更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

第4章 区別計画(宮城野区)

宮城野区

(1) 区の将来ビジョン

[1] 区の特性と動向

  • いにしえより歌枕として詩歌に詠まれた「宮城野」を区名とする宮城野区は、本市の北東部に位置し、新しい都心として整備の進む仙台駅東地区から特定重要港湾である仙台塩釜港にかけて広がる区域です。
  • 東は、太平洋に面し、蒲生干潟、長い海岸線を利用した海岸公園、歴史的資源である貞山運河など、多くの海の恵みがあります。また、七北田川、梅田川等の河川、与兵衛沼等の池沼など豊かな水資源があります。
  • 約62平方キロメートルのコンパクトなエリアの中に、それぞれの地域が固有の歴史を持ちつつ、さまざまな表情を併せ持っており、仙台駅の東側で本市の都心機能の一部を担う「都心および周辺地域」、比較的早い時期に開発され成熟した住宅地が広がる「丘陵住宅地域」、県民の森などの自然環境や豊かな田園、さらに新しい住宅地も形成されつつある「北部住宅・田園地域」、仙台塩釜港を中心に物流と産業の拠点になる一方、豊かな田園地域や住宅地域も併せ持つ「東部住宅・産業・田園地域」から構成されています。

(概況)

  • JR東北本線、JR仙石線が区内を横断しており、それに並行して国道45号、県道仙台松島線などの主要幹線道路が通っています。
  • 鉄道沿線を中心に、数多くの地区で土地区画整理事業による基盤整備が行われてきており、特に仙台駅東地区や仙台港背後地などでは、本市の都心や拠点となる地区を形成する新たなまちづくりを進めています。
  • 扇町・日の出町地区や仙台港背後地など、市内の工業系用途地域面積の約6割が宮城野区にあります。
  • 特定重要港湾である仙台塩釜港は、貨物取扱量が年々増加しており、また同港の周辺地区は基盤整備や流通業務系の産業の集積が進み、都市圏北部の大規模製造業の立地などに伴い、さらなる発展が見込まれています。
  • 区内に東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地球場が立地し、多くのファンが来場することにより、新たな賑わいの核の一つとなっています。
  • 宮城野区の地勢的状況や都市化の進展により、降雨時に内水被害が起きている地区があります。

(人口)

  • 人口は190千人、世帯数は86千世帯です。鉄道駅付近で土地区画整理事業による市街地整備が進んだ影響などにより、人口はこの10年間で1万人以上増加しており、市内で最も高い人口増加率となっています。
  • 年齢別人口割合を見ると、生産年齢人口(15歳以上64歳まで)の占める割合は市内で最も高くなっています。
  • 高齢化率は市内で最も低くなっており、将来的にもこの傾向が続くことが見込まれます。
  • 地域ごとに見ると、鶴ケ谷地区など高齢者の割合が非常に高い地区がある一方、新田東地区、岩切地区など、若年層の人口が急増している地区があります。

(地域づくり)

  • 地域ごとに、その培われた歴史と文化、土地利用の状況、人口の推移の状況や年齢構成に大きな違いがあり、その特性に応じてさまざまな地域活動が行われています。
  • 町内会は、区内に13の連合町内会に組織され、それぞれの個性を持ちながら、活発な活動が行われています。
  • 町内会活動と連携して、防犯協会や自主防災組織などの、安全・安心の活動が行われています。
  • 地区社会福祉協議会は、区内を13の地域に分け、地域づくりを目標に活動しています。
  • 区内の団体の多くが、みやぎの区民協議会として組織され、区民協働事業のネットワークを形成しています。
  • 区内の市民センター9館における各種の生涯学習活動や、小学校21校で開催される地域の人々の学びの場である社会学級など、多様な学びの活動が展開されています。
  • 地域保健福祉活動として、住民力を生かした多くの介護予防・健康づくり自主グループ活動や子育てサークル活動が行われています。
  • 公園や河川、道路の環境美化活動が地域活動として行われています。

[2] 区の将来ビジョン

海山の自然に恵まれた仙台平野は、郡山、多賀城と古代以来陸奥国の国府が置かれるなど、東北の政治・文化の中心でした。いにしえより歌枕として詩歌に詠まれた「宮城野」を区名とする宮城野区は、それぞれが、存在を理解し、認め合い、支え合いつつ未来をめざし、この恵まれた自然や培われた歴史と文化をしっかりと受け止め、次世代に継承するため、次の4つをめざすべき姿とします。

  • 自然の恵みと調和しつつ、安全・安心の宮城野の里
  • 広く交流し、活力あふれる宮城野の里
  • 人々が支え合い、共生する宮城野の里
  • 生涯を通じて学び、次世代を育む宮城野の里

[3]市民協働のまちづくり

市民の暮らしの基盤は地域であり、地域住民自らが主体的に地域づくりを進めています。区役所は地域に最も身近な行政機関として、地域の状況や、地域資源などを十分把握し、そこに暮らす人々の思いを重ねていきます。
その上で、めざすべき4つの姿の真の主人公である市民と行政が協働して、次に掲げる基本方向に基づいた取り組みを展開しながら、区の将来ビジョンの実現を図っていきます。

(2) 区の主な施策の基本方向

「自然の恵みと調和しつつ、安全・安心の宮城野の里」をめざして

  • 近い将来に発生が確実視される宮城県沖地震や津波、大雨などによる被害を最小限にとどめるため、地域防災力の向上、民間住宅等の耐震対策の支援など、災害に強いまちづくりの促進を図ります。
  • 区の地勢的状況や都市化に伴う内水被害への対策として、雨水排水対策を推進します。
  • 都市計画道路など、区内の主要幹線道路の整備を推進します。また、幹線的な道路の拡幅や歩道設置、事故多発の交差点・踏切などの改善を実施し、地域内交通の円滑化を図っていきます。
  • 老朽化がみられる公園や植栽の適正な管理など、安全確保と防犯対策の向上を図ります。
  • 岩切大橋や高砂大橋などの地域の主要橋りょうの補修工事の実施や、区内全域の街路灯の照度アップを図り、安全で安心な通行を確保していきます。
  • 七北田川や蒲生干潟等の海岸線、貞山運河などを結び、相乗的に豊かな水辺環境の創出を図り、その魅力を発信していきます。
  • 地域で活動する企業・団体、さらに市民活動の力を得て区の独自事業として取り組んでいる「おらほの公園草刈隊」のさらなる広がりに向けて、積極的な支援策を展開します。

「広く交流し、活力あふれる宮城野の里」をめざして

  • 仙台の新しい顔である仙台駅東口から東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地球場に至る宮城野通周辺での活力ある賑わい創出のため、道路・公園等の公共空間を活用したイベントなどの開催を支援していくとともに、宮城野通に面する企業・団体・町内会などと連携し、快適な空間を創出していきます。
  • 鉄道の各駅前広場と路線バスとの結節機能を高め、日常生活における交通の利便性の向上を図ります。
  • 都市圏北部の大規模製造業の立地などに伴う仙台塩釜港および周辺地区の物流・交流機能の強化に向けた取り組みを進めます。また、仙台塩釜港一帯を市民が集う憩いの場とするため、魅力ある公園の整備を進めます。
  • 地域が持つ魅力を掘り起こし、人が集まる活力に満ちたまちづくりを進めます。
  • 図書館、区中央市民センター、児童館などを併設した複合施設宮城野区文化センターを開設し、さまざまな交流を促進します。
  • 市民力のさらなる発展を支援するため、みやぎの区民協議会と連携し、区に縁のある個人や活動団体のネットワーク形成の機会を提供します。
  • 農に関する情報提供や交流機会の創出、食育の推進など、市民の相互理解やパートナーシップの形成により、都市部と農村部の「ひと」と「もの」が交流する仕組みを構築します。

「人々が支え合い、共生する宮城野の里」をめざして

  • 育児サークル、保育所、児童館、市民センター、民生児童委員等の地域の子育て支援関係者との協働により、子どもと子育て家庭を応援する地域コミュニティづくりを進めます。
  • 乳幼児、児童、青少年などの健全育成の観点から、地域団体や関係機関と連携して、孤立する子育て家庭への予防対応を含む要保護児童対策を推進します。
  • 介護予防・健康づくりを自主サークル活動などの住民主体の取り組みとすることにより、希薄になりつつある人々のかかわりの機会を確保し、人々が支え合う地域づくりを進めます。
  • 認知症やうつといった高齢社会における課題への対応を通して、人々が支え合う地域づくりを進め、高齢者が住み慣れた地域で生活を維持できるようにします。
  • 地域住民、関係機関と協働して防犯活動を進めます。
  • 女性や高齢者、障害者などの状況を視野に取り込みながら、地域住民や関係機関と協働で、地震、津波などの減災への取り組みを進めます。
  • マンション等の集合住宅における町内会の形成促進をはじめ、地域活動の中心となる町内会の支援を行うなど、地域コミュニティ活動の活性化を図ります。

「生涯を通じて学び、次世代を育む宮城野の里」をめざして

  • 自らが暮らす地元の歴史や文化を学ぶ地元学発祥の区として、世代間交流を図りながら、地域文化を継承するなどの地元学の新たな展開を、小中学校などと連携し、推進します。
  • 地域課題について市民センターと共有を図りながら、市民センターの生涯学習機能と区役所の地域支援機能を融合し、地域づくり活動を推進します。
  • 区内に数多く存在する史跡や埋蔵文化財包蔵地について適切な維持管理を行い、本市の重要な歴史的地域資源の良好な保存に努めます。
  • 教育における「生きる力」の育成には、幅広い体験活動などが必要とされる中、地域と学校との相互連携を支援していきます。
  • 少子化、核家族化、地域のつながりの希薄化などの中で、初めて子育てを経験する親とその子どもの育ちのため、孤立化を防ぐためのコミュニケーション能力の育成に取り組みます。
  • 宮城野区のさまざまな資源を活用しながら、市民活動・地域活動を支えている市民力の育成と向上支援を継続的に行います。

(3) 圏域ごとの主な施策の基本方向

[1] 都心および周辺地域

(特性と動向)

  • JR仙石線地下化事業の完了や土地区画整理事業の進展に伴い仙台駅東地区に新しい都市空間が形成されつつあります。
  • 東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地球場に至る宮城野通は新しい仙台の顔となってきており、その周囲には、古くからの市街地である小田原、五輪、原町、東仙台があり、個性的な趣を持っています。
  • 鉄道の新駅周辺である新田東地区などでは、若年層が急増しています。

(主な施策の基本方向)

  • 宮城野通を軸とした周辺の賑わいや活力創出のため、新しいまちづくりや道路・公園等を活用したイベントなどの開催を支援します。
  • 仙台駅東第二土地区画整理事業を推進するとともに、その進捗にあわせ、地区内にある公園の整備や、地域の活力を向上する取り組みを進めます。
  • 宮城野通に面する企業・団体・町内会などによる宮城野通り愛護協力会一斉美化清掃活動などと連携し、快適な空間を創出していきます。
  • 宮城野通の自転車道整備を継続して進めることや、緑豊かな杜の都づくりを推進するため緑の回廊の充実を図ることで、仙台の東の玄関にふさわしい都市景観を構築します。
  • 市民の憩いの場であり歴史的な背景のある榴岡公園において、適正な維持管理や改修を行います。
  • 都市計画道路元寺小路福室線の宮城野橋架け替え等、仙台駅東地区や五輪地区の道路改良工事などを継続的に進めます。
  • 市道などの歩道拡幅工事や、交差点改良、段差解消工事を行い、人と車にやさしい道路を整備していきます。
  • 児童の急増に対応するため、新田小学校の増改築を進めます。
  • 仙台駅東地区の雨水排水能力の向上を計画的に進めます。

[2] 丘陵住宅地域

(特性と動向)

  • 主に戦後、住宅地が広がった地域であり、開発時期の早い住宅地はすでに成熟段階を迎えています。
  • 鶴ケ谷地区は、区内で最も高齢化率が高い地域です。
  • 住宅地にも与兵衛沼公園などの豊かな自然を内包しています。

(主な施策の基本方向)

  • 水辺と緑を身近に体験できる貴重な場所であり、埋蔵文化財包蔵地にも指定されている与兵衛沼公園を、自然体験型の都市公園として整備を進めていくとともに、本市の重要な歴史的地域資源として良好な保存に努めます。
  • 高齢化率の高い鶴ケ谷地区において、健康づくりの拠点として鶴ケ谷中央公園を含め隣接する市道などの再整備を行うとともに、住民との協働による健康づくり事業を展開することにより、高齢者をはじめとする幅広い人々が安心して暮らせる魅力的なまちづくりをめざします。
  • 市道の橋りょう拡幅工事や、歩道整備を行い、円滑な通行の確保と安全な歩行空間の確保を図ります。
  • 鶴ケ谷市営住宅において、老朽化した施設の建て替えを進めるとともに、鶴ケ谷地区の再生に寄与する拠点の形成を図ります。また、公共施設のバランスある配置に努めます。

[3] 北部住宅・田園地域

(特性と動向)

  • 岩切城跡をはじめ、県民の森や七北田川、広大な農地など豊かな歴史と自然を有する地域です。
  • 従来よりまとまりのあるコミュニティを有していましたが、近年、JR東北本線岩切駅周辺の土地区画整理事業による整備に伴い、若年層が増加してきており、新しい街が形成されつつあります。

(主な施策の基本方向)

  • 児童生徒の増加などに対応し、小中学校の増改築などを進めます。
  • 子育て世代の転入者が増加する中、まとまりのあるコミュニティが存在する地域特性を生かしつつ、子育て講座の開催等により形成された新しいネットワークとの再構築を進めるなど、子育て環境の整備を行います。
  • 新たな市街地が形成されようとしている岩切駅東土地区画整理事業の進捗に合わせ、地区内の公園整備を進めます。
  • 市道の歩道を設置するなど、安全な歩行空間の確保を推進するとともに、道路の防災化を進めるなど、災害に強い道路の整備を図ります。
  • 周辺に新しい街が形成されつつある岩切駅において鉄道利用者の利便性の向上を図ります。
  • 国史跡に指定されている岩切城跡について、適切な維持管理を行い、本市の重要な歴史的地域資源として良好な保存に努めます。
  • 七北田川周辺の良好な水辺環境の創出を図ります。

[4] 東部住宅・産業・田園地域

(特性と動向)

  • 豊かな田園と蒲生干潟などの自然豊かな海岸が広がる地域です。
  • 仙台塩釜港および背後地周辺では港湾の整備と連携した産業振興・流通の拠点形成を促進するための基盤整備が進んでいます。
  • JR仙石線の駅周辺において、土地区画整理事業などの実施により市街地形成が進み、若い世代が転入などにより増加しています。
  • 扇町・日の出町地区は、若林区の卸町・六丁の目地区と一体となって、流通・産業地域を形成しています。

(主な施策の基本方向)

  • 仙台港背後地土地区画整理事業の進捗に合わせ、地区内にある高砂中央公園や近隣公園の整備を実施します。
  • 仙台塩釜港および周辺地区の物流・交流機能の強化に向け、(仮称)仙台港インターチェンジの整備を促進するとともに、アクセス道路の整備を推進します。
  • 市道の交差点改良や踏切改良等、歩行者などの道路利用者の安全対策を実施します。
  • 蒲生干潟などの海岸線や、貞山運河などにおいてサイクリングロードを生かした水辺環境の創出を図ります。
  • 津波に対する取り組みを、地域住民、関係機関と連携して進めます。
  • 西原地区等において、ポンプ場建設などによる雨水対策事業の推進を図ります。

(4) 区の地域区分図

区の地域区分図(宮城野区)

お問い合わせ

まちづくり政策局政策企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1245

ファクス:022-214-8037