまとめて発注する工事については,施工箇所ごとに間接工事費(共通仮設費,現場管理費)を算出することとしておりましたが,さらなる復旧・復興事業等の施工確保を図るため,次のとおり対象工事を拡大しました。

対象工事(拡大)

仙台市が発注する工事で点在する複数の工事箇所をまとめて発注する工事であること。

ただし,当初発注時点において,点在する工事施工箇所間の距離が100mを超える工事であること。

(特記仕様書に本試行の対象工事であることが明示されている工事)

適用条件

設計変更で工事施工箇所間の距離の増減があったとしても,当初発注時点の適用条件を変更しないものとします。

適用年月日

平成24年12月20日以降に入札公告又は指名通知を行う工事

計算例イメージ

計算例イメージ図(PDF:57KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

都市整備局技術管理室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8284

ファクス:022-268-2983