更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

仙台市教育振興基本計画(第4章基本的方向)

人とまちが輝き合う『学びのまち・仙台』を目指して

第4章 今後5年間の取組の基本的方向

5つの基本的方向

第3章に掲げた今後10年間で目指す仙台の教育の姿の実現に向けて、今後5年間の教育委員会の取組の基本的方向として以下の5つを掲げます。

基本的方向1 子どもたちの可能性を広げる学校教育を実現する

基本的方向2 家庭での親と子の学びを応援する

基本的方向3 市民一人ひとりの学びの機会と活動を広げる

基本的方向4 人と社会をつなぐ豊かな学びを創出する

基本的方向5 「学びのまち・仙台」を支える基盤を充実させる

共通して念頭に置くべき点

5つの基本的方向に沿った取組を効果的に進めるために、次の2点を念頭に置きながらそれぞれの施策を推進していきます。

パートナーシップとコラボレーション

一人ひとりの市民や家庭、PTAなどの地域団体、学校、NPO、企業、大学、行政などが、互いに理解し尊重し合いながら手を携えていく関係(パートナーシップ)を築くことが重要です。

パートナーシップを持ちながら活動する中で、新たな相乗効果や活動(コラボレーション)の広がりを生み出すことによって、より豊かな学びのまちを創造していくことがはじめて可能になります。

仙台の資源を生かすこと

歴史や伝統、豊かな自然はもとより、大学や企業の集積、市民主体の広範な活動など、仙台の強みとも言える資源が豊富に存在しており、これらを学びの資源として生かす視点を重視していきます。

さらに、新たな資源を発掘して磨き上げ、学びの資源をより豊かなものにし、それらに愛着を持ち、発展させながら未来に継承していく視点も重要です。

戻る 目次 次へ

お問い合わせ

教育局総務課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎12階

電話番号:022-214-8857

ファクス:022-261-0142