更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

第4章 区別計画(泉区)

泉区

(1) 区の将来ビジョン

[1] 区の特性と動向

  • 泉区は本市の北部に位置し、面積は約146平方キロメートルです。
  • 地下鉄南北線泉中央駅を中心とする「北部拠点地域」、泉ケ岳と七北田川、田園地域などの「泉ケ岳および西部田園地域」、南と北の「丘陵住宅地域」および工業・流通団地一帯の「北部産業地域」で構成され、本市北部の広域拠点としての都市機能と豊かな自然環境との調和が図られています。
  • ベガルタ仙台の活躍や大規模アウトレットモールの開業などにより、広域的な集客力と新たな活気の創造が期待されています。
  • 都市圏北部の工業団地への大規模製造業(自動車・半導体関連)生産拠点の立地により、雇用の促進と定住者の増加が期待されています。
  • 区内および近隣地に6つの大学・短期大学があり、学生や若者の多いまちとして、学都の重要な一翼を担っています。

(概況)

  • 主要な公共交通機関は地下鉄とバスであり、区内には3つの地下鉄駅があります。地下鉄南北線泉中央駅と八乙女駅がバスターミナルとなり、多数のバス路線が区内に広がっています。
  • 主な幹線道路は、国道4号、仙台泉線、仙台北環状線、国道457号などです。泉インターチェンジと泉パーキングエリア・スマートインターチェンジにより東北自動車道へのアクセスも良好です。
  • 地下鉄泉中央駅周辺には、多数の公共施設や、商業施設、中高層マンションなどが集積し、充実した都市機能を有しています。
  • 地下鉄駅や主要幹線道路沿線には商業施設、中高層マンションなどの集積が進んでいます。
  • 仙台スタジアム、泉総合運動場、スポパーク松森、民間スキー場、ゴルフ場、各種スポーツクラブなどが整備されており、スポーツを楽しむ環境が充実しています。
  • 区の西端は泉ケ岳を中心とした山岳地帯で、すそ野から西部一帯には田園が広がり、泉ケ岳を水源とする七北田川が東西に流れています。
  • 南と北の丘陵地帯には大小の住宅団地が造成され、丘陵住宅団地群を形成しています。その一部には広い公園緑地が整備され、貴重な自然として市民に親しまれています。
  • 区の北端には工業・流通団地などとして、泉パークタウンインダストリアルパーク、サイエンスパークおよびソフトパークが立地し、先端産業をはじめとする企業が集積しています。
  • 広域拠点としてのさらなる求心力の向上のため、魅力ある都市機能の集積と賑わいの創出が求められています。
  • 住宅団地の開発に伴い整備された道路、公園などの生活基盤が経年化しており、適切な維持・改修が求められています。

(人口)

  • 人口は211千人で、10年間で約5.3%の増加となっています。世帯数は、85千世帯で、10年間で約15.0%の増加となっています。
  • 15歳未満の年少人口と15歳から64歳までの生産年齢人口が減少するとともに、65歳以上の高齢人口が大幅に増加しており、高齢化が急速に進行するとともに、少子化などに伴う人口減少が見込まれています。
  • 高齢人口はほぼ全域で大幅に増加しており、年少人口や生産年齢人口が増加しているのは北部拠点地域のみです。
  • 西部田園地域の高齢化が進んでおり、丘陵住宅地域においても高齢化が加速していくものと予想されています。

(地域づくり)

  • 区内では泉区まちづくり推進協議会と各種団体が連携・協力し、市民協働による七北田川クリーン運動や泉ケ岳の利活用推進活動など、さまざまな取り組みが行われています。
  • 地域住民による将監沼や長命館公園の整備、NPOによる地域福祉サロン活動など、地域資源や地域のニーズと結びついたさまざまな市民活動が活発に行われています。
  • 区内の町内会加入率は本市で最も高く、町内会が地域コミュニティの核となって、さまざまな地域活動が活発に行われています。
  • 総合型地域スポーツクラブが3地区において設立されており、スポーツを通じた地域づくりが盛んです。
  • 高齢単身世帯の増加など地域環境が大きく変わろうとしており、地域コミュニティの活力の維持・向上や地域福祉充実のための取り組みが求められています。

[2] 区の将来ビジョン

泉区は、都会的な利便性や文化性に恵まれており、豊かな自然環境、良好な生活環境、活発な地域コミュニティ活動、充実した教育環境やスポーツ環境など、数多くの資源を有しています。これらの地域資源を再確認し、積極的な活用を図りながら、誰もが住みたいと思う「これからも選ばれるまち」を目標に次のまちづくりを進めます。

  • 市民活動が輝く「賑わいのまち」
    区内各地で、市民の発想を生かした、市民主体の多彩な活動が行われ、賑わいと活力が生まれるまちをめざします。
  • 泉ケ岳、七北田川などの自然を守り親しむ「憩いのまち」
    泉ケ岳、七北田川、公園緑地などの豊かな自然環境が市民に親しまれ、ボランティア活動の場としても積極的に活用される憩いのまちをめざします。
  • 高齢者がいきいきと暮らし、子育てにやさしい「共生のまち」
    高齢者や障害者、子育て世帯などが地域の中で健康でいきいきと暮らすことができる、思いやりと安らぎに満ちた、助け合いと共生のまちをめざします。
  • 災害に強く、犯罪・事故の少ない「安全・安心のまち」
    日頃から地域ぐるみで地震などの災害に備えるなど、高い地域防災力を持つとともに、犯罪や交通事故の少ない安全・安心のまちをめざします。

[3] 市民協働のまちづくり

将来ビジョンを実現するためには、市民力の主体である、個々の市民、町内会などの地域団体、NPO、企業などが、互いに連携・協力して、地域課題の解決と地域活性化に取り組んでいくことが不可欠となります。

地域における顔の見える関係づくりを進めるため、個々の市民、地域団体、NPO、企業、学生などのネットワークづくりに取り組みます。また、市民の自発的、自主的な地域づくり活動を支援するために、人材の育成に取り組むとともに、地域の資源や活動の場に関する情報発信の充実を図ります。これらの取り組みにより、市民協働のまちづくりとその仕組みづくりを推進していきます。

(2) 区の主な施策の基本方向

市民活動が輝く「賑わいのまち」

  • 地域、大学および区役所の地域ネットワークを構築して、大学の知的資源を生かしたまちづくりを進めます。
  • 交流人口の拡大を図るため、市民の発想を生かした、市民主体の多彩なイベントや情報発信を支援します。
  • 学生を中心とした若者独自の発想と行動力を生かした、地域活性化やまちづくりの取り組みを支援します。
  • 市民センターや学校と連携して、町内会や多様な市民による地域課題の解決や地域活性化のための活動を支援します。
  • 泉中央駅ペデストリアンデッキなどを積極的に活用して一層の賑わい創出を図ります。

泉ケ岳、七北田川などの自然を守り親しむ「憩いのまち」

  • 泉岳少年自然の家の移転・改築を契機として、豊かな自然とふれあう多様な市民活動を促進します。
  • 公園緑地や河川などを利活用する市民のボランティア活動を支援します。
  • 農地の保全を図るとともに、地産地消や市民と農業のふれあい活動を促進します。

高齢者がいきいきと暮らし、子育てにやさしい「共生のまち」

  • 高齢者の健康づくりや介護予防、孤立防止などのための軽運動、多世代が交流できる泉ふれあいエクササイズ、サロン活動などの普及を進めます。
  • 地域包括支援センターや民生委員、関連事業所と連携して、高齢者と障害者の地域生活を支援します。
  • 認知症に対する理解を広めるとともに、地域包括支援センターや医療機関、民生委員などと連携して、認知症の人とその家族を支援します。
  • 子育てふれあいプラザ泉中央や保育所地域子育て支援センター、児童館が連携・協力して、育児中の親や育児グループなどを支援します。

災害に強く犯罪・事故の少ない「安全・安心のまち」

  • 自主的な地域防災訓練を支援して実施地区の増加を図るとともに、防犯活動重点地区やモデル地区の活動を広めることにより、地域の防災力と防犯力を高めます。
  • 警察や消防、関係団体と連携して、交通安全や火災予防を推進します。
  • 歩道、通学路、街路灯、公園、集会施設、橋の整備・改修および維持・修繕を進めます。
  • 市民生活の安全性や快適性を確保するため、泉中央駅ペデストリアンデッキを適切に維持・管理します。

(3) 圏域ごとの主な施策の基本方向

[1] 北部拠点地域

(特性と動向)

  • かつて奥州街道の七北田宿を中心として栄えた地域で、現在は、地下鉄泉中央駅を中心に、幹線道路などが結節する市北部の広域拠点であり、商業・業務機能、中高層マンションなどの都市機能の集積が進んでいます。
  • 高齢者の人口比率が比較的低く、核家族や若者が比較的多い地域です。
  • 広域的な集客・交流拠点としての求心力の維持・向上が求められています。
  • 集合住宅への対応など、地域の実情に応じたコミュニティづくりが求められています。
  • 犯罪の抑止が求められています。
  • 駐車場用地も多く、土地の高度利用が求められています。

(主な施策の基本方向)

  • 都市圏北部における広域拠点として、交通結節機能や商業機能の維持・充実を図りながら、魅力的で個性的な都市機能の集積と賑わいの創出を図ります。
  • 区民広場、泉中央駅ペデストリアンデッキ、仙台スタジアム、七北田公園などの公共施設について、スポーツ、レクリエーション、文化イベントなどの多様な利活用を図ります。
  • 商工団体や学生、NPOなどの発想を生かした、市民主体の多彩なイベントを支援します。
  • マンション単位の町内会の形成促進などにより、地域コミュニティ活動を支援します。
  • 泉中央駅ペデストリアンデッキを適切に維持・管理します。
  • 関係機関、関係団体との連携を強化して、落書きや違法駐車等の迷惑行為の防止、犯罪予防のための啓発活動を行うなど、犯罪の起きにくい環境づくりを進めます。

[2] 泉ケ岳および西部田園地域

(特性と動向)

  • 泉ケ岳に代表される豊かな自然環境と寺社、史跡、民俗芸能などの歴史的・文化的資源に恵まれている、農業を中心とした地域です。
  • 高齢者の人口比率が比較的高く、世帯構成員数が比較的多い地域です。
  • 泉ケ岳はスキーや登山、ハイキングなど、市民のスポーツ・レクリエーションの拠点として活用されているものの、スキー場利用者数は減少傾向にあります。
  • 泉ケ岳アウトドアスポーツ大会には全国から千名規模の参加があります。
  • 根白石地区は昔ながらの町並みを残しており、地域七夕などの活動も行われています。
  • 泉ケ岳の自然環境の保全と調和を基本とした、より一層の利活用が求められています。
  • 農業の担い手育成や農地の有効活用、有害鳥獣対策が求められています。

(主な施策の基本方向)

  • 泉岳少年自然の家の移転・改築事業を契機として、市民、NPO、関係団体などの連携により、泉ケ岳の魅力の再発見と効果的な情報発信を行い、多くのビジターの獲得を図ります。
  • 芳の平下刈り活動や自然観察会などの市民主体の活動を支援します。
  • ミズバショウ群生地の保全を図ります。
  • 市民農園の活用や朝市の開催を支援します。
  • 野生鳥獣による農作物などの被害の低減化を図ります。
  • 歴史的・文化的資源、農業資源などを生かし、交流人口の拡大や地域活性化につながる活動を促進します。

[3] 丘陵住宅地域

(特性と動向)

  • 松森城や長命館などの中世の城館跡が点在する南と北の丘陵地に、昭和30年代から近年まで開発されてきた大小の住宅団地が連坦する地域です。
  • 地下鉄八乙女駅周辺、国道4号や仙台泉線、仙台北環状線の沿線には商業施設や中高層マンションの集積が進んでいます。
  • 地域コミュニティの活力の維持、向上が求められています。
  • 高齢者が元気で安心して暮らせる地域づくりが求められています。
  • 子育て家庭の孤立を防ぐ子育てしやすい地域づくりが求められています。
  • 道路、公園、集会施設などが経年化しており、適切な維持・改修が求められています。
  • 事故や犯罪の少ない、安心して暮らすことのできるまちづくりが求められています。
  • 地震をはじめとした自然災害に備え、災害に強い地域づくりが求められています。

(主な施策の基本方向)

  • 良好な生活環境や街並みの維持に努めるとともに、これからも選ばれるまちをめざして、積極的な地域情報の発信に取り組みます。
  • 市民センターや学校と連携して、町内会や多様な市民による地域課題解決や地域活性化のための活動を支援します。
  • 誰もがスポーツや軽運動を楽しめる環境づくりを促進します。
  • 高齢者の健康づくり、介護予防、孤立防止などを目的とした軽運動の普及を進めます。
  • 多世代が交流できる泉ふれあいエクササイズ、サロン活動などの普及に努めます。
  • 子育てふれあいプラザ泉中央や保育所地域子育て支援センター、児童館が連携・協力して、育児中の親や育児グループを支援します。
  • 地域ボランティアと連携して、公園緑地などを、世代間の住民交流や健康づくりの場として活用します。
  • 町内会をはじめとする地域団体と連携して、公園緑地などの修繕・整備を進めます。
  • 住宅団地開発に伴い整備された道路、公園、集会施設などの修繕・整備を進めます。
  • 地域の自主的な防災訓練や防犯・防火・交通安全運動を支援します。
  • 歩道や通学路、街路灯を整備するとともに、関係機関、関係団体と連携して、安全・安心の地域づくりを進めます。

[4] 北部産業地域

(特性と動向)

  • 工業流通団地などとして、泉パークタウンインダストリアルパーク、サイエンスパークおよびソフトパークが立地しています。
  • インダストリアルパークやサイエンスパークでは、宮城県産業技術総合センターや21世紀プラザによる技術支援やベンチャー企業支援などが行われ、MEMS関連機器の試作工場も立地するなど、先端技術の研究開発が行われています。
  • ソフトパークには、グローバルに事業展開を行っている世界的な企業が立地しています。
  • 都市圏北部に立地する自動車・半導体関連大規模製造業との連携が求められています。
  • 東北大学青葉山キャンパス地区を中心とした大学・企業の研究開発部門との連携強化が求められています。

(主な施策の基本方向)

  • インダストリアルパークにおける研究開発を促進します。
  • 仙台北部中核工業団地群、大和リサーチパーク、東北大学青葉山キャンパス地区の企業・研究所との連携を促進します。
  • ソフトパークへのソフトウェア業をはじめとした都市型産業の誘致を促進します。
  • 立地企業と地域との相互理解と交流を促進するための情報交換を進めます。

(4) 区の地域区分図

区の地域区分図(泉区) 

お問い合わせ

まちづくり政策局政策企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1245

ファクス:022-214-8037