更新日:2017年7月6日

ここから本文です。

伝える学校

伝える学校とは

伝える学校は、平成25年度から平成28年度まで「震災メモリアル・市民協働プロジェクト」として実施した震災の記憶と経験を市民一人ひとりが伝える視点を持って後世に継承していくための場や仕組みをつくるための事業です。この事業では、様々な専門性を有する団体と仙台市が協働で市民参加型のプログラムを実施し、市民自らが感情や想いも含めて「伝える」ための手法を学び、実践する場を提供しました。

実施プログラム

伝える学校は、平成25年度に市民協働事業提案制度の採択事業となり、その後年度ごとに内容を変化させながら、様々なプログラムを提供しました。開始当初は講義形式のプログラムが、平成26年度以降は年間を通じて実施するゼミ形式のプログラムが展開されました。

平成25年度

  • プレイベント:「伝えること」を続けるためにー「伝える学校」が考えていることー
  • 第1回:3.11をアートで伝える
  • 第2回:震災アーカイブをミライに伝える
  • 第3回:見たこと・聞いたことを言葉で伝える
  • 第4回:記憶をアートで伝える
  • 第5回:1995年と2004年の震災アーカイブを伝える

講義の様子2

平成26年度以降

3.11オモイデツアー(特定非営利活動法人20世紀アーカイブ仙台/3.11オモイデアーカイブ/仙台市)

平成26年度から平成28年度まで実施したプログラム。

当初は、震災前後と現在を見比べ、沿岸部の状況を全国に伝えるため、ゼミ生を募集し、震災以前の仙台市沿岸部の営みや想い出に重点を置いたツアーを企画するというプログラムを提供しました。平成27年度からは、参加者がアイデアを出し合い、将来に伝え残したい地域文化のコンテンツ化を図り、それを生かした滞在型のツアーを企画するプログラムに内容を変え、まちと人、人と人をオモイデで結ぶ「3.11以前のまちと人に出会うたび」をコンセプトに、震災の悲惨さを感じてもらう被災地ツアーではなく、まちに滞在し、地元の方と交流することで、写真や言葉では伝えきれない沿岸部のまちの伝統や文化、生活習慣、産業などの魅力を人々のオモイデとともに伝えるツアーを企画、実施しました。

3.11オモイデツアーの様子1 3.11オモイデツアーの様子2 

聞書きーあの人に会いに行く(RE:プロジェクト/暮らしの採集室/仙台市)

平成26年度から平成28年度まで実施したプログラム。

東日本大震災で被害を受けた地域の記憶を、暮らしていた方の語りをとおして地域の記憶を伝える手法「聞書き」によって伝えていく市民参加型のプログラム。フィールドワークや民俗学者を招いての講義を開催しながら、ゼミ生が「聞書き」により被災した沿岸部での暮らしを綴りました。

聞書きの様子1 聞書きの様子2 

聞書きまとめ冊子(PDF:1,783KB)

平成28年度までのプログラム参加者によって綴られた「聞書き」のまとめ冊子です。

3.11未来会議(一般社団法人MMIX Lab./仙台市)

平成27年度に実施したプログラム。

伝える学校展(会場:セルバンテス文化センター東京)を企画・開催したほか、長町駅前広場や3.11メモリアル交流館等を舞台に、様々な分野のアーティストや研究者を招いて、「アートで社会をつなぐ」「伝統・文化を伝える!」「アートプロジェクトで伝える!」をテーマに市民とトークセッションを行う「3.11未来会議」を開催しました。

3.11未来会議の様子1 伝える学校展の様子 

街からの伝言板(街からの伝言板チーム/仙台市)

平成26年度から平成27年度まで実施したプログラム。

学生や市民が「もしこの場所で次の地震に遭った人がいたら、どんなことを伝言するか」というテーマで仙台市の中心市街地でヒアリングを行い、東日本大震災のときに生かされた多くの知恵や工夫を、未来に残したい「伝言」として集め、鳥瞰図に伝言を配置したマップを作成しました。また、第3回国連防災世界会議「市民協働と防災」テーマ館等において、作成過程の展示発表も行いました。

鳥瞰図 街からの伝言板展示の様子 

60秒で伝える3.11ムービー(特定非営利活動法人20世紀アーカイブ仙台/仙台市)

平成26年度に実施したプログラム。

スマートフォンやタブレット等で誰でも作れる60秒ムービーの作成するためのワークショップを開催するとともに、完成したムービーを動画投稿サイトに掲載し、発信しました。

「震災メモリアル」の展覧会をつくろう(一般社団法人MMIX Lab./仙台市)

平成26年度に実施したプログラム。

震災を伝える活動をしているアーティストや芸術関係者などを招き、知識やスキルを身に付け、平成27年3月の国連防災世界会議の開催時期に合わせて「震災メモリアル」の展覧会を市民企画で開催しました。

展示

第3回国連防災世界会議「市民協働と防災」テーマ館

震災メモリアル展覧会「小さな物語ー市民による聞書きから」「メイキングオブ『街からの伝言板』」(期間:平成27年3月10日~3月15日)

聞書き発行物 伝言板展示の様子

平成29年度以降の取組

平成29年度以降は、3.11メモリアル交流館を拠点に「伝える学校」の後継事業を実施する予定となっています。

3.11メモリアル交流館(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

市民局市民協働推進課

仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎2階

電話番号:022-214-8002

ファクス:022-211-5986