現在位置 ホーム > 宮城野区トップページ > 防災・防犯・交通安全 > 交通安全 > 平成28年秋の交通安全市民総ぐるみ運動が展開されました(その2)

宮城野区

更新日:2016年11月2日

ここから本文です。

平成28年秋の交通安全市民総ぐるみ運動が展開されました(その2)

(8)二輪車安全利用教室

平成28年9月25日(日曜日)仙台中央自動車学校を会場に、実車走行による講習会が開催されました。
二輪運転者を対象に、交通機動隊の白バイ隊員が実車運転、車両点検などを実施。運転技量の再確認と技術の習得を図るための講習を行いました。
講習参加者と白バイの写真
自動車学校内のコースで実車走行を実施

 

(9)交通安全レター作戦

小学生が作成した手紙を、運転手に手渡して、交通安全を呼びかける「交通安全レター作戦」を行いました。
平成28年9月26日(月曜日)には、仙台市立東宮城野小学校が中心となり、卸町二丁目卸商センター前交差点にて、平成28年9月29日(金曜日)には、仙台市立宮城野小学校が中心となり、旧理容学校前交差点にて、計2日間、交通安全と交通事故防止を呼びかけました。
卸町郵便局駐車場での開催セレモニーの写真
9月26日の開催セレモニー
運転者への呼びかけの写真
卸町二丁目交差点での啓発活動
仙南信用金庫原町支店駐車場での開催セレモニーの写真
9月29日の開催セレモニー
運転者に手紙を渡す小学生の写真
運転者に手紙を渡し、交通安全を呼びかけました

 

(10)踏切事故防止キャンペーン

平成28年9月27日(火曜日)仙石線出花踏切にて、通行する運転者に踏切事故防止を呼びかけるキャンペーンが行われました。
このキャンペーンには、立華幼稚園の年長組園児も参加。JR東日本職員に教えられ、踏切の安全な横断を練習したほか、運転者への啓発グッズ配布も行いました。
踏切の渡り方を練習する園児の写真
前方、左右の安全を確認して踏切を横断
運転者に啓発グッズを渡す園児の写真
園児達も啓発グッズの配布をお手伝い

 

(11)高齢者対象交通安全教室

平成28年9月27日(火曜日)幸町市民センターを会場に、高齢者を対象とした交通安全教室が開催されました。
自転車シミュレーターを活用し、被災者生活支援員の説明により、自転車の安全利用、事故防止のための講習会が行われました。
会場と参加者の写真
交通安全協会幸町支部長による開催挨拶
参加者による自転車シミュレーター体験の写真
自転車シミュレーターを体験する参加者

 

(12)安全運転競技大会

平成28年9月28日(水曜日)東部自動車学校を会場に、運転技能や安全点検などを競う、安全運転競技大会が開催されました。
参加した競技者(仙台東地区安全運転管理者会・同事業主会員事業所の従業員24名)は、安全運転の重要性および運転の基本を再確認し、交通安全の意識を高めました。
ボックス脱出競技の写真
限られた空間内で車両を転回するボックス脱出競技
車両を使った点検競技の写真
運行前に車両の状態を点検する日常点検競技

 

(13)交通安全教室

平成28年9月29日(木曜日)JA仙台高砂支店前駐車場を会場に、近隣住民などを対象とした安全教室が開催されました。
交通安全教育車(セーフティサポートカー「みやぎくん2号」)を使用し、シートベルト着用時の安全性の体験や、歩行・運転能力判断などを行いました。
交通安全教師車を体験する参加者の写真
参加者はシートベルトを着用し、上下逆さの状態
交通安全教育車両の写真
車両内で複数の体験が可能

 

(14)「交通事故死ゼロを目指す日」および自転車の安全利用促進街頭キャンペーン

平成28年9月30日(金曜日)秋の運動最終日。東北福祉大東口キャンパス前交差点にて、街頭キャンペーンを行いました。
仙台駅東口駅周辺を通行する歩行者や自転車利用者に対し、チラシや啓発グッズを配布し、「交通事故死ゼロを目指す日」、「飲酒運転根絶」、「自転車安全利用」を呼びかけました。
キャンペーン参加者の写真
キャンペーン開催前。整列する参加者
街頭での啓発グッズ配布の写真
啓発グッズを渡し、通行者に呼びかけました

 

(15)飲酒運転根絶飲食店訪問キャンペーン

平成28年9月30日(金曜日)JR仙台駅東口周辺の居酒屋および酒類提供飲食店を訪問し、飲酒運転根絶のため、啓発用のポケットティッシュなどの店頭設置をお願いしました。
協力店舗で啓発品を渡す写真
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

お問い合わせ

宮城野区役所区民生活課

仙台市宮城野区五輪2-12-35 宮城野区役所4階

電話番号:022-291-2111

(内線6144)

ファクス:022-291-2371