更新日:2017年3月9日

ここから本文です。

サポセンこうなったらいいっちゃね会議

市民活動が活発なまちと言われてきた仙台。

平成11年に、全国初の公設民営の施設としてスタートした「仙台市市民活動サポートセンター」(サポセン)は、「自分たちの住む街や社会を、もっと良くしたい。」そんな市民の自発的な活動を応援し、発信してきました。これからの『仙台市』をもっと元気に!そしてサポセンを市民が力を合わせて『協働』でまちづくりを進める場にするためにはどうしたらいいか?などを一緒に考えてみました。

※この企画は、仙台市市民活動サポートセンターが主催する「マチノワWEEK」まちづくりのアイディア広場『触れる』『交わる』『考える』の一部です。

開催概要

  1. 日時 平成28年11月3日(木曜日・祝日)10時から12時
  2. 場所 仙台市市民活動サポートセンター 1階 エントランス
  3. 参加者 23名 

イベントチラシ(PDF:676KB)

内容

実施報告(PDF:273KB)

主催

仙台市協働まちづくり推進委員会

※仙台市協働まちづくり推進委員会は、「仙台市協働によるまちづくりの推進に関する条例」第8条に基づき、仙台市における協働によるまちづくりの推進を目指し、総合的な施策の推進を図るため、広範で専門的な意見を伺う目的で設置されているものです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

市民局市民協働推進課

仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎2階

電話番号:022-214-8002

ファクス:022-211-5986