更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

6次産業化等に関連して先進地等で研修を行うための費用を補助します

終了しました

水耕栽培や農業IT化などの新技術等の取得や、加工等、加工等の6次産業化を行うための必要なノウハウの取得を目的として、先進地等で研修を行う際に必要な費用の一部を補助いたします。

対象者

次のいずれかに該当する津波被災農業者であって、研修後の具体的な事業計画を持っている、市税滞納のない方を対象とします。

  1. 農業生産法人
    代表者又は役員の過半が津波被災農業者で構成されている場合。又は、津波被災農業者を研修生として派遣する場合。
  2. 農家3戸以上で組織する任意組合
    代表者又は構成員の過半が津波被災農業者で構成される場合。又は津波被災農業者を研修生として派遣する場合。
  3. 認定農業者

補助の内容

  1. 新技術導入
    栽培技術の取得、機械整備技術の取得、経理管理等、水耕栽培や農業IT化などの新技術を導入するために必要な研修費用
  2. 6次産業化
    加工技術や営業販売技術等の6次産業化に必要な研修費用

【注意】

  • 研修については、期間が5日以上のものを対象とします。
  • 実地研修を伴うものに限ります。海外での研修は対象外となります。

対象となる経費

  • 交通費、宿泊費、受講料、テキスト代等研修にかかる経費
    ※ただし、交通費及び宿泊費については、市の規定を準用しそれを上限とします。

補助金額

1/2以内(一人1回あたり:事業費下限3万円、補助金額上限50万円)

提出書類

交付申請書類、被災したことがわかる書類の写し、研修計画書(研修先、研修社名、研修内容等)、研修後の事業実施計画書、旅費計算表、法人の場合登記簿の写し

交付申請書類等について

交付申請書類等については、下記からダウンロードすることができます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

Wordビューアダウンロード

Word形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。Microsoft Wordをお持ちでない方は、Word Viewerをダウンロードしてください。Word Viewerのダウンロードページ

お問い合わせ

経済局農政企画課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8266

ファクス:022-214-8338