現在位置 ホーム > 宮城野区トップページ > 健康・福祉 > 健康づくり > 子ども向け感染症予防教育の教材を貸し出します

宮城野区

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

子ども向け感染症予防教育の教材を貸し出します

宮城野区では、平成23年度から幼児期からの衛生教育教材として、感染症予防啓発プログラムと教材を作成し、多くの子ども達と楽しく学んできました。

この教材と台本は宮城野区保健福祉センター管理課で貸し出しを行っていますので、保育所や幼稚園、小学校低学年のお子さんへの健康教育にご利用ください。

教材一覧

紙芝居の写真

紙芝居
(フレームつきです。菌の存在や手洗い・咳エチケットの大切さを学びます。)

パネルシアター用グッズの写真

パネルシアター用グッズ
(菌を探すゲームをしながら、室内のどこにどんな菌がいるのか考えます。)

人体モデルの写真

人体モデル
(折りたたみ可能で持ち運びも便利です。感染経路と
感染症の症状について学びます。)

ペープサート用グッズの写真

ペープサート用グッズ
(免疫の仕組みと、免疫力を高める方法を学びます。)

申込み方法

貸し出しの希望日時を宮城野区保健福祉センター管理課までご連絡ください。
※希望日時が他施設と重なった場合、貸し出しできない場合がありますのでご了承ください。

プログラムの内容

参加型の健康教育です。友だちとの関わり合いや体験する活動で自尊感情を育みながら、感染症予防について学べるよう考えました。
プログラムは60分のものと、45分ずつ計2回に分けて実施するものと2パターンあります。
紙芝居のみご利用いただくことも可能です。

以下のステップについて学ぶ内容となっております。

到達目標と主な内容

到達目標

内容

STEP1
菌とは何かを理解する

紙芝居や菌を探すゲーム、劇をとおして菌の存在と種類(ばい菌・常在菌・善玉菌)、ばい菌の拡がり方を学びます。

STEP2
感染症とは何かを理解する

人体モデルとペープサートを用いて、ばい菌がどのように体の中に入るか、またそれによってどのような症状が出るかを学びます。

STEP3
免疫とは何かを理解する

ペープサートで免疫の働きと、免疫力を高める方法を学びます。

STEP4
感染症にかからない方法を理解する

紙芝居で咳エチケットや正しい手洗いの大切さを学び、手洗いが正しくできるよう練習します。

STEP5
感染症予防対策は習慣的に行う必要があることを理解し、実践できる

紙芝居で手洗いやマスクをつけるタイミングについて学び、習慣として実践することの大切さを学びます。

紙芝居のあらすじ

ゴウくんとリンちゃんはとっても仲良し。いつものように遊んでいると、ゴウくんは鼻がムズムズしてきて、リンちゃんにむかって大きなくしゃみをしてしまいました。そこに「みやぴょん」といううさぎの魔法使いがやってきて、かけると菌が見えるようになる「みやぴょんめがね」を二人に貸してくれます。それをかけると…。

みやぴょんの不思議な力をとおして、二人は菌の存在と、咳エチケットや手洗いの大切さを学ぶのでした。

ご利用にあたっての注意点

教材は丁寧に取り扱ってください。
貸出を受けた教材の転貸は禁止します。
断りなく教材の複製・改変をすることは禁止します。

関連リンク

お問い合わせ

宮城野区役所管理課

仙台市宮城野区五輪2-12-35 宮城野区役所2階

電話番号:022-291-2111

ファクス:022-298-8817