現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 農林水産業 > 水産業 > ブラックバスはリリースが禁止されています

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

ブラックバスはリリースが禁止されています

ブラックバス
(宮城県内水面試験場提供)

ブラックバスは北米産の魚で繁殖力が強く、在来魚の生態系を脅かす存在として知られています。

ブラックバスの生息域が拡大している原因としては、バス釣り人気の高まりが背景にあると考えられており、伊豆沼ではゼニタナゴやメダカなどが激減し生態系に大きな影響が出ています。

このため、宮城県内水面漁業調整規則でブラックバス(オオクチバス、コクチバス等)やブルーギルの移植放流が禁止されていますが、漁業法に基づく宮城県内水面漁場管理委員会の指示により、釣った場所に放す再放流も平成16年5月1日から禁止されておりますのでご注意ください。

お問い合わせ

経済局農政企画課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8265

ファクス:022-214-8338