更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

少人数学習推進事業

子どもの個性を大切にしたきめ細かな指導を推進

学校評議員制学校施設の開放

今後本市が目指す教育の姿と施策の展開の方向性を示すことをねらいとし,平成24年に「仙台市教育振興計画」を策定しました。育みたい市民の力として「時代の変化を受けとめ,未来を切り開いていく力」を掲げ,その源となる4つの力のうち「自ら学び 自ら考える力」の育成を基盤として,新学習指導要領(平成29年3月公示)の趣旨も踏まえながら,個に応じた指導のさらなる充実と,基礎・基本の定着を図ることを目指しています。その取組の柱のひとつとして,小学1~3年生を対象とした「少人数学習推進事業」を実施しています。

事業のねらい

近年,学習習慣,生活習慣が身に付かない児童が増加しているなかで,特に小学校下学年の時期に,一人一人の個性に合わせたきめ細かな指導を行うことによって,児童が円滑な学校生活を送れるようにし,また,基礎的・基本的な学習内容の習得をより確実にしていくことを目的としています。

事業の進め方

小学校に非常勤講師を配置して,17~18人程度の少人数集団による学習やティーム・ティーチングなどを実施します。

小学1,2年生は,35人以下学級を編制していますが,本事業の非常勤講師は,30人学級を編制した場合の教員数を基本に配置します。3年生については,40人以下学級を編制していますが,35人学級を編制した場合の教員数を基本に配置します。

本事業により多様な学習方法・学習形態が可能となり,複数の教員が個々の児童と関わり,それぞれの視点から児童の成長発達を見守りながら指導していくことができます。このことにより学習指導,生活指導を行ううえで,子どもの個性に合わせたきめ細かな対応ができるとともに,それぞれの学校が自主性,自立性を確立して特色ある学校づくりを進める一助になるものと考えています。

お問い合わせ

教育局教職員課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎14階

電話番号:022-214-8872

ファクス:022-214-8849