更新日:2017年5月17日

ここから本文です。

いじめ問題への取り組み

 

仙台市の主な取り組み

いじめは、いじめを受けた児童等の教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の健全な成長および人格に形成に重大な影響を与えるのみならず、その生命又は身体に重大な危険を生じさせる恐れがあるものです。
仙台市では、いじめは「決して許されない行為」であるとともに、「どの子どもにも、どの学校でも、起こり得る」ものであるものを十分に認識して、学校、保護者、地域をはじめ関係機関や市民団体など、すべての関係者が連携・協力して、その防止と対策にあたっています。

具体的には、以下のような方針・事業実施により、いじめや自死の予防に努めてまいります。

仙台市いじめ防止基本方針

平成25年9月28日に「いじめ防止対策推進法」が施行され、同年10月10日には、国の「いじめの防止等のための基本的な方針」が策定されました。
これをふまえ、また、本市としては、いじめの防止等のための対策を総合かつ効果的に推進するため、「仙台市いじめ防止基本方針」を策定することとし、これまで検討を進めてきました。具体的には、同年11月に有識者、保護者代表、学校代表等からなる策定委員会を設置し、委員会での協議(計5回開催)、パブリックコメントによる市民からの意見聴取等を経て、平成26年3月26日付で仙台市いじめ防止基本方針を策定しました。

仙台市いじめ防止基本方針(PDF:345KB)

仙台まもらいだー・いじめ防止「きずな」キャンペーン

本市では、児童生徒の「いじめをしない、させない、許さない」といった意識の高揚と、学校、保護者及び地域が一体となって、いじめの未然防止を図ることを目的として、毎年5月と11月に『いじめ防止「きずな」キャンペーン』を展開しています。各校ではいじめをなくすために、命の大切さやいじめについて考える授業、いじめ実態把握調査、いじめ防止に関する啓発等様々な取組を行います。また、同キャンペーン期間中、『仙台市いじめ防止「きずな」サミット』を開催し、市内の児童生徒、保護者等によるいじめ防止に関する協議を行っています。

いじめ防止「きずな」キャンペーンがスタートしました(PDF:311KB)

いじめ対策等のための教員研修

いじめ対策担当教諭研修

全市立学校に配置している「いじめ対策担当教諭」を対象として、いじめ問題の対策に必要な知識や指導,対応の在り方について学ぶ研修を実施しています。

第1回いじめ対策担当教諭研修(PDF:350KB)

校長対象自死予防研修

全ての校長を対象とした児童生徒の自死予防研修会を実施し、自死予防に取り組める体制づくりを行ってまいります。

校長対象自死予防研修(PDF:264KB)

24時間いじめ相談専用電話

いじめに悩む児童生徒の皆さんや保護者の方が,いつでも相談できるよう,24時間365日相談可能な専用電話を設置し,いじめの未然防止・早期発見に取り組んでいます。

「いじめ相談電話」電話番号:022-265-2455

関係機関との連携

関係機関と連携をとりながら、いじめ問題に対応しています。

相談窓口一覧(PDF:140KB)

学校における主な取組

学校いじめ防止等対策委員会の設置

この委員会は、いじめ防止等の取組計画や結果などの定期的な協議、いじめ事案発生時の対応の協議など、学校が組織的にいじめ問題に取り組むための中心的な役割を担うものです。

いじめにかかる教育相談体制の整備

家庭と学校ができる役割を確認し、常に連絡を取り合いながら、分担して解決に向けて力を合わせることが大切です。そのため学校ではいじめ相談窓口を設け、児童生徒や保護者からの相談に対応していく体制を整えています。

いじめ防止「きずな」サミット

平成28年11月30日に、平成28年度仙台市いじめ防止「きずな」サミットが行われました。市内の小中学校、中等教育学校から代表児童生徒が集い、「いじめのない学校へ向かって ~私たちができること~」をテーマにグループ協議が行われました。

いじめ防止「きずな」サミット(PDF:163KB)

 

自死事案に係る掲載記事

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

教育局教育相談課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎13階

電話番号:022-214-8780

ファクス:022-264-4437