更新日:2016年10月26日

ここから本文です。

(仮称)南吉成学校給食センター整備事業の事業者選定結果の公表について

民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(平成11年法律第117号)第8条第1項の規定に基づき、(仮称)仙台市南吉成学校給食センター整備事業を実施する民間事業者を選定しましたので、同法第11条の規定により、客観的評価の結果をここに公表します。

1.事業名称及び場所

  • (1)事業名称
    (仮称)仙台市南吉成学校給食センター整備事業
  • (2)事業の場所
    仙台市青葉区南吉成六丁目4番1及び4番8

2.事業概要

  • (1)事業期間
    事業契約締結日から平成43年3月31日まで
  • (2)事業契約
    (仮称)仙台市南吉成学校給食センターの設計、建設、維持管理及び運営等
  • (3)事業方式
    BOT方式(事業期間終了後、事業者が施設を仙台市に無償で譲渡)

3.事業者選定の経過

選定経過一覧

平成26年1月8日

実施方針の公表

2月28日

特定事業の選定・公表

4月17日

入札公告

7月10日

入札

9月9日

優秀提案の選定

9月22日

落札者の決定

4.審査方法等

事業者の募集及び選定は、価格及び提案内容を総合的に評価し落札者を決定する総合評価一般競争入札により行い、審査は、落札者決定基準に従い、入札参加資格審査及び入札書類審査を実施しました。

入札参加資格審査においては、入札参加者の参加資格についての審査を行い、入札書類審査においては、特に本事業を安全に運営し得る能力に関する審査(以下「入札書類第一次審査」という。)を行うとともに、入札価格及び本事業の各業務に関する提案内容の審査(以下これらを「入札書類第二次審査」という。)を行いました。

入札書類第二次審査における入札価格及び提案内容は、(仮称)南吉成学校給食センター整備事業PFI事業者選定委員会(以下「事業者選定委員会」という。)が総合的に評価し、最も優れた提案を優秀提案として選定した後、本市が、事業者選定委員会の選定結果(PDF:457KB)を踏まえ、落札者を決定しました。

5.事業者の選定

市は、事業者選定委員会の選定結果を踏まえ、以下のグループを落札者として決定しました。事業者の選定方法及び選定結果の詳細は、上記の選定結果を参照してください。

落札者について

 

「東洋食品」グループ

代表企業

株式会社東洋食品

構成員

株式会社楠山設計
鹿島建設株式会社 東北支店
株式会社阿部和工務店
タニコー株式会社
株式会社中西製作所 東北支店
鹿島建物総合管理株式会社
同和興業株式会社
三菱UFJリース株式会社

6.財政支出の削減効果

上記事業者の入札価格に基づき、本事業をPFI事業で実施する場合の市の財政支出について、市が従来どおりの手法で実施する場合の財政支出と比較したところ、以下に示すとおり、現在価値換算で16.2%削減されることになりました。

財政支出の削減効果について

項目

事業費(現在価値換算)

(1)従来手法による市の財政支出(PSC)

11,935百万円

(2)PFI手法による市の財政支出(PFI-LCC)

10,000百万円

(3)PFI手法導入による財政支出の削減効果額:(1)-(2)

1,935百万円

(4)削減効果率(VFM):(3)/(1)×100

16.2%

  • ※1:上記の(1)のPSCは、本事業の特定事業選定時に算出した額
  • ※2:上記(2)のPFI-LCCは、選定事業者の提案により市が支出するサービス対価(当該事業者の入札額)から、本事業に係る市の税収入等を控除し、これに市が直接支出する関連経費を加えた総額
  • ※3:複数年にわたる事業の経済的価値を測定するために、表中の金額は全て、将来の支出や収入を長期利回りやインフレ率等の動向を勘案した率で割り戻して、現在の貨幣価値に換算(=「現在価値換算」)した額を使用

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

教育局健康教育課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎11階

電話番号:022-214-8419

ファクス:022-268-2935