現在位置 ホーム > 宮城野区トップページ > 防災・防犯・交通安全 > 交通安全 > 宮城野区・仙台市の交通事故発生状況を更新しました(平成29年4月末現在)

宮城野区

更新日:2017年6月9日

ここから本文です。

宮城野区・仙台市の交通事故発生状況を更新しました(平成29年4月末現在)

平成29年1~4月の交通事故発生状況は次のとおりです。

(1)宮城野区における交通事故の発生状況

区分

1月~4月に発生した数

前年同月比

交通事故発生件数

232件

-20件

死者数

0人

-2人

負傷者数

284人

-17人

 

(2)仙台市における交通事故の発生状況

区分

1月~4月に発生した数

前年同月比

交通事故発生件数

1,187件

-35件

死者数

2人

-5人

負傷者数

1,410人

-105人

 

(3)宮城野区における毎月の交通事故発生状況
月/区分 発生件数 死者数 負傷者数
1月 77 0 94
2月 50 0 59
3月 47 0 62
4月 58 0 69
5月 - - -
6月 - - -
7月 - - -
8月 - - -
9月 - - -
10月 - - -
11月 - - -
12月 - - -

 

 

以上宮城県警察本部の統計資料によるものです。

 

発生した交通事故の傾向や特徴

  • 午後6時台の時間帯に多い
  • 金曜日と土曜日に多い
  • 交差点付近で多く発生している
  • 漫然運転によるものである
  • 飲酒運転によるものである
  • 高齢者の事故が多くなっている

交通死亡事故を防止しましょう

交通死亡事故の多くは「漫然運転」、「脇見運転」や「安全不確認」が原因と言われています。
車両の速度抑制と運転者による早期危険認知に加え、守るべき交通ルールとマナーを遵守し、交通死亡事故を防止しましょう。

飲酒運転をなくしましょう

飲酒運転は即逮捕・検挙されます。理由は認められません。悪質・危険性の高い飲酒運転による交通死亡事故は、最長20年の懲役に罰せられることとなります。酒酔い運転でも5年以下の懲役または100万円以下の罰金のほか免許取り消し、酒気帯び運転でも3年以下の懲役又は50万円以下の罰金のほか免許取り消し又は免許停止になり、車両の提供者、酒類の提供者、同乗者も処罰されます。
飲酒運転による致死率(死傷者に占める死者の割合)は、全事故に比較して10倍以上に達しており、飲酒運転は死に至る危険性が極めて高くなっています。
飲酒運転は命取り!!免許ばかりでなく、お金・信用・仕事・家族をも失います。家族や職場、地域ぐるみで飲酒運転の根絶を呼びかけましょう。

自転車の交通事故防止について

自転車が関わる事故が多くなっています。自転車といえども、スピードや打ち様によって、交通死亡事故となります。
悪質違反者の取り締まりも、強化されています。ブレーキのついていない自転車、赤信号無視、飲酒運転は指導・警告の範疇を超えており厳しく取締りを受けます。
歩行者を守る「いたわり運転」や事故の被害者とならないための「防衛運転」を徹底しましょう。

「自転車も 乗れば車両の 仲間入り!」自転車安全利用五則を守り安全運転に努めましょう。

歩行者の交通事故防止について

交通ルールと交通マナーを守り、交通事故から身を守りましょう。

車を運転する際のアドバイス

  • 運転中は常に緊張感を持ち、運転に集中しましょう。
  • 交差点付近を横断する歩行者や自転車の有無をしっかり確認しましょう。
  • 十分な車間距離と安全な速度、ハンドルやブレーキは余裕を持った操作を心がけましょう。
  • 夕暮れ時はヘッドライトを早めに点灯し、夜間は他の車両の迷惑にならない範囲で、遠くまで見とおせるハイビームを有効に活用しましょう。

“区民一人ひとりが交通安全の主役です”

関連リンク

交通ルールを守り、交通事故を起こさないよう遭わないように注意しましょう

お問い合わせ

宮城野区役所区民生活課

仙台市宮城野区五輪2-12-35 宮城野区役所4階

電話番号:022-291-2111

(内線6144)

ファクス:022-291-2371