現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 市民活動・NPO > 市民活動・市民協働 > お知らせ > 新たな助成制度の構築に向けたモデル事業を募集します

更新日:2017年1月27日

ここから本文です。

新たな助成制度の構築に向けたモデル事業を募集します

市では、協働によるまちづくりを一層推進するため、新たな助成制度の構築を目指しています。
このためのモデル事業として、市民活動の持つ自由な発想や迅速性などの強みを生かし、多様な主体が協働により実施する、社会的課題の解決やまちの魅力の創造を図る取り組みを募集します。
審査の上、採択されたモデル事業には、事業費の助成と併せて、コンサルティングや必要な専門家の派遣などのサポートを行います。モデル事業を通して、協働によるまちづくりの土壌づくりを行います。

※応募に際しては、事前相談(要予約)が必要となります。

 

1 募集について

詳細は募集要項をご覧ください。

協働まちづくり推進助成事業募集要項(PDF:755KB)

応募の期受付間

平成29年2月1日(水曜日)から平成29年3月3日(金曜日)まで

※ 土曜日・日曜日を除く午前9時から午後5時まで

募集件数

3件程度

事業の主な要件

  • 社会的課題の解決やまちの魅力の創造に資するもの
  • 2団体以上が協働により実施するもの
  • 団体個々の取り組みだけではなし得なかった新たな機能・価値を創出するもの

団体の主な要件

  • 市内に事務所および活動場所を有すること
  • 5名以上で構成される組織であること
  • 1年以上継続して活動していること

支援内容

助成金額

上限300万円

対象経費

助成率10分の9:人件費、報償費、旅費、消耗品費、印刷製本費、通信運搬費、使用料、賃借料

助成率2分の1:施設等の整備費、設備備品購入費

事業期間

平成29年4月から平成30年3月まで

サポート内容

  • 事業の進捗状況に応じた相談対応
  • 協働のプロセスに関する助言
  • 事業効果の検証に関する助言
  • 必要な外部リソースとのマッチング
  • 会計、法務、資金調達、広報戦略、人材育成等の専門分野に関する支援

2 お申し込み方法

申請に際し、申請団体が事業実施にあたり必要とするサポート内容を確認し、事業計画などに関する助言等を行うため、事前相談が必要です。相談は予約制ですので、所定の申込用紙をファクス(022-268-4042)またはEメール(sendai@sapo-sen.jp)で市民活動サポートセンターまでお送りください。

相談票予約票(ワード:25KB)

事前相談の実施後、所定の事業申請書等を仙台市市民協働推進課まで直接持参してください。

事業申請書等の様式については、下記「3 様式等」をご覧ください。

3 様式等

第1号様式(ワード:67KB)

第2号様式(ワード:36KB)

第3号様式(ワード:66KB)

第4号様式(ワード:30KB)

第5号様式(ワード:28KB)

関連リンク

仙台市市民活動サポートセンター(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

Wordビューアダウンロード

Word形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。Microsoft Wordをお持ちでない方は、Word Viewerをダウンロードしてください。Word Viewerのダウンロードページ

お問い合わせ

市民局市民協働推進課

仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎2階

電話番号:022-214-8002

ファクス:022-211-5986