現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 経済・産業 > 農林水産業 > 農業 > 仙台市農業委員会 > 農地の売買、貸借、転用などは許可や届出が必要です。

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

農地の売買、貸借、転用などは許可や届出が必要です。

次の場合は、農地法等による許可や届出が必要ですので、地元の農業委員や農業委員会事務局にご相談ください。

  • (1)農地の貸し借り、売買などの権利移動
    農地の所有権移動や貸借権を設定する場合には農地法第3条の許可が必要です。
    相続で農地を取得された方も届出が義務付けられました。
  • (2)農地を農地以外に使用する場合(農地の転用)
    農地を転用して他の用途に利用する場合は農地法第4条又は第5条の許可が必要です。
    市街化区域内の農地についても届出が必要です。
  • (3)農地改良工事(高さを変えたり、畦畔除去を行う場合)
    水はけが悪いため盛土したい、水田を畑に転換して利用したい等、農地転用を目的としない農地の形質を変更する工事等を行う場合には、事前に届出が必要となります。

申請書や届出書については、
「仙台市農業委員会」申請書及び届出書様式ダウンロード
をご覧ください。

他にも納税猶予の適格者証明書や耕作証明書など、各種の手続きに必要な証明書の発行も行っております。要件確認や発行に日数を要する場合がありますので、事前にご相談ください。

お問い合わせは

農業委員会事務局事務課
電話:022(214)4340 農地係
022(214)4308 振興係
ファクス:022(215)5803
E-mail:nou024400@city.sendai.jp

お問い合わせ

農業委員会事務局事務課

仙台市青葉区二日町6-12 二日町第二仮庁舎6階

電話番号:022-214-4340

ファクス:022-215-5803