杜の都 仙台市のホームページへようこそ

現在位置
仙台市トップ >
教育委員会トップ >
博物館 >
主な収蔵品 >
服飾

1.絵画 2.浮世絵 3.武器・武具 4.服飾 5.陶磁 6.漆器 7.人形
8.歴史資料 9.地図・絵図 10.慶長遣欧使節 伊達政宗 支倉常長 収蔵資料目録

4.服飾(2)

水玉模様陣羽織 水玉模様陣羽織
(みずたまもようじんばおり)
作者  
形質 紫羅背板地
大きさ(cm) 丈91.0 裄62.5
年代 江戸前期〜中期
指定 市指定文化財
羅背板(らせいた)という薄い毛織物で作られ、紫の地に大小の赤・青・緑・黄・白の五色の円形模様を散らした陣羽織。この模様は地を円形に切り抜き、そこに色を変えた円形模様をはめこむ切嵌(きりばめ)という技法で表している。円の輪郭は紐でくくっている。背には大きく伊達家の家紋である竹雀紋(たけにすずめもん)を金糸で刺繍する。斬新なデザインと配色の美しさが際立つ陣羽織である。なお現在は水玉模様の陣羽織として知られるが、明治時代の伊達家の宝物目録には、「紫地羅背板五色乱星」の名で記されており、水玉ではなく星とされていた。また伊達政宗所用と伝えられてきたが、近年では製作年代が政宗の時代より下がるとされている。伊達家寄贈文化財。


  ページトップへ  

雪輪に梅文様帯 雪輪に梅文様帯
(ゆきわにうめもんようおび)
作者  
形質 黒綸子地
大きさ(cm) 幅13.0 長276.0
年代 江戸前期 17世紀
指定 重要文化財
仙台藩4代藩主伊達綱村の生母、三沢初子(みさわはつこ・1640〜86)の所用と伝える帯12条のうちのひとつ。絹で文様を織り出した綸子地に、大きな雪輪を紅の鹿子絞(かのこしぼり)で染めあらわし、その間には金と紅の梅を刺繍する。初子の帯は、江戸時代前期に遡る女性の帯の遺品として大変貴重であり、その中でもこの帯は最も豪華で美しいものである。伊達家寄贈文化財。

前へ ページトップへ 次へ


このページのトップへ戻る

〒980-8671 宮城県仙台市青葉区国分町3丁目7-1|代表電話 022-261-1111
市役所・区役所などの一般的な業務時間は8時30分〜17時00分です。(土日祝日および12月29日〜1月3日はお休みです)ただし、施設によって異なる場合があります。
市役所案内図組織と業務

QRコード

仙台市モバイル版ホームページ
http://www.city.sendai.jp/m/

仙台市では、平成15年11月1日からNTTドコモ、au、ソフトバンクの各社携帯電話に対応したホームページを公開しています。

※市政・ホームページに関するご意見・ご提案、お問い合わせ

Copyright©City of Sendai All Rights Reserved.