更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

仙台市教育振興基本計画(第4章その10)

人とまちが輝き合う『学びのまち・仙台』を目指して

第4章 今後5年間の取組の基本的方向

基本的方向5 「学びのまち・仙台」を支える基盤を充実させる

子どもから大人まで、より多くの市民や団体等が学びの活動に参画することで、はじめて真に豊かな「学びのまち・仙台」の実現が可能になります。

このため、理念の普及啓発や活動を支える人材の育成・支援に努めるとともに、学びの環境づくりなどを通して、「学びのまち・仙台」を支える基盤を充実させます。

(施策の方向)

「学びのまち・仙台」を支える基盤を充実させる

  • (1)学びに関する情報の提供
  • (2)学びを支える人材の育成
  • (3)学びの環境の充実
  • (4)教育機会の均等の確保

(1)学びに関する情報の提供

(動向と課題)

  • 学びの活動に積極的に参画している市民は、残念ながら必ずしも多い状況にあるとは言えません。
  • より多くの市民が生涯を通じて学ぶことの意義を理解し、活動に参画するきっかけとなる情報提供等が重要な課題となります。

(基本的施策)

  • 【1】市民の学びへの関心を高め、より多くの市民の学びの活動への参画を促進するため、社会教育施設における各種事業など、様々な学びの場や機会などに関し、広報紙やホームページなどを活用して市民に対する幅広い情報提供を行うとともに、学びに関する相談支援体制の充実を図ります。

(2)学びを支える人材の育成

(動向と課題)

  • 人々の社会参画に対する意識は近年高まっているものの、実際にボランティアや指導者として活躍している人は限られており、さらに多くの市民が積極的に学びを支える活動に参画することが望まれます。
  • 変化の激しい社会の中において、学校の教職員や社会教育施設の職員は力量の向上に絶えず努めながら、市民に対して質の高い学びの環境を提供していくことが必要です。

(基本的施策)

  • 【1】博物館ボランティア、文化財サポーター、読み聞かせや託児のボランティア、講座やイベントの企画運営スタッフ、放課後子ども教室の運営スタッフなど、社会教育施設や地域での学びの活動を支える人材の育成を進めます。また育成したボランティア等に対する相談支援や活動の機会の提供などにより継続的な活動へとつなげ、多くの人が学びの活動の担い手となるよう支援します。
  • 【2】PTA指導者研修会を実施することなどにより、学校・家庭・地域が連携して心豊かにたくましく生きる子どもの育成を目的とするPTAの活動を支援します。
  • 【3】学校の教職員の社会教育主事の資格取得を支援し、本市独自の制度である嘱託社会教育主事としての活動を促進するなど、生涯学習の視点からの取組の重要性について、教職員の意識啓発を図ります。
  • 【4】社会の変化や市民のニーズに迅速かつ柔軟に対応するとともに、積極的に市民、地域と連携を図ることができるよう、専門性やコーディネート力など、社会教育施設の職員に求められる力量の向上を図ります。(再掲)

戻る 目次 次へ

お問い合わせ

教育局総務課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎12階

電話番号:022-214-8857

ファクス:022-261-0142