English

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土曜日・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

現在位置ホーム > 展示のご案内 > 特別展・企画展 > おうちで楽しむ展覧会ー企画展「仙台の美と出会う」 > おうちで楽しむ展覧会ー企画展「仙台の美と出会う」 第5章(2)

更新日:2020年5月26日

ここから本文です。

おうちで楽しむ展覧会ー企画展「仙台の美と出会う」 第5章(2)

企画展「仙台の美と出会うー福島家三代の書画・工芸品コレクションー」より
第5章 福島美術館新春吉例「めでた掛け」(2) 

「めでた掛け」とは、福島美術館の初代学芸員を務めた佐藤明(さとう あきら)氏(1905~1986)が始めた正月恒例の展覧会の名前です。「お正月には皆でおめでたい掛け物をみて新年をお祝いしましょう」という意図から始められたこの展覧会は、福島美術館が開館した翌年から毎年開催されてきました。ここでは、福島美術館の「めでた掛け」展でおなじみの、「長寿」や「福」をテーマとした作品を紹介します。

第5章アイコンp201  第5章アイコンp202  

(図をクリックすると、各作品の解説へ)

作品解説

大胆に描かれただるまさん

朱画達磨図(しゅがだるまず)
中林梧竹筆 明治~大正

第5章(2)11


達磨(だるま)は、現在では縁起物の置物などで親しまれていますが、もとは禅宗の開祖とされている僧侶です。この絵では大胆に簡略化してユニークに表現されています。作者は明治の書聖(書道の達人)といわれた中林梧竹(なかばやし ごちく)(1827~1912)です。絵の上部には自筆で「面壁(めんぺき)九年 我百年」と記しており、達磨が悟(さと)りを開くのに、壁に面して座禅を組む面壁修行で9年かかったのであれば、私は(悟りを開くのに)100年かかるだろうという梧竹の心情が戯れたような筆使いで表現されています。

 

フジビールゆかりの富士図

富士図(ふじず)
中村不折筆 大正時代

第5章(2)21 第5章(2)22


日本一の高さを誇る富士山は、霊峰として古くから人々の信仰を集めた山であり、画題としても多く描かれました。この扇面型に描かれた富士図は、書家・画家であった中村不折(なかむら ふせつ)(1866~1943)が東洋醸造(とうようじょうぞう)株式会社のために描いたものです。東洋醸造は、大正8年(1919)に福島禎蔵(ていぞう)が中心となって小田原長丁(ながちょう)通(現在の常盤木学園の辺り)に設立した酒造会社です。ラベルに富士山のマークがデザインされた「フジビール」を製造・販売していました。

 

※資料はすべて社会福祉法人共生福祉会所蔵

 

第5章(1)へ戻る     

 

 

ページトップへ戻る