杜の都 仙台市のホームページへようこそ

現在位置
仙台市トップ >
教育委員会トップ >
博物館 >
主な収蔵品 >
武器・武具

1.絵画 2.浮世絵 3.武器・武具 4.服飾 5.陶磁 6.漆器 7.人形
8.歴史資料 9.地図・絵図 10.慶長遣欧使節 伊達政宗 支倉常長 収蔵資料目録

3.武器・武具

黒漆五枚胴具足黒漆五枚胴具足
伊達政宗所用
(くろうるしごまいどうぐそく
だてまさむねしょよう)
作者  
形質 鉄製漆塗
大きさ(cm) 胸高37.6 鉢高13.5
年代 桃山 16世紀
指定 重要文化財

金色の細い月形の前立が印象的な伊達政宗の具足。胴は鉄板に黒漆塗で五枚に分割される。草摺(くさずり)は九間六段下がり。兜は六十二間の筋兜で兜銘は「宗久」。政宗以後、歴代藩主や家臣たちもこの具足形式を踏襲したので、仙台胴とも呼ばれた。伊達家寄贈文化財。


  ページトップへ  

銀伊予札白糸威胴丸具足 銀伊予札白糸威胴丸具足
豊臣秀吉所用 伊達政宗拝領
(ぎんいよざねしろいとおどしどうまるぐそく
とよとみひでよししょよう だてまさむねはいりょう)
作者  
形質 皮製銀箔押
大きさ(cm) 胸高32.5 鉢高29.5
年代 桃山 16世紀
指定 重要文化財

天正18年(1590)、奥州仕置のため会津へ向かう秀吉を宇都宮まで出迎えた伊達政宗が秀吉から拝領した具足。胴は銀箔押の伊予札(いよざね)を白糸で威(おど)す。胴左脇の猩々緋のラシャ布、金色の軍配形の前立など、鮮やかな色彩対比が桃山時代特有の華麗さを見せる。なお、熊毛の兜につける軍配形の前立は、細い月を描いたものと蛇の目(丸印)を描いたものの二種類が付属している。伊達家寄贈文化財。


  ページトップへ  

三宝荒神形兜 三宝荒神形兜 具足共
伝上杉謙信所用
(さんぽうこうじんなりかぶと ぐそくとも
でんうえすぎけんしんしょよう)
作者  
形質 鉄製漆塗
大きさ(cm) 胸高36.4 鉢高30.5
年代 室町 16世紀
指定  

紙や草に漆を塗った張懸(はりがけ)という技法で三宝荒神といわれる3面の忿怒(ふんぬ)の相を表した兜と具足。張懸の下は頭形(ずなり)兜である。上杉謙信所用と伝え、延宝7年(1679)に旧上杉家臣で伊達家の家来となった登坂家から伊達家に献上された。

前へ ページトップへ 次へ


このページのトップへ戻る

〒980-8671 宮城県仙台市青葉区国分町3丁目7-1|代表電話 022-261-1111
市役所・区役所などの一般的な業務時間は8時30分〜17時00分です。(土日祝日および12月29日〜1月3日はお休みです)ただし、施設によって異なる場合があります。
市役所案内図組織と業務

QRコード

仙台市モバイル版ホームページ
http://www.city.sendai.jp/m/

仙台市では、平成15年11月1日からNTTドコモ、au、ソフトバンクの各社携帯電話に対応したホームページを公開しています。

※市政・ホームページに関するご意見・ご提案、お問い合わせ

Copyright©City of Sendai All Rights Reserved.