現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2021年度(令和3年度) > 12月 > 留学生×日本人学生「国際共修&課題解決型インターンシップ」を開催します

更新日:2021年12月24日

ここから本文です。

留学生×日本人学生「国際共修&課題解決型インターンシップ」を開催します

 

仙台市では、地元の大学や企業等と連携し学生のキャリア支援や地元定着促進を図るとともに地元企業の広報活動促進等を目的として、インターンシップ事業を実施しています。

 このたび、企業が抱える課題やチャレンジについて、留学生と日本人学生がチームを組み、国籍に捉われない幅広い視点から課題解決やチャレンジの実現に向けた提案を行う「国際共修&課題解決型インターンシップ」を開催します。インターンシップのオンライン開催、また、課題解決型の形式での開催は、本市で初めての取り組みです。

 農業、情報通信業、建設業、運送業、菓子製造業とさまざまな業界の企業が参加しますので、ぜひご参加ください。

 

1.対象者 

宮城県内の大学生

(主に1、2年生、日本でのキャリア形成を考えている外国人留学生)

※参加費無料、服装自由

 

2.定員

1企業当たり6名、全体で定員30名

(応募者多数の場合、抽選となる場合があります。)

 

3.開催方法

ZOOMによるオンラインミーティング

※一部企業によっては実地研修を伴う場合があります

4.参加予定企業

イチックス株式会社   (農業)

株式会社こだま     (菓子製造業)

株式会社Sola.com   (情報通信業)

東北黒沢建設工業株式会社(建設業)

株式会社丸山運送    (運送業)

※参加企業の詳細情報、各企業のインターンシップの概要については専用ホームページをご覧ください

(URL)国際共修&課題解決型インターンシップ専用ホームページ(外部サイトへリンク)

5.スケジュール

令和4年

  • 2月14日(月曜日)

   顔合わせ説明会(企業と学生による企業情報や課題等の共有、ディスカッション)

  • 2月21日(月曜日)

   中間発表会(課題検討の進捗状況の共有、追加テーマの提示等)

  • 2月28日(月曜日)

   成果報告会(課題の解決方法等に係るプレゼン方式による発表)

※各回の間に企業や学生チーム間で追加ミーティングを行う場合があります。

※企業によっては、日程を変更する場合があります。

 

6.参加方法

(1)申込期限    令和4年1月20日(木曜日)

(2)申し込み方法  専用ホームページからエントリーしてください。

          インターンシップの希望先は第3希望まで選択することができます。

          (URL)国際共修&課題解決型インターンシップ専用ホームページ(外部サイトへリンク)

(3)準備物     パソコンまたはスマートフォン

          ※Wi-Fi環境が必要です

          ※Zoomアプリをダウンロード後、最新版へのアップデートをお願いします

7.主催

仙台市、東北イノベーション人材育成コンソーシアムDATEntre、JETRO仙台

 

8.事務局 問い合わせ先

インターンシップ事務局(ariTV(アリティーヴィー)株式会社内)

(電話)  022-398-4799

(Eメール)jobjapan@ari-tv.jp

お問い合わせ

経済局商業・雇用支援課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-1007

ファクス:022-214-8321