杜の都 仙台市のホームページへようこそ

現在位置
仙台市トップ >
教育委員会トップ >
博物館 >
主な収蔵品 >
支倉常長

1.絵画 2.浮世絵 3.武器・武具 4.服飾 5.陶磁 6.漆器 7.人形
8.歴史資料 9.地図・絵図 10.慶長遣欧使節 伊達政宗 支倉常長 収蔵資料目録

支倉常長

伊達政宗イメージバナー

今からおよそ400年前の江戸時代初め、仙台藩の侍が藩主伊達政宗の命令で太平洋と大西洋を渡りスペイン、ローマへ向かいました。彼の名前は支倉六右衛門常長。常長がひきいたこの使節は慶長18年(1613)に日本を出発したため「慶長遣欧使節」とよばれています。

しかし、その常長の業績は、その後歴史にうもれ、明治時代までの実におよそ250年もの間、忘れ去られていたのです。

使節はなんのためにスペイン、ローマへ行ったのでしょう?そして常長はそこでなにを見たのでしょう?

それでは、ここから支倉常長と慶長遣欧使節団の道のりをいっしょにたどってみることにしましょう。



目次
  1. 大航海時代とキリスト教
  2. 政宗と常長
  3. 慶長遣欧使節の旅
  4. スペイン国王に会う
  5. ローマ教皇に会う
  6. 失意の帰国
  7. キリスト教の弾圧
  8. 常長が持ち帰った品々のゆくえ

※ 慶長遣欧使節関連年表
※ 国宝リスト、参考図書

関連人物紹介

ルイス・ソテロ
 (1574-1624)
スペインのセビリア生まれのフランシスコ会宣教師。1603年に日本に渡り、布教活動とともに、語学の才能を活かし徳川家康・秀忠ら幕府の有力者との交渉も行う。やがて伊達政宗の知遇を得て、奥州での布教活動を許される。1613年、支倉常長とともに慶長遣欧使節の大使としてメキシコ、ヨーロッパへ赴く。1622年、禁教下の長崎に密入国したが捕らえられ、1624年に処刑。

セバスティアン・ビスカイノ
 (1551-1615)
スペインのウェルバ生まれ。1611年、スペイン領メキシコの大使として来日し、徳川家康・秀忠、伊達政宗らと接触。船が嵐で大破して帰国できなくなったため、伊達政宗が新造したサン・フアン・バウティスタ号で慶長遣欧使節とともに太平洋を横断。ビスカイノの優れた航海術が大変役立ったと言われる。

フェリペ三世
 (1578-1621)
スペイン国王(在位1598〜1621)。スペイン帝国全盛期を作り上げたフェリペ二世の息子。支倉常長ら慶長遣欧使節が謁見した。

パウロ五世
 (1552-1621)
ローマ教皇。支倉常長ら慶長遣欧使節団が謁見した。

  ページトップへ  


このページのトップへ戻る

〒980-8671 宮城県仙台市青葉区国分町3丁目7-1|代表電話 022-261-1111
市役所・区役所などの一般的な業務時間は8時30分〜17時00分です。(土日祝日および12月29日〜1月3日はお休みです)ただし、施設によって異なる場合があります。
市役所案内図組織と業務

QRコード

仙台市モバイル版ホームページ
http://www.city.sendai.jp/m/

仙台市では、平成15年11月1日からNTTドコモ、au、ソフトバンクの各社携帯電話に対応したホームページを公開しています。

※市政・ホームページに関するご意見・ご提案、お問い合わせ

Copyright©City of Sendai All Rights Reserved.