現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2017年度(平成29年度) > 8月 > 第5回仙台都市圏パーソントリップ調査を実施します

更新日:2017年8月28日

ここから本文です。

第5回仙台都市圏パーソントリップ調査を実施します

 このたび、宮城県と仙台市では仙台都市圏の17市町村と協力し、仙台都市圏にお住まいの方の移動の実態を把握する大規模な調査(アンケート調査)を実施します。

 今回は東日本大震災および地下鉄東西線開業後初めての調査で、平成14年以来15年ぶりの実施となります。調査の結果は、平成31年度までに詳細な分析等を行い、人口減少・少子高齢社会における都市と交通のあり方や、多様なライフスタイルに応じた魅力あるまちづくりを検討するために活用します。

パーソントリップ調査ポスター

調査実施主体

 宮城県および仙台市

調査対象地域

 仙台都市圏の18市町村

  仙台市・塩竈市・名取市・多賀城市・岩沼市・富谷市・大河原町・村田町・柴田町

  川崎町・亘理町・山元町・松島町・七ヶ浜町・利府町・大和町・大郷町・大衡村

調査対象者

 仙台都市圏の全世帯約70万世帯のうち、無作為に抽出された約10万世帯(約23万人)

調査内容

 「どのような人が」、「いつ」、「どこからどこへ」、「どのような目的で」、「どのような交通手段を利用して」移動しているのかを調査します。調査期間内の平日と休日それぞれ1日の移動の実態について、お答えいただきます。

調査実施期間

 平成29年10月~11月

調査方法

 アンケート形式の調査票を調査実施期間中に調査対象世帯へ3~4回に分けて郵送で配布します。調査票にご記入いただいて返送いただくほか、インターネットによる回答も可能です。また一部地域においては訪問による調査も行います。

お問い合わせ

都市整備局交通政策課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8302

ファクス:022-211-0017