現在位置 ホーム > 宮城野区トップページ > 防災・防犯・交通安全 > 交通安全 > 自転車安全利用教室が開催されました。

宮城野区

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

自転車安全利用教室が開催されました。

平成27年10月、宮城野区内の二つの中学校において、スケアード・ストレイト方式による自転車安全利用教室が開催されました。
スケアード・ストレイト方式による自転車安全利用教室とは、プロのスタントマンが、自転車の危険な運転などを起因として発生する事故を再現するもので、衝突時の衝撃や事故原因などを目で見て体験するものです。

(1)仙台市立東華中学校の自転車安全利用教室

平成27年10月2日(金曜日)、仙台市立東華中学校の校庭を会場に開催されました。
当日は、東華中学校親師会、榴岡地区町内会、区内の小中学校、仙台東地区交通安全協会及び仙台市東地区交通指導隊から多数の参観がありました。
教室の最後では、仙台東警察署交通課交通指導係長の交通安全講話がなされた後、仙台市立東華中学校生徒代表による「交通安全の誓い」が宣誓されました。

参加した生徒の写真

参加した生徒の様子

時速よんじゅっきろでの衝突を再現した様子の写真

時速40キロでの衝突を再現した様子(車両には生徒1名と先生1名が同乗しています。)

大型車両が停車している箇所の安全通行を説明する様子の写真

大型車両が停車している箇所の安全通行を説明する様子

(2)仙台市立東仙台中学校の自転車安全利用教室

平成27年10月27日(火曜日)、仙台市立東仙台中学校の校庭を会場に開催されました。
当日は、仙台市議会議員をはじめ、東仙台学区及び新田学区町内会連合会、区内小中学校の教職員、PTA、仙台東地区交通安全協会、仙台市東地区交通指導隊及び仙台東警察署から多数の参観がありました。
教室の最後では、仙台東警察署交通課交通課長の交通安全講話がなされた後、仙台市立東仙台中学校生徒代表による「交通安全の誓い」が宣誓されました。

危険な傘差し運転を実演する様子の写真

危険な傘差し運転を実演する様子

大型車による自転車の巻き込み事故を実演する様子の写真

大型車による自転車の巻き込み事故を実演する様子

お問い合わせ

宮城野区役所区民生活課

仙台市宮城野区五輪2-12-35 宮城野区役所4階

電話番号:022-291-2111

ファクス:022-291-2371