更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

学校生活における教育相談

学校現場で起こる様々な問題に対して「心のケア推進事業」を展開し,子どもたちの「心」のサポートをしています。
どんな小さな悩みでも,初めが肝心です。それぞれの事業の内容をよく理解して,活用してください。
以下は「心のケア推進事業」の3つの内容です。

事業内容

対象者

適応指導センター「児遊の杜」の運営

学校に行けない児童生徒の心の居場所が「児遊の杜」です。

学校に行くことのできない
小・中学生
保護者・教職員

スクールカウンセラーの配置

いじめ・不登校問題等に関する教育相談を,心の専門家であるカウンセラーが受けます。

小・中・高・特別支援・中等教育学校
児童・生徒
保護者・教職員

さわやか相談員の配置

自分の悩みを気軽に相談できる話し相手や遊び相手になります。

小・中学生

スクールカウンセラーの配置

スクールカウンセラーを全ての仙台市立学校に配置・派遣

1 目的

知識と経験を有するカウンセラーを学校に配置・派遣して,いじめ・不登校や震災後の心のケアに関する児童生徒の教育相談活動を行うことを目的としています。

2 内容

次の4つのことを行っています

  1. 児童生徒対象の教育相談
  2. 教育相談に関する教職員への助言
  3. 保護者との教育相談

3 利用に関して

相談を希望される場合には,学校へ連絡をしていただき,申し込み方法等をご確認ください。
ご不明の点があれば,教育相談班までご連絡ください。

さわやか相談員の配置

「さわやか相談員」を配置

1 目的

小・中学生が悩みを気軽に話すことができ,ストレスを和らげることができる第三者的な存在として配置しているのが「さわやか相談員」です。
こちらは現在,市内の小学校47校,中学校14校に配置されています。

2 内容

相談員はだいたい週に3日,1日4時間を基本として活動しています。決まった部屋があるわけではないので,各学校ごとに独自の活動をしています。次のような活動が中心です。

  1. 児童・生徒の悩みの相談,話し相手
  2. 地域と学校の連携の支援
  3. 学校独自の教育活動の支援

3 利用に関して

詳しくは,各学校にお聞きください。

お問い合わせ

教育局教育相談課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎13階

電話番号:022-214-0004

ファクス:022-264-4437