現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > よくある質問 > 消防 > 救急 > 一般市民がAEDを使えるようになったと聞いたのですが、AEDとは何ですか?どんなときに使うのですか?

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

一般市民がAEDを使えるようになったと聞いたのですが、AEDとは何ですか?どんなときに使うのですか?

質問

一般市民がAEDを使えるようになったと聞いたのですが、AEDとは何ですか?
どんなときに使うのですか?

回答

AED(自動体外式除細動器)とは、心室細動(心臓がけいれんしている状態)とよばれる致死的不整脈の心臓に電気ショックをかけ、正常な心拍に戻す医療機器で、市や県の主要施設やスポーツクラブなどの民間施設への設置が進められています。
AEDの使用にあたり特に資格の必要はありませんが、より安全・適切な使用方法について学べる応急手当講習会を受講することが重要になります(仙台市でも市民の方がAEDを使用した奏功事例が報告されています)。

お問い合わせ

消防局救急課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-0214