現在位置 ホーム > 宮城野区トップページ > 公園・道路 > 道路 > 宮城野区自転車モデル事業推進会議(岩切地区)の取り組みについて

宮城野区

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

宮城野区自転車モデル事業推進会議(岩切地区)の取り組みについて

平成27年度宮城野区自転車モデル事業推進会議(岩切地区)の取り組みについて、お知らせします。

(1)洞ノ口交差点における街頭指導

平成27年8月28日(金曜日)、利府街道の洞ノ口交差点において、街頭指導を実施しました。この交差点は、南進すると岩切大橋を通行するものとなることから、自転車の車道通行、歩道通行の際の歩行者優先を強く呼びかけました。

自転車に歩行者優先を呼びかける様子の写真

▲自転車に歩行者優先を呼びかける様子

歩行者を避けて、自転車が車道を通行する様子の写真

▲歩行者を避けて、自転車が車道を通行する様子

(2)改善状況調査

平成27年5月以降、宮城野区自転車モデル事業推進会議(岩切地区)では、街頭啓発活動を始めとした自転車の安全利用促進のための各種事業を展開して参りました。今年度の事業実施の効果を見るため、事業開始前の平成27年5月29日(金曜日)に実施した調査と同じ条件で、平成27年11月13日(金曜日)、県道利府岩切停車場線の歩道・自転車通行帯における通行状況の調査を行いました。
今回の調査結果においては、自転車、歩行者が、正しい通行区分で通行していることなどについて、改善が見られました。しかしながら、自転車の並列走行、ヘッドフォン着用、歩行者の歩きスマホなどの違反行為、危険行為も一部見られました。

歩行者、自転車の通行を調査する様子の写真

▲歩行者、自転車の通行を調査する様子

歩行者、自転車の通行を調査する様子の写真

▲歩行者、自転車の通行を調査する様子

並列走行(違反)を調査する様子の写真

▲並列走行(違反)を調査する様子

(3)宮城野区自転車モデル事業推進会議(岩切地区)の会議開催について

今年の締めくくりとして、平成27年度の事業実施状況、改善状況調査の結果について、平成27年11月26日(木曜日)、岩切東コミュニティ・センターにて意見交換を行いました。

意見交換においては、次年度以降も継続した事業実施を必要とする意見が多く出され、実施内容について、年度内に再度協議を行うことになりました。

協議参加者の様子の写真

▲協議参加者の様子

お問い合わせ

宮城野区役所区民生活課

仙台市宮城野区五輪2-12-35 宮城野区役所4階

電話番号:022-291-2111

ファクス:022-291-2371