現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 市民活動・NPO > 市民活動・市民協働 > お知らせ > 世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2017テクニカルセッション「市民協働と防災」を開催します

更新日:2017年10月31日

ここから本文です。

世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2017テクニカルセッション「市民協働と防災」を開催します

市民協働と防災「多様な主体による協働を防災につなげ ―平時からの取り組みのすすめ―」

市民協働と防災

このシンポジウムは、平成29年11月25日から28日にかけて仙台市で開催する「世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2017」のプログラムの1つ(テクニカルセッション)として開催します。

 

概要

国連の世界防災キャンペーンにおいて「市民力」が高く評価され、ロールモデル市に認定された仙台市。仙台の「市民力」は、東日本大震災からの復旧・復興の過程で最大限に発揮され、その後も進化・発展を続けています。
また、岩手、福島両県においても、震災復興や防災の面で地域住民の力が大きな役割を果たすなど、仙台をはじめとした被災地の思想や手法が日本国内に広がりを見せている点を踏まえ、大規模災害時に機能する協働のあり方について考えます。

  • 日時 平成29年11月26日(日曜日)14時30分から16時00分まで
  • 会場 仙台国際センター会議棟3階「白橿2」
    ※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。
  • 定員 先着100名
    ※事前申込優先。定員に達しない場合は当日の入場も可能です。
  • 参加料 無料
  • 主催 仙台市

プログラム

パネリストより岩手、宮城、福島の事例紹介

パネルディスカッション

<パネリスト>
・特定非営利活動法人いわて連携復興センター 代表理事 鹿野 順一氏
・一般社団法人ふくしま連携復興センター 事務局長 遠山 賢一郎氏
・阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター 主任研究員 菅野 拓氏

<ファシリテーター>
・地域社会デザイン・ラボ 代表 遠藤 智栄氏

お申込み方法

仙台市市民局市民協働推進課課(下記のお問い合わせ先)へ、電話またはEメール(sim004100@city.sendai.jp)で参加される方のお名前とご連絡先をお知らせください。
※定員に達しない場合は当日の入場も可能です。
※参加可否につきましては、電話、Eメールのいずれかでご連絡いたします。

チラシ:市民協働と防災(PDF:1,592KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

市民局市民協働推進課

仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎2階

電話番号:022-214-8002

ファクス:022-211-5986