ENGLISH

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

現在位置ホーム > 刊行物 > 機関誌 > 市史せんだい vol.25

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

市史せんだい vol.25

レストラン ミュージアムショップ オリジナルグッズ 仙台市博物館刊行物

機関誌『市史せんだい vol.25』

市史せんだいvol.25 画像

A5判 128ページ 500円(税込)

市史編さん事業の機関誌最新号が発売されました。

平成27年3月をもって終了した仙台市史編さん事業の25年間を、執筆者や編さん室員のコメントなどで振り返る第一特集、そして戦後70年に関連した第2特集では、「軍都仙台」の呼称についての考察、仙台空襲後の市街地写真を紹介します。
そのほか、大正期に構想されながらも実現に至らなかった仙台周辺の鉄道構想を取り上げた論考「幻の鉄道」、資料紹介「伊達政宗文書・補遺(九)」を収録しています。
仙台市博物館2階ミュージアムショップにて好評発売中です!

『市史せんだい Vol.25』の主な内容

【第一特集】「仙台市史」刊行を振り返って
【第二特集】戦後七〇年

  • 研究ノート:「軍都仙台」の呼び名はいつごろ生まれたのか 中武敏彦
  • 資料紹介:昭和20年7月12日撮影 仙台空襲後の市街地写真

【論文】幻の鉄道―大正期における仙台周辺の鉄道整備構想― 菅野正道
【史料紹介】伊達政宗文書・補遺(九)ほか

お問い合わせ

教育局博物館

仙台市青葉区川内26

電話番号:022-225-2557

ファクス:022-225-2558