現在位置 ホーム > 宮城野区トップページ > 防災・防犯・交通安全 > 防災 > 平成27年度宮城野区防災セミナーを開催しました。

宮城野区

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

平成27年度宮城野区防災セミナーを開催しました。

宮城野区では、平成24年度より、地域防災力向上事業として、町内会役員等地域の防災活動に携わる方などに参加を呼びかけ、防災・減災に関する知識の習得を目的としたシンポジウムやセミナーを開催しております。
今年度も、平成28年3月16日(水曜日)、宮城野区文化センター・パトナホールを会場に、平成27年度宮城野区防災セミナーを開催しました。

  • 平成27年度宮城野区防災セミナー
  • 演題自然災害からの復興 計画と実践の先行事例~ニューオーリンズ市の10年~
  • 講師東北大学災害科学国際研究所 准教授 井内加奈子氏

井内先生は、都市計画とその政策、復興計画、防災計画、国際開発などの分野を専門としており、日本都市計画学会、アメリカ計画学会、アメリカ地震工学研究学会などに所属し、国内外における国家的な政策についてご研究され、より良い政策の実現に向けた提言等をなされているほか、数々の主要著書を記されております。

今回の平成27年度宮城野区防災セミナーにおいては、東日本大震災から5年を経過した本市において、今後の復興や地域の防災をより良いものとするための知識の習得を目的として、2005年8月、ハリケーンカトリーナにより壊滅的な被害を受けた米国ルイジアナ州ニューオーリンズ市の被災後の10年間について、ご講演をいただきました。

講演では、ニューオーリンズ市について、まちの特色、食文化、産業、元々あった社会問題など、はじめに現地の紹介を行っていただき、続けて2005年8月に来襲したハリケーンカトリーナによる災害についてお話しいただきました。
その後、同市の被災後10年間における復興に関する取り組みについて、問題点や成功したこと、今も残っている課題など、詳細にお話しいただき、最後に復興とは何かについてまとめていただきました。

当日は、210名の参加がありました。講演内容に関するアンケートでは、「地域の発展につながる取り組みが参考になった」、「(復興)計画づくりのプロセスが参考になった」という意見をいただいたほか、今後の同じような催しを行う場合のテーマとして、「防災意識を高める方法」などの意見をいただきました。

会場・参加者の様子の写真

会場・参加者の様子

講演の様子の写真

講演の様子

講演の様子の写真

講演の様子

お問い合わせ

宮城野区役所区民生活課

仙台市宮城野区五輪2-12-35 宮城野区役所4階

電話番号:022-291-2111

ファクス:022-291-2371