更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

第4章 区別計画(青葉区)

青葉区

(1) 区の将来ビジョン

[1] 区の特性と動向

  • 青葉区は、都心から船形連峰の山形県境まで、北西方向に帯状に広がる本市最大の区(面積約301平方キロメートル)です。商業・業務・行政などの東北を支える多様な都市機能が集積する「都心地域」、それを取り囲むように広がる「都心周辺地域」、住宅団地等が続く「丘陵住宅地域」、JR愛子駅・宮城総合支所周辺などを中心に商業・業務機能等の整備が進む「愛子および周辺地域」、雄大な自然に恵まれた「西部山岳丘陵地域」からなる、さまざまな魅力にあふれた区域です。
  • 青葉山や広瀬川などの豊かで多様な自然、伊達政宗公による仙台開府以来の数々の歴史的資源や伝統文化、賑わいと憩いをもたらす公園・通りなどがあり、これらが格調の高い都市空間、風格のある景観等を生み出しています。いずれも青葉区にとどまらない市民共有の財産であり、仙台の個性・魅力を高める重要な要素となっています。

(概況)

  • 交通の要衝・仙台駅を中心として、バス路線が放射状に広がり、また、骨格的な交通機関として、地下鉄南北線、JR仙山線などに加えて、平成27年度には地下鉄東西線が開業する予定となっています。
  • 学都・仙台の歴史・伝統を受け継ぎ、区内には、数多くの大学等の教育機関と共に、せんだいメディアテーク、博物館、科学館、天文台、文学館、青年文化センターなどの教育・文化の創造・発信施設が立地しており、特に、青葉山地区は本市の代表的な学術文化・教育地域でもあります。
  • 都心の周辺や住宅団地の地域においては、市街地・住宅地の拡大に伴って整備されてきた道路・公園などの生活基盤の経年化が顕著となってきています。
  • 中心部やその周辺地域には、藩政時代からの歴史を伝える史跡や、杜の都を象徴する公園・通りなどがあり、西部には、雄大な自然に囲まれた作並温泉や定義如来など、魅力ある多数の観光資源があります。また、仙台七夕まつりやSENDAI光のページェントなど、まちを舞台とした四季折々のイベントやまつりが開催されるなど、青葉区は賑わい・交流の拠点的な区域であります。
  • 区内の産業においては、特に卸売・小売業、サービス業、飲食店・宿泊業の割合が高く、事業所数・従業員数や年間商業販売額などからみても、仙台の商業の中心地となっています。近年、市中心部への買い物客が減少しており、新たなまちの魅力や賑わいの創出を図っていくことが求められています。

(人口)

  • 人口291千人、144千世帯であり、区制施行以来、人口・世帯数ともに増え続けており、特に近年は都心地域や愛子および周辺地域において増加傾向にあります。また、昼間人口比率は他の区と比較して高く、昼間人口は夜間人口の約1.5倍となっています。
  • 市全体と同様に、青葉区においても、少子高齢化に伴い高齢者の数や人口に対するその割合が増加しており、特に、丘陵住宅地域や西部山岳丘陵地域において、その傾向が見られます。また、高齢者の独居世帯や高齢者のみの世帯が増えてきており、今後、団塊の世代も加わって、高齢化が加速することが確実であることから、こうした状況を踏まえたまちづくりが不可欠となっています。
  • 少子化が進む中にあっては、特に、子どもたちが元気に育ち未来を担う社会人に成長していくことが大切であり、そのための環境を整えていくことが重要です。
  • 区内には大学や専門学校などが多数立地していることもあり、年齢別人口をみると、20代、30代の人口が他の年齢層よりも多く、青葉区は若者の多いまちといえます。この特性を生かしたまちづくりを考えていくことが求められます。

(地域づくり)

  • 青葉区は、多くの人が住み、また、観光や仕事で訪れる人も多く、交流や経済活動の盛んな地域でもあることから、住民の生活やさまざまな交流・活動の安全・安心を確保していくことが求められます。
  • 価値観の多様化、少子高齢化の進展、学生や転勤者などの単身世帯が増加する中で、地域にかかわる課題も多様化・複雑化し、市民一人ひとりの取り組みだけでは解決が難しい問題が増えてきています。住民の暮らしの安心を確かなものとするためには、地域で共に暮らす人々が、地域のことを自ら考え、協働して地域づくりに取り組むことが求められます。

[2] 区の将来ビジョン

青葉区は、都心から山岳地域まで多様な地域を有し、その個性をさらに高めるとともに、地域固有の諸課題に対応していくことが求められています。また、杜の都を象徴する豊かな自然、仙台開府以来の数々の歴史的資源や伝統文化、風格ある都市空間・景観などを生かし、仙台のまちの魅力・活力を高めていく必要があります。

こうした青葉区における特性と動向を踏まえ、区の将来ビジョンとして4つのめざすまちの姿を掲げ、その実現に向けて取り組んでいきます。

  • 「交流と活力にあふれ未来に歩み続けるまち」
    仙台を支える多様な都市機能を持ち、賑わいと交流にあふれ、進化し続けるまち
  • 「みんなで支え合い共に元気に暮らせるまち」
    誰もが尊重し合い支え合いながら、健康で明るく暮らすことができるまち
  • 「地域がひとつになって安全・安心を築いていくまち」
    災害に強く、犯罪や事故のない安全・安心な暮らしのまちづくりにみんなで取り組んでいくまち
  • 「杜の都の誇りを次代につなぎ高めていくまち」
    豊かな自然、歴史的資産や文化、魅力ある都市景観を次代に継承し価値を高めていくまち

[3] 市民協働のまちづくり

めざすまちの実現のため、市民、地域団体、企業、大学、行政など、さまざまな区内の力を結集し、それを青葉区の“まちづくりの推進力”として、市民参画を通じた連携・協力により取り組んでいくものとします。杜の都・仙台の風土・文化などを育み活用しながら、区の特性を踏まえ、特に、地域・高齢者・若者の力を十分に生かしたまちづくりを進めていきます。

(2) 区の主な施策の基本方向

青葉区の「将来ビジョン」実現のために取り組む主な施策の基本方向は次のとおりとします。

「交流と活力にあふれ未来に歩み続けるまち」をめざして

(都市機能等の充実・強化)

  • 東北・仙台都市圏の交流・活力の拠点にふさわしい、商業・業務機能、観光コンベンション機能、文化芸術の創造・発信機能などの多様な都市機能のさらなる集積・強化を推進し、交通利便の向上と相まって都市活力を生み出すことができるよう、都心を中心とした各種の都市基盤の充実強化を図ります。
  • 仙台駅周辺について、地下鉄東西線の整備に合わせて、交通機関の乗り換えの利便性の向上を図るなど、東北の玄関口にふさわしい交通結節機能の強化を進めます。
  • 青葉山地区においては、杜の都のシンボルとなる青葉山公園の整備等を進めるとともに、大学等の知的資源を生かし、国際的な学術文化交流機能を充実していきます。
  • 住宅団地等の形成に伴って整備してきた道路・公園などの生活基盤の経年化に対して、地域の実情に応じた適正な機能の維持・改善に努めるなど、安全で快適な住環境の維持・保全を図ります。
    (まちの賑わい・魅力の拡充)
  • 中心部商店街においては、情報発信や観光・各種イベントとの連携などによって集客力を高め、中心市街地の活性化、賑わいの創出を図ります。
  • 多様で豊かな自然、歴史的・文化的資源などを生かした新たなまちの魅力向上に努め、観光資源と自然体験を結びつけた観光レクリエーションの振興などを図ります。

「みんなで支え合い共に元気に暮らせるまち」をめざして

(誰もがいきいきと暮らせるまちの実現)

  • 高齢者から子どもまで心身ともに健康な生活を送れるよう、健康相談・各種講座などの健康づくりを推進するとともに、地域における見守り活動を支援するなど、地域保健福祉の充実を図り、みんなが元気に暮らせるまちづくりを進めます。
  • 障害者が地域で自立し安心して暮らせる環境づくりに向け、支援体制の充実や公共施設のバリアフリーを進めるなど、誰もが快適に生活や活動ができるまちづくりを進めます。
    (子どもたちが元気に育つ環境づくりの推進)
  • 保育サービスの拡充や子育て相談機能の充実など、子育て家庭への支援を強化するとともに、放課後子どもプランの推進、児童館や学校教育施設の環境整備など、地域の特性を踏まえながら、子どもたちが元気に育つ環境づくりを進めます。

「地域がひとつになって安全・安心を築いていくまち」をめざして

(災害に強い、安全・安心のまちづくりの推進)

  • 公共施設・ライフラインの耐震性向上や民間住宅の耐震化促進を図るとともに、共助のための災害対応計画づくりなど地域における防災対応力を高めるなど、災害に強いまちづくりを推進します。
  • 自転車の安全走行の徹底や飲酒運転の根絶などに向けた交通安全の啓発活動に取り組むとともに、地域や関係機関等の連携により、犯罪の発生を防ぐための各種啓発活動等を促進するなど、安全なまちづくりを進めます。

「杜の都の誇りを次代につなぎ高めていくまち」をめざして

(自然環境・歴史文化・景観等の保全・継承)

  • 都心やその周辺の貴重な緑、西部の広大で豊かな山岳丘陵地、市民に恵み・憩いをもたらす広瀬川など、かけがえのない多様で雄大な自然環境を保全し、未来に継承していきます。
  • 400年以上にわたる歴史を誇り、仙台独自のまちの魅力を高める歴史的資源、市民の暮らしや地域の行事などに根づいている文化を、地域の個性、さらには市民全体の資産として大切にし、次世代に継承していきます。
  • 青葉山などの貴重で豊かな自然や藩政時代からの歴史的資源に、融合・調和した魅力的な都市空間、風格のある景観の維持・形成を図ります。

≪まちづくりの推進力≫

杜の都・仙台として、市民、地域やまちなどに広く受け継がれてきた風土や文化などを育み生かしながら、市民協働により、青葉区の特性を踏まえたまちづくりを進めていきます。

(地域の特性に応じたまちづくりの推進)

  • 個々人では解決できない課題が各地域において多様化・複雑化する中で、地域と行政などがそれぞれの地域の特性や固有の課題を把握・共有し合いながら、地域の課題解決に向けた地域づくりを推進します。
  • 地域における交流の場づくりを進め、マンション等の集合住宅も含めた良好な地域コミュニティづくりを促進するとともに、各種の地域団体が連携・参画した地域のまちづくりを推進するための組織形成を図ります。
  • 地域の人的・物的資源を活用した自主的なまちづくり活動を促進するとともに、地域団体などの連携・協力により、特色ある区のまちづくり事業を推進していきます。
    (高齢者の知識や経験を生かしたまちづくりの推進)
  • さまざまな活動の貴重な担い手として期待される高齢者の知識や経験をまちづくりに生かし、次世代に継承します。
    (若者の力を生かしたまちづくりの推進)
  • 学生を中心とした若者の発想・行動力を生かした取り組みを通して、地域の活性化や多面的なまちの魅力を生み出すまちづくりを推進します。

(3) 圏域ごとの主な施策の基本方向

[1] 都心地域

(特性と動向)

  • 市中心部に位置し、商業・業務、行政機能、交通結節機能などが集積する地域です。青葉通・定禅寺通のケヤキ並木、交流・憩いの場である勾当台公園や西公園等があり、また、仙台開府以来の歴史的資源が数多く残っています。これらは、仙台のまちの魅力として重要な資源です。
  • 中心部商店街があり、仙台・青葉まつりや定禅寺ストリートジャズフェスティバルなどのまちを舞台にした多彩なまつり・イベントも開催されるなど、人々が集う賑わい・交流の拠点地区であり、主要な観光エリアです。本市の交流人口の拡大を促すためにも、この地域の魅力や賑わいのさらなる持続・発展を図っていく必要があります。
  • 人口が増加していること、また、年齢別人口区分で20代から40代までの人口が他の年齢区分よりも多いことが特徴です。単身世帯の増加が進むことが予想され、住民の暮らしの安心を確かなものとするためには、地域コミュニティづくりを推進していくことが重要です。
  • 繁華街・オフィス街等が多く交流活動や経済活動も盛んであり、犯罪発生の防止を図るなど、快適な賑わい・交流機能を維持していくことが求められます。

(主な施策の基本方向)

  • 仙台の顔である青葉通・定禅寺通や仙台駅前西口ペデストリアンデッキ、交流の場である勾当台公園・西公園などの公共施設について、適切な維持・管理を進めるとともに、さらなる魅力向上を図ります。
  • 仙台駅を中心とする都心部等の緑化を重点的に推進するとともに、ケヤキ並木を再生するなど、杜の都のシンボルロードとして青葉通の再整備を進めます。
  • 公共交通網の結節点である仙台駅周辺について、東西自由通路や仙台駅西口駅前広場の再整備など、交通結節機能の強化を図ります。
  • 観光や各種イベントとの連携、さらには市街地の再開発などによって、中心部商店街の集客力を高め、中心市街地の活性化を図ります。
  • 都心やその周辺などの自然、歴史的・文化的資源や観光スポット等を結ぶ地域の個性づくりを図るとともに、広瀬川を囲む西公園等について、歴史・文化をつなぐ緑の拠点として一体的なエリア形成を進めるなど、さらなるまちの魅力の向上を図ります。
  • 歩きたばこ、落書きや違法駐車などの迷惑行為の減少を図るとともに、犯罪発生を防ぐための啓発活動や関係機関・団体と連携した防犯活動を促進するなど、犯罪の起きにくい環境づくりを進めます。
  • 単身や若い世帯の割合の高い地区などにおいて、良好な地域コミュニティづくりの促進に努めるなど、地域の特性に応じたまちづくりを進めます。

[2] 都心周辺地域

(特性と動向)

  • 都心地域を取り囲むように広がる地域です。藩政時代から続く大崎八幡宮、東照宮、北山五山などの神社仏閣があり、どんと祭などの伝統が受け継がれています。人口減少や少子高齢化が進む中で、地域の活力を維持していくためには、地域の資源を活用して、地元の商店街も含めた地域づくりを進めることが求められています。
  • 市街地の形成に伴って整備してきた道路・公園などについては、経年化への対応が必要です。また、住宅が密集している地区が多く、防災対策をはじめ、高齢化が進む中で生活の安心を確保するための取り組みが求められます。
  • 歴史的資源と貴重な自然が残る青葉山一帯は、杜の都を代表する地域で、博物館、国際センター、大学などが立地している学術文化・教育地域でもあります。大学のキャンパス移転、地下鉄東西線の開業などを契機として、学術文化交流機能の充実が求められています。

(主な施策の基本方向)

  • 都心も含め、自然、歴史的・文化的資源や観光スポットなどを結びまちの魅力を高めるとともに、地域商店街においては、人材育成や地域との連携を支援し、地域の活性化を図ります。
  • 地域の生活基盤については、地域の実情に応じた適正な機能の維持・改善に努めるなど、安全で快適な住環境の維持・保全を図ります。
  • 地域における交流機能の拡充、さまざまな市民団体の支援・育成を行うなど、地域の実情に応じ、互いに支え合う、より緊密な地域コミュニティづくりの推進を図ります。
  • 青葉山地区においては、貴重な自然や仙台城跡などの歴史的資源を保全・活用し、杜の都のシンボルとなる青葉山公園の整備を進めるとともに、国際センター周辺のミュージアム機能・コンベンション機能の強化を図るなど、大学等の知的資源を生かし、地下鉄東西線の開業による利便性の向上などと合わせて、国際的な学術文化交流機能を充実していきます。

[3] 丘陵住宅地域

(特性と動向)

  • 高度経済成長期の人口増加に伴って、北部から西部にかけての丘陵地帯が次々と住宅団地として開発され、街が形成された地域です。開発からかなりの年月が経過し、地域における道路や公園などの経年化が進んでいます。
  • 地理的に鉄道から離れており、バスが運行されてはいるものの、バス路線の空白地域や不便な地区も点在しており、高齢世帯の増加に伴って、日常生活上の移動に必要な交通手段の確保が大きな課題となっていくことが予想されます。
  • さらに高齢化が進行すると予想されることから、住民が安心して暮らすことのできる地域コミュニティの形成が求められます。

(主な施策の基本方向)

  • 道路・公園などの地域の生活基盤については、地域の実情に応じた適正な機能の維持・改善に努めるなど、安全で快適な住環境の維持・保全を図ります。
  • 鉄道駅へのバスの結節を進め、鉄道の利用範囲の拡大を図るとともに、その利用がしにくい地域等においては、幹線道路を利用した定時性・速達性に優れたバス路線の導入を進めるなど、公共交通の利便性の向上を図ります。
  • 防災・防犯等の安全・安心の確保や、高齢者への在宅支援等の地域福祉を進めるなど、地域の状況に応じた、共に支え合う地域づくりの推進を図ります。

[4] 愛子および周辺地域

(特性と動向)

  • JR仙山線に加えて、国道48号仙台西道路等の整備によって交通の利便性が向上し、JR愛子駅・宮城総合支所周辺などを中心に商業・業務機能等の整備や人口の増加が進んでいる地域です。今後とも、暮らしやすい環境が維持されていくことが重要であり、人口の増加などへの対応が必要になっていくことが予想されます。
  • 近年、人口が急増し、特に15歳未満の年少人口と30歳代の増加が顕著であり、若い家族が住宅を購入して移り住む傾向にあります。急激な人口の増加を踏まえたコミュニティづくりや、新たに住民となった若い世代が安心して楽しく子育てができる環境の整備が求められています。

(主な施策の基本方向)

  • 交通の利便性に優れ都心に近い地域であるという利点を生かし、周囲の自然や景観などとの調和のとれた良好な住環境を有する地域としてまちづくりを進めます。
  • 児童館といった地域における子どもの活動拠点や学校教育施設の環境整備など、各種の基盤の適切な維持・管理や整備を図ります。
  • 新旧住民間も含めた地域の交流の場づくりなど、良好な地域コミュニティの形成を促進します。また、親子の交流の場の提供、子育て相談機能の充実、さらには子どもに対する交通安全対策の推進など、子育て環境づくりの推進を図ります。

[5] 西部山岳丘陵地域

(特性と動向)

  • 船形連峰等の雄大で多様性に富んだ自然と共に、定義如来などの歴史的資源、作並温泉・奥新川などの観光資源に恵まれた地域です。これらの資源は、仙台にとって貴重なものであることから、地域の魅力向上や産業振興を図る観点から、これらを生かしたまちづくりや観光交流の場の振興などを図っていく必要があります。
  • 水田農業や酪農なども行われていますが、クマ、イノシシ等による農作物被害や生活被害が発生しており、対策が求められています。
  • 人口の減少が続き、区内の5つの地域の中で最も高齢化率が高くなっています。高齢世帯が増加する中で暮らしの安心を維持していくためには、さまざまな課題に取り組む地域のコミュニティづくりが求められます。

(主な施策の基本方向)

  • 森林や河川などを適切に保全し、雄大で豊かな自然を継承していくとともに、この自然に融合・調和した景観の維持・形成を図ります。また、作並温泉や定義如来、奥新川ラインなどの観光資源と自然体験を結びつけた観光レクリエーションの振興や農林業・商工業との連携の促進、地域資源の発掘やその効果的な活用に努めるなど、観光交流の拡充を図ります。
  • 野生鳥獣による農作物等被害の防止対策を進めるとともに、多面的機能を持った農地の保全・利活用を図っていきます。
  • 高齢世帯の増加の中で、交通の利便性の維持、防災・防犯などの安全・安心の確保や、高齢者の在宅支援等への対応など、地域の課題解決に向けた取り組みを推進します。

(4) 区の地域区分図

区の地域区分図(青葉区)

お問い合わせ

まちづくり政策局政策企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1245

ファクス:022-214-8037