現在位置 ホーム > 宮城野区トップページ > 公園・道路 > 公園 > 平成31年榴岡公園お花見情報(終了しました)

宮城野区

更新日:2019年6月26日

ここから本文です。

平成31年榴岡公園お花見情報(終了しました)

榴岡公園さくらまつりは無事終了しました

平成最後となった今回は、約10万人が訪れるなど盛大に開催されました。ありがとうございました。

次回の榴岡公園さくらまつりにご期待ください。

なお、次回のお知らせは、令和2年3月頃を予定しています。

 

お花見イベントについて

主催者

名称と問い合わせ先
主催 榴岡公園お花見協賛会
連絡先 電話番号022-299-2361
ホームページ 榴岡公園「桜まつり」公式サイト(別ウィンドウで開きます)(外部サイトへリンク)

 

さくらまつりとイベントの概要

市内有数の花見の名所で、明かりのついた提灯と露店等が並び多くの人で賑わいます。サクラの種類が非常に多く、中でもシダレザクラが多いのが特徴です。ソメイヨシノとは一味違ったお花見が、比較的長い期間楽しめます。

さくらまつりの概要
お花見広場での開催予定期間 平成31年4月1日(月曜日)~平成31年4月29日(祝日)※桜の状況により変更の場合もありますので、上記公式サイトでご確認ください。
南エントランス広場での開催予定期間 平成31年4月1日(月曜日)~平成31年5月6日(休日)※桜の状況により変更の場合もありますので、上記公式サイトでご確認ください。
見ごろ 例年の見頃は4月20日頃ですが、近年は早咲きの傾向が見られます。
提灯の点灯式 平成31年4月5日(金曜日)18時00分~(場所:お花見広場)
提灯の点灯時間 18時00分~21時00分
露店 およそ20店舗が出店予定です。
その他イベント「すずめ踊り」 平成31年4月13日(土曜日)、14日(日曜日)の11時00分~15時00分
ただし、雨天時は平成31年4月20日(土曜日)、21日(日曜日)
その他イベント「お花見ライブ」 平成31年4月13日(土曜日)、14日(日曜日)、20日(土曜日)、21日(日曜日)

 

注意事項等

お花見での禁止事項等
場所取り ひもやロープ等については危険なので、禁止しています。
前日からあるビニールシートなどは、清掃の際に放置物として撤去される可能性もあります。
無人での場所取りはご遠慮下さい。
テント 他の利用者の迷惑となるので、テントの設置は禁止しています。
火の使用 火気厳禁となっていますので、ご注意ください。
ゴミ

お花見期間中は、臨時ごみ置き場を設置していますが、容量も限られています。

出来るだけごみの持ち帰りにご協力ください。

 

 

榴岡公園の概要

桜の種類

公園内のサクラは365本(19種類)となっており、その内訳はエドヒガン35本、シダレザクラ34本、ベニシダレ33本、ヤエベニシダレ142本、ソメイヨシノ30本、ヤマザクラ8本、オオシマザクラ5本、カンザン16本、オオムラザクラ3本、その他59本です。

いわれのあるサクラとその概要
種類 本数と場所 説明
シダレザクラ 1本:お花見広場中央東側付近 元禄年間、4代藩主伊達綱村公が生母三沢初子の霊を弔うため、釈迦堂を建て、京都から桜苗1000本を取り寄せて植えたものといわれる1本で、推定樹齢300年以上の仙台市保存樹木です。
ギョイコウ 1本:南側斜面 本木は大阪の造幣局から70年程前に株分けされて財務省東北財務局の碧雲寮(青葉区中江)で育てられ、平成8年に同寮が廃止され、多くの方々から珍しい桜を残して欲しいとの願いがあり、この榴岡公園に移植されたものです。
三春滝桜(ベニシダレ) 3本:南側斜面 宮城野区管内の支援団体から三春滝桜の樹木寄付申し出があり、伊達家とゆかりの深い福島県三春町にある天然記念物「三春滝桜」の幼木を県民の森と榴岡公園に平成12年2月26日に移植されたものです。
二季桜(ジュウガツザクラ) 2本:南側斜面 平成19年3月19日に榴岡明寿会より寄付されたもので、開花時期は年2回で3月頃と10月頃に咲く珍しい桜です。花弁は小さい八重で色はうすピンク色です。
オオムラザクラ 3本:噴水広場東側林地 東日本大震災の復興支援の一環として、平成29年4月20日に大村ロータリークラブから寄付いただきました。花が二段咲で外花と内花になっており、ガク片が通常のサクラの5枚に対し10枚あり、花弁も60枚から多いもので200枚あります。国指定天然記念物で長崎県大村市の市花でもあります。

 

公園の基本情報

沿革

榴岡公園の歴史は古く、仙台藩時代に4代藩主伊達綱村公が生母の冥福を祈り、元禄8年(1695年)榴岡に釈迦堂を建立し、境内に彼岸花やしだれ桜を1000本植えて、人々の遊覧の地としたことからはじまります。古くより人々の憩いの場として利用されてきましたが、文化年間の大火によりほとんどの桜が焼失してしまいました。その後、昭和3年に昭和天皇即位記念として桜100本を植えるなどして、現在では365本の桜が公園内にあります。今も綱村公が植えたとされる桜が1本残っており、仙台市の保存樹木に指定されています。なお、都市公園としては明治35年に宮城県告示により設置されています。本格的な公園整備は昭和51年度から開始し、昭和60年度に完成しました。平成27年3月10日には、園内の北西部が国指定名勝「おくのほそ道風景地」として追加指定されています。

規模・種別等
所在 仙台市宮城野区五輪一丁目301-3ほか
設置 明治35年4月告示
種別 総合公園
面積 11.293ha
開園時間 常時開放
休園日 無休

アクセス

交通手段とアクセス情報
公共交通 JR仙台駅から仙石線石巻方面乗車で3分、榴ヶ岡駅(1駅)で下車、徒歩3分
自家用車 東北自動車道仙台宮城インターチェンジから国道48号を東へ直進し、広瀬通り等を経由して8km
花見期間中の駐車場

有料40台、3時間まで1時間100円、それ以降1時間毎150円、入場時間6時~22時まで(通常は6時~18時)、出庫のみ24時間自由

台数に限りがあり、公園外周は駐車禁止です。公共交通を利用されるか近隣のコインパーキング等をご利用ください。

来場者見込数 およそ10万人が訪れると見込んでいます。

 

 

お問い合わせ

宮城野区役所公園課

仙台市宮城野区五輪2-12-35 宮城野区役所5階

電話番号:022-291-2111

(内線6411から6415)

ファクス:022-291-2374