杜の都 仙台市のホームページへようこそ

現在位置
仙台市トップ >
教育委員会トップ >
博物館 >
特別展・企画展 >
特別展「国立カイロ博物館 黄金のファラオと大ピラミッド展」

展覧会案内 次回展覧会予告 特別展・企画展(年度別)


黄金のファラオと大ピラミッド展
平成28年4月22日(金)~6月26日(日) 
 ~エジプトの至宝「黄金のマスク」が仙台へ!~
   エジプトの巨大なピラミッド群は、約4500年前のエジプト古王国時代のファラオたちによって建造されたもので、その美しい姿はいつの時代も人々を魅了してきました。

 謎に包まれたピラミッドとファラオをテーマとする本展では、吉村作治氏の監修のもと、世界一のエジプト・コレクションを誇る国立カイロ博物館の至宝約100点を展示するとともに、高精細な映像も駆使してファラオや王家の女性、ピラミッド建設を支えた人々の暮らしなどを紹介します。

歴代ファラオの像や、3大黄金のマスクの一つと言われる「アメンエムオペト王の黄金のマスク」、美しい彩色がされた「アメンエムペルムウトの彩色木棺」など第一級のコレクションを展示します。

展示資料リスト(PDF)
リスト1(428KB)  リスト2
(469KB)
 リスト3
(522KB)
 リスト4
(455KB)
 《アメンエムオペト王の黄金のマスク》
第3中間期 第21王朝(前993~984年頃)
国立カイロ博物館蔵
 
  「黄金のファラオと大ピラミッド展」仙台展 公式ウェブサイトは こちら です! 
会期中の休館日: 毎週月曜日(5月2日は開館)
特別展観覧料: 一般 1,500円、高校・大学生 1,200円、小・中学生:800円
  ※10名以上の団体は、当日料金より各100円引き
  ※このほか各種割引があります。詳しくはお問い合わせください。
 
●会期中は博物館1階チケット購入窓口の混雑が予想されます。一般料金での観覧をご予定の方は下記でも一般料金のチケットを販売致しますので、事前の購入をおすすめいたします。

《博物館以外の一般用チケット販売所(4/22~)》

 ・ローソンチケット(Lコード25646)
 ・セブンチケット
 ・チケットぴあ(Pコード767-268)
 ・イープラス
 ・TBCホームページ

●割引券や各種割引をご利用の方は、博物館1階チケット購入窓口でお買い求めいただけます。混雑が予想されますので、お時間に余裕を持ってご来館ください。
 
 
  ○●主な展示資料●○

・ロイとマヤのピラミディオン 新王国時代
・カフラー王像 古王国時代
・メンカウラー王のトリアード 古王国時代
・カイとその子どもたちの像 古王国時代
・イタ王女の襟飾り 中王国時代
・クヌムト王女の襟飾り 中王国時代
・太陽の船の模型 中王国時代
・アメンエムペルムウトの彩色木棺とミイラ・カバー
・アメンエムオペト王の黄金のマスク 第3中間期 

※上記資料を含む展示資料約100点。
※すべて国立カイロ博物館所蔵
 《メンカウラー王のトリアード》
古王国時代 第4王朝(前2532~2503年頃)
国立カイロ博物館蔵
 
   
○● 関連イベント ●○ 
■記念講演会
 事前申込制・聴講無料  会場:仙台市博物館ホール/定員:200名
 
「古代エジプトのファラオと巨大ピラミッドの謎」(募集終了)
◇講師
 吉村作治 氏 (東日本国際大学学長・早稲田大学名誉教授・工学博士)
◇日時

 4月22日(金) (1)13:30~14:30
 4月23日(土) (2)11:00~12:00、(3)14:00~15:00
 ※各回とも、講演会終了後に図録購入者を対象にサイン会を行います。
 
「国立カイロ博物館の至宝~展覧会の見どころ」
◇講師
 
河合 望 氏 (金沢大学国際文化資源学研究センター客員准教授・早稲田大学高等研究所招聘研究員)
◇日時

 5月21日(土) (4)13:30~15:00
 
<申込方法>
(1)~(4)の各回ごとに、1名様につき1枚の往復はがきにて、参加ご希望の日と講演時間・講演タイトル・住所・氏名・電話番号をご記入のうえ、下記までお申し込みください。 

【申込先】
 〒980-0862
  仙台市青葉区川内26 仙台市博物館「大ピラミッド展」係

※応募締切:(1)~(3)は3月30日(水)、(4)は5月6日(金)の消印有効
※応募多数の場合は抽選となります。
 
 
  《イタ王女の襟飾り》
中王国時代 第12王朝(前1911~1877年頃)
国立カイロ博物館蔵
 
■展示解説
 申込不要(直接会場まで)・聴講無料
◇講師
 仙台市博物館学芸員
◇日時
 ・ 5月11日(水) 13:30~14:00
 ・ 5月25日(水) 13:30~14:00 
 ・ 6月 8日(水) 13:30~14:00 
 
 《ロイとマヤのピラミディオン》
新王国時代 第18王朝末(前1336~1295年頃)
国立カイロ博物館蔵
 
■主催  「黄金のファラオと大ピラミッド展」仙台展実行委員会(仙台市博物館、TBC東北放送、河北新報社)
■後援 外務省、駐日エジプト大使館、宮城県、宮城県教育委員会、毎日新聞仙台支局、朝日新聞仙台総局、読売新聞東北総局、産経新聞社東北総局、日本経済新聞社仙台支局、仙台リビング新聞社、NHK仙台放送局、仙台放送、ミヤギテレビ、KHB東日本放送、エフエム仙台、ラジオ3FM76.2、IBC岩手放送、テレビユー山形、テレビユー福島 
■協力 国立カイロ博物館、エジプト・アラブ共和国考古省、学校法人昌平黌 東日本国際大学、NPO法人太陽の船復原研究所、日本エジプト学会、早稲田大学エジプト学研究所広報部、独立行政法人国際協力機構(JICA)、カタール航空、ルフトハンザ カーゴ AG、日本通運
■監修 吉村作治(東日本国際大学学長・早稲田大学名誉教授・工学博士) 
■企画制作 TBSテレビ 
■企画協力 アケト 
■協賛  三井ホーム




このページのトップへ戻る

〒980-8671 宮城県仙台市青葉区国分町3丁目7-1|代表電話 022-261-1111
市役所・区役所などの一般的な業務時間は8時30分~17時00分です。(土日祝日および12月29日~1月3日はお休みです)ただし、施設によって異なる場合があります。
市役所案内図組織と業務

QRコード

仙台市モバイル版ホームページ
http://www.city.sendai.jp/m/

仙台市では、平成15年11月1日からNTTドコモ、au、ソフトバンクの各社携帯電話に対応したホームページを公開しています。

※市政・ホームページに関するご意見・ご提案、お問い合わせ

Copyright©City of Sendai All Rights Reserved.