現在位置ホーム > くらしの情報 > くらしの安全・安心 > 防災・災害対策 > 災害に備えて > 指定都市市長会シンポジウムin仙台「助け合いの力が日本を救う―都市間支援で大災害に立ち向かう―」が開催されます

更新日:2017年4月13日

ここから本文です。

指定都市市長会シンポジウムin仙台「助け合いの力が日本を救う―都市間支援で大災害に立ち向かう―」が開催されます

助け合いの力が日本を救う―都市間支援で大災害に立ち向かう―

平成29年4月26日(水曜日)、「指定都市市長会シンポジウム」が開催されます。

テーマは、「助け合いの力が日本を救う―都市間支援で大災害に立ち向かう―」。

大規模災害時の「都市間支援」の実例として、東日本大震災のほか、熊本地震での政令指定都市、民間団体や学生の支援活動などを紹介するとともに、支援が効果的に行われるために重要な「受援計画」にも焦点をあて、議論を深めていきます。

4月19日(水曜日)までに、Eメール、郵便、ファクスでお申し込みください。
※席に余裕がある場合は、当日会場でも受付できます。

ご参加をお待ちしております。

指定都市市長会シンポジウムin仙台 チラシ(PDF:1,829KB)

1 日時

平成29年4月26日(水曜日) 午後2時から午後4時30分まで(午後1時30分開場)

2 会場

仙台国際センター展示棟展示室1(外部サイトへリンク)

所在地:仙台市青葉区青葉山無番地

アクセス:仙台市営地下鉄東西線「国際センター駅」下車すぐ

3 プログラム

1 基調講演「過去の大震災と来たるべき巨大地震 ―人と技術・情報の備え―」

今村 文彦氏(東北大学災害科学国際研究所所長・津波工学研究分野教授)

2 パネルディスカッション

コーディネーター

武田 真一氏(河北新報社 防災・教育室長)

パネリスト

今村 文彦氏 ※コメンテーター

田村 太郎氏(一般財団法人ダイバーシティ研究所 代表理事)

久元 喜造氏(神戸市長)

奥山 恵美子(仙台市長)

ゲスト発表

東北大学学生ボランティアによる支援活動の発表

4 申し込み方法

Eメール・郵便・ファクスで、お名前(フリガナ)、ご所属等、手話通訳・託児が必要な場合はその旨と連絡先、を記入の上、お送りください。

【郵送】〒980-8671

仙台市青葉区国分町3-7-1 仙台市まちづくり政策局政策企画課

【Eメール】 mac001620@city.sendai.jp

※件名に「指定都市市長会シンポジウム申込み」とご記入ください。

【ファクス】 022-214-8037

5 その他

主催:指定都市市長会

共催:仙台市

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

まちづくり政策局政策企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-5226

ファクス:022-214-8037