更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

第4章 区別計画(太白区)

太白区

(1) 区の将来ビジョン

[1] 区の特性と動向

太白区は、本市の南部に位置し、面積は約230平方キロメートル、名取川に沿って東西の帯状に伸びる形をしており、JR長町駅周辺を中心とした本市南部の中心地である「南部拠点地域」、その南側一帯などで、JR南仙台駅周辺を中心に宅地化が進む平野部とその背後に優良農地が広がる「名取川右岸地域」、八木山をはじめとした丘陵部に住宅団地が連担する「丘陵住宅地域」、豊かな居住環境と山あいの緑と田園の残る「太白山周辺地域」、そして名取川の渓谷をはじめ豊かな自然と温泉に恵まれた「秋保地域」からなります。

(概況)

  • 太白区は、太白山や名取川をはじめとした自然、富沢遺跡や郡山遺跡に代表される埋蔵文化財などの歴史的資源、ユネスコ無形文化遺産に登録された秋保の田植踊などの民俗芸能、精好仙台平、柳生の紙漉や秋保工芸の里、石神ゆめの森などで培われている優れた伝統文化・技術を今に伝えるとともに、三神峯公園桜まつり、坪沼の蛍と平家琵琶の夕べ、笊川ほたるまつり、広瀬川灯ろう流し、なかだ篝火コンサート、太白区民まつり、まつりだ秋保、フライハイおいでなど、四季折々に個性あるイベントやまつりが開催されています。
  • プロバスケットボールチームの仙台89ERS(センダイエイティナイナーズ)は、多くのボランティアに支えられ、その活躍は、市民に明るい話題を提供しています。
  • 長町駅東側のあすと長町地区は都市圏南部の広域拠点として、また、地下鉄南北線富沢駅周辺では、機能的な住宅市街地を形成するため土地区画整理事業による整備が進められています。
  • 地下鉄東西線(仮称)動物公園駅では、駅前広場、パークアンドライド駐車場および同駅への結節ルートとなる道路の整備が進められており、同時に駅周辺のまちづくりの検討も地域と行政が連携して行われています。

(人口)

  • 人口は221千人であり、10年前と比較して約0.3%の減少となっています。15歳未満の年少人口および15歳から64歳までの生産年齢人口が減少する一方、65歳以上の高齢人口は大きく増加しており、少子高齢化が急速に進んでいます。世帯数は92千世帯で10年前と比較して増加していますが、一世帯当たり世帯人員は約2.4人と10年前より約0.1人減少しており、小世帯化が進んでいます。
  • 人口は緩やかに減少していき、高齢者の割合がさらに高くなることが予想されます。
  • 外国人登録者数も比較的多く、留学生などとの交流活動も活発に行われています。

(地域づくり)

  • 町内会をはじめ各種の地域団体などにより、地域活性化、安全・安心、防災、地域福祉向上、健康づくり、文化、スポーツ、広瀬川や名取川などの河川愛護活動に代表される地域環境の保全・活用、また、乗合タクシーの運営による生活交通の確保など、地域特性を反映した多様な活動が行われています。
  • 利用者の減少からバス運行の減便・廃止傾向にある地域や、急坂・道路狭あいなど交通の不便な地域においては、公共交通を必要とする高齢者に対する地域に根ざした生活交通を確保する取り組みの拡充が求められています。
  • 発生が予測される宮城県沖地震や集中豪雨などによる被害を軽減する防災・減災対策の強化が求められており、併せて地域の防災意識や防災力を高める必要があります。
  • 太白区連合町内会長協議会など諸団体が連携して災害対策を主体的に検討し、その結果を公表するなど、災害に強いまちづくりをめざして活発な活動を行っています。

[2] 区の将来ビジョン

  • 太白区は豊かな自然環境に恵まれ、多くの歴史と伝統を継承し育んできました。この地に住み、働き、地域づくりを担ってきた市民が、これからも支え合い、住み慣れた地域でいきいきと暮らし続けられるよう、めざすべき4つの「まち」の姿を、太白区の将来ビジョンとして掲げ、まちづくりを進めます。
  • 災害に強く、安心で健やかに暮らせるまち
  • 豊かな地域資源と文化・スポーツ・芸術が息づく潤いのあるまち
  • 交通利便性が高く、充実した住環境を形成・持続するまち
  • 自然の恵みや豊かさが実感でき、魅力ある都市空間を有するまち

[3] 市民協働のまちづくり

上記のめざすべきまちの実現に向けて、市民協働のまちづくりを進めるため、太白区における特性と動向を踏まえ、地域づくり活動や地域の課題解決に向けた取り組みを支援するとともに、多くの市民の担い手や団体が、それぞれの分野の垣根を越えてまちづくりに主体的に取り組める環境づくりを進めます。

(2) 区の主な施策の基本方向

「災害に強く、安心で健やかに暮らせるまち」をめざして

  • あすと長町地区に救命救急、小児救急、災害時医療などの政策的な医療を実施する市立病院の整備を進めます。
  • 住民参加による防災訓練の充実などにより、防災意識の向上を図りながら、地域防災力を高めていくとともに、自主防災組織や関係機関・大学等との連携により防災体制や災害時の連絡体制、災害時に援護が必要な方への支援体制の強化を図ります。あわせて、公共施設やライフラインなどの耐震化、戸建住宅耐震化支援や雨水排水施設の充実を図り、災害に強いまちづくりを推進します。
  • 市民が交通事故や犯罪に巻き込まれないまちづくりのため、ホームページやパンフレットによる情報提供などの広報活動や各関係機関との連携を図りながら、交通安全、防犯対策を進めます。
  • 食品に対する信頼を築き、豊かな食生活を支えるために、地場産物や地域の食文化について市民の理解を深めるとともに、消費者の視点に立ちながら、事業者の自主管理による取り組みを推進しつつ、消費者、食品の製造・加工・販売業者、行政間の相互理解と連携・協力による食品安全性の確保に関する取り組みを進めます。
  • 児童館の整備や保育サービスの充実により、子どもと子育て家庭を支援します。
  • 子どもを安心して生み、育てることができる環境づくりや子どもへの虐待防止を図るため、児童館、保育所地域子育て支援センター、区社会福祉協議会、育児グループなどの子育て支援団体と連携して、子育てふれあいプラザ長町南などを中心に、身近なところで相談できる場づくりなどを進めます。
  • 40代、50代男性の健康づくりを重点的に行うため、健康診査の受診率の向上に取り組むとともに、地域や職場などと連携した心身の健康づくりを進めます。
  • 高齢者が活動的に暮らせるよう、区社会福祉協議会、地区民生委員児童委員協議会、老人クラブ、地域包括支援センター、介護予防自主グループと連携して、健康づくりや高齢者の豊かな経験を生かした社会参加を推進します。
  • 高齢者のさまざまな相談へ速やかに対応できる支援体制の整備を図ります。
  • 認知症についての理解を広げるための取り組みを、地域包括支援センターや医療機関などと連携して進めます。
  • 障害者支援事業者、地区民生委員児童委員協議会などの地域関係団体と連携し、障害者のさまざまなニーズに対応可能な支援体制の整備を進めます。
  • (仮称)南部発達相談支援センターと地域への障害児通園施設の整備を進め、障害児とその家族の地域生活を支えます。

「豊かな地域資源と文化・スポーツ・芸術が息づく潤いのあるまち」をめざして

  • 区内の貴重な自然や歴史的・文化的資源の発掘・活用を図り、市民による学び・伝える活動を促進し、豊かな歴史・文化・スポーツ・芸術が息づくまちづくりを進めます。
  • 区内に数多くある地域資源や地域活動などの紹介などを通じて、市民をはじめ区を訪れる多くの人たちも楽しみながら学ぶことができる機会づくりを行います。
  • 郷土芸能である田植踊など、地域に受け継がれている伝統文化の継承を支援します。
  • 学生を中心とする若い世代の地域活動への参加・交流を促進することにより、地域の活性化を図ります。
  • 地域団体や区内施設と連携し、区内の歴史や自然、文化に関する体験学習や外国人との交流など、子どもたちに地域における多様な学びの場を提供します。
  • あすと長町地区への複合スポーツ施設の立地を契機として、多くの市民がスポーツを行い、観戦し、支えることにより元気と活力あるまちづくりを進めます。

「交通利便性が高く、充実した住環境を形成・持続するまち」をめざして

  • 都市計画道路などの幹線道路の整備を進め、鉄道へのアクセス向上を図ります。
  • 地域内の暮らしを支える道路や道路照明施設などの整備を進め、日常生活の安全・安心の確保を図るとともに、買い物などの生活利便性の維持・改善に向けた取り組みを進めます。
  • 路線バスの維持、路線バス以外の生活交通の確保に向け、市民協働による取り組みを進めます。
  • 身近な公園や緑地などについて、公園愛護協力会・ボランティアなどの市民の参加を得て維持管理を行います。
  • これまで整備してきた道路・公園などの施設について、適切な維持管理を進めます。

「自然の恵みや豊かさが実感でき、魅力ある都市空間を有するまち」をめざして

  • 区内にある歴史的・文化的資源や名勝などのつながりを強め、観光資源としての魅力を向上するとともに、地域活性化イベントなどの開催を促進して、交流人口の拡大を図ります。
  • 都市圏南部の交通結節機能を有する長町駅周辺を中心に、駅前広場などと一体となった地域交流の拠点機能の強化を図ります。
  • 秋保温泉、二口渓谷などの豊かな自然、風土などが調和した観光資源の環境整備を行い、市民や本市を訪れた人たちが四季を通じ憩うことができる場の充実を図ります。
  • 市民、NPO、ボランティアなどによるまちづくりへの取り組みを支援するとともに、それぞれの商店街が持つ特性を生かしながら、商店街の自主的な取り組みを支援します。
  • 減農薬栽培などの特色ある農産物の生産などを推進し、市街地に近接する立地条件を生かした農業の展開を図ります。
  • 朝市や市民農園、収穫祭など、農業生産者と市民が直接ふれあい交流する場づくりを支援し、地域の農業を振興します。

《「市民協働のまちづくり」を進めるために》

太白区は、伝統的な地域コミュニティが健在な地域、新旧住民が混住している地域、新住民の多い地域、戸建住宅がほとんどの地域、マンションやアパートの多い地域など、地域の態様はさまざまであり、施策の展開に当たっては、その地域が持っている特色、風土、文化、歴史を踏まえて、まちづくり活動や地域の課題解決に向けた市民協働の取り組みを支援します。

  • 地域活動の中心となる町内会を支援するとともに、マンションなどにおけるコミュニティの形成を促進します。
  • 市民が主体的に取り組む活動を支援するため、市民センターと一体となった事業推進や地域連携を担当する職員を配置するなど区役所の地域支援体制を強化します。
  • 市民センターと連携して、地域づくりの担い手を育成する取り組みを進めます。
  • 地区集会所の建設・維持修繕の支援や、市民センターやコミュニティ・センターの計画的な維持・補修を進めるなど、地域の活動拠点の充実を図ります。
  • 名取川や広瀬川などにおいて、地域住民により自発的に行われている河川環境美化活動を支援します。
  • 地域ニーズを的確にとらえ、最善の行政サービスを提供できるよう、職員の資質向上を図り、市民に信頼される身近な区役所づくりに取り組みます。
  • 市民が必要な情報をいつでも入手できるよう、ホームページなどを活用した情報提供を行います。

(3) 圏域ごとの主な施策の基本方向

[1] 南部拠点地域

  • (特性と動向)
  • 業務系施設や住宅などの集積が進む一方で、新旧の市街地が混在し、老朽化した生活基盤も多いことから、地域全体の防災力を高めるため、計画的な改修、更新が必要です。
  • 区内には市内の4割を超える埋蔵文化財が集中していますが、その中でも富沢遺跡や郡山遺跡などの大規模な埋蔵文化財が存在しています。
  • 本市の南部広域拠点として、市民や都市圏住民の生活拠点として大きな役割が期待されています。
  • 長町駅および富沢駅周辺では、市街地整備が進んでおり、JR駅、地下鉄駅を中心とした交通体系の構築が必要です。
  • 長町駅前周辺から広瀬橋まで続く旧国道4号沿いには、古くから商店街が形成され、小売業、飲食業やサービス業など多様な店舗が集積し、長町地区の中心的な商業機能を担っています。

(主な施策の基本方向)

  • 生活基盤の改修などに合わせて耐震化を進め、地域全体の防災力を高めます。
  • 郡山遺跡などの保存を図るとともに、富沢遺跡保存館など地域の歴史的資源を活用する生涯学習、学校教育などを推進します。
  • 学生と商店街および地域住民との交流を促進するとともに、学生が地域活性化に向け取り組む自主活動を支援します。
  • 富沢駅周辺においては、土地区画整理事業などにより、市街地整備を促進するとともに、交通結節点としての機能の強化を図ります。
  • 長町駅周辺の市街地整備を推進し、都市圏南部の生活拠点にふさわしい魅力的で個性的な都市機能を誘導します。
  • 地域住民と行政との協働により市民が集える空間・広場の有効活用を図るとともに、地域イベントの支援などを通じ、新たな賑わいの創出やまちの魅力を高めることで商店街の活性化を図ります。
  • 名取川、広瀬川、笊川などの水辺空間を活用し、市民がより自然とのふれあいを体験できる場の提供を図ります。

[2] 名取川右岸地域

(特性と動向)

  • 市街地の形成が、水害の心配される名取川下流域の低い土地にも進んでいます。
  • 幹線道路や南仙台駅周辺を中心に、市街地開発により商業施設の集積が進んでいます。
  • 市街地の分断および交通渋滞の解消に向け、南仙台駅を結節拠点とした交通体系の構築と幹線道路および生活道路などの整備を求める声が多くあります。

(主な施策の基本方向)

  • 雨水排水施設の整備を図り、浸水に対する地域全体の防災力を高めます。
  • 安心して子育てができるよう、地域で見守り、支援していく環境づくりを進めます。
  • 柳生和紙の紙漉などの区内の伝統文化や自然、歴史的資源を活用し、子どもたちの地域理解を進めるとともに、地域への愛着を涵養します。
  • 幹線道路の整備を進め、南仙台駅を結節点とした交通体系の構築などを図ります。
  • 住み始めた時期の異なる住民同士の交流や子どもから高齢者までの幅広い世代間の交流の機会づくりを促進するとともに、地域活動への支援を通じ、地域の活性化を図ります。

[3] 丘陵住宅地域

(特性と動向)

  • 昭和30年代半ば以降、丘陵地に外延的に開発された団地が多く、高さのある玉石積みや二段擁壁、道幅が狭小な個所も見受けられます。また、住民の高齢化も進んでおり、生活基盤の機能の低下、コミュニティの衰退などが懸念されます。
  • 防災に関して、町内会や大学、関係団体の連携による取り組みが行われているほか、町内会においても、災害時要援護者マップの作成や耐震対策・診断の勉強会を開催するなどしており、こうした先導的・主体的な活動を促進していく必要があります。
  • 地下鉄東西線の開業に向け、(仮称)動物公園駅周辺、他の地域や拠点を結ぶ道路やバス路線などの整備が求められています。
  • 八木山の松並木に代表される優れた街並み・景観の保全が求められています。

(主な施策の基本方向)

  • 戸建住宅などの建て替えの際に、危険擁壁などの改善や狭小道路解消の誘導を図るとともに、地域住民の防災意識を高め、地域全体の防災力の向上を図ります。
  • 地域や大学と行政との協働による市民の安全・安心に向けた取り組みを進めます。
  • 大年寺山公園の整備を進め、歴史・文化を伝え、貴重な緑を保全します。
  • 豊かな自然環境を生かした優れた街並み・景観の保全を図ります。
  • 都市計画道路などの幹線道路や(仮称)動物公園駅の駅前広場を整備し、駅を中心とした交通体系の構築を図ります。
  • 路線バスを含めた生活交通の確保に向け、市民協働による取り組みを進めます。
  • (仮称)動物公園駅に隣接する八木山動物公園の整備を進めます。
  • 地域と行政との協働により駅周辺のまちづくりを推進します。
  • 世代間や留学生を中心とした外国人との交流活動への支援を通じ、地域コミュニティの活性化を図ります。

[4] 太白山周辺地域

(特性と動向)

  • 坪沼地区においては、生活交通の維持が求められています。
  • 生出地区や坪沼地区などには、地域住民が支え、盛り上げてきた、古くから地域に根ざしたまつり・文化があります。
  • 太白山、名取川などの山あい、水辺の豊かな自然や里山が多く残っており、太白山自然観察の森などの活用が図られています。
  • 地域資源のより一層の活用、自然と都市が調和した優れた住環境の維持を図るため、地域主体のまちづくりが求められています。
  • イノシシなどによる農作物被害が急増しており、有害鳥獣対策の強化が求められています。

(主な施策の基本方向)

  • 坪沼地区においては、市民協働により、地域に根ざした持続可能な生活交通の確保を図ります。
  • 各世代の交流により健康で安心して暮らせる取り組みを進めます。
  • 太白山周辺をはじめとした豊かな自然環境、里地里山の保全を図るとともに、自然とのふれあいの場や環境教育の場として、太白山自然観察の森などのより一層の活用を図ります。
  • 四季折々に開催されている地域イベントなどへの支援を通じ、地域の活性化を図ります。
  • 市民と農業のふれあいを生かしたまちづくりの取り組みを促進します。
  • 防護柵の設置や猟友会の活動支援など、有害鳥獣対策の強化を図ります。

[5] 秋保地域

(特性と動向)

  • 地域内においては高齢化率が高く、特に75歳以上の高齢者の割合が高くなっています。
  • 秋保の田植踊に代表される多くの優れた民俗文化が継承されていますが、少子高齢化などによる後継者問題が発生しており、継承活動への支援が必要です。
  • 県道秋保温泉愛子線の整備により、JR仙山線愛子駅方面への移動が容易となり、日常生活の圏域が愛子および周辺地域にも広がっています。
  • 東北有数の秋保温泉郷をはじめ秋保大滝や二口渓谷などを有する観光地として、大規模な宿泊施設や観光資源の整備が進んでいます。
  • 秋保温泉郷や二口渓谷などへの観光客数の減少傾向が続いており、観光資源のさらなる魅力向上の取り組みなどを促進し、地域の活性化を図る必要があります。
  • 農業を中心としたまちづくり活動への支援を通じ、地域を支える農林業の活性化が求められています。
  • イノシシなどによる農作物被害が急増しており、有害鳥獣対策の強化が求められています。

(主な施策の基本方向)

  • 高齢者が住み慣れた地域の中で安心していきいきと暮らせる支援体制づくりを進めます。
  • 秋保の田植踊などの民俗文化が継承されるよう、地域に育まれてきた民俗芸能の形や、その継承団体の活動状況などに応じた支援を地域と一体となって進めます。
  • 地域の地形、気候条件に合わせた道路、防災、交通などの生活環境の整備を行います。
  • ボランティア道路除草活動など、地域に根ざした市民協働による取り組みを進めます。
  • 路線バスの維持など、生活交通の確保に向け、市民協働による取り組みを進めます。
  • 既存観光資源の保全と活用を図るとともに、農商工連携や地域の自然環境を生かした健康づくりイベントの開催など、新たな視点での誘客対策を支援します。
  • 新鮮で安全な農産物の特産品化や地場流通の拡大などにより、生産販売体制の強化が図れるよう支援します。
  • 防護柵の設置や猟友会の活動支援など、有害鳥獣対策の強化を図ります。

(4) 区の地域区分図

区の地域区分図(太白区)

 

お問い合わせ

まちづくり政策局政策企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1245

ファクス:022-214-8037