更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

仙台あおば餃子レシピ

材料(餃子30個分)

皮の材料はこちらです。

品目

分量

分量の目安

粉類

 

 

強力粉

120g

 

タピオカ粉(ない場合は薄力粉)

30g

 

薄力粉

50g

 

雪菜

100g

1/2袋

2g

小さじ1/3

打ち粉(片栗粉等)

適量

適量

具の材料はこちらです。

品目

分量

分量の目安

雪菜

100g

1/2袋

キャベツ

130g

葉3~4枚

長ネギ(又は曲がりネギ)

25g

約1/3本

ニラ

10g

約1/5束

ニンニク

5g

1片

ショウガ

5g

 

豚ひき肉

100g

 

片栗粉

10g

大さじ1+1/2

調味料

 

 

ゴマ油

8g

小さじ1+1/2

みそ

8g

小さじ1+1/2

しょうゆ

5g

小さじ1

3g

小さじ1/2

砂糖

4g

小さじ1g弱

洋がらし

1g

 

こしょう

少々

適量

※具は少し濃いめの味付けになっていますので、お好みで調節してください。
※飲食店等で提供される仙台市認定の「仙台あおば餃子」は、使用する主な野菜を仙台産とする必要があります。

調理方法

1.皮の調理

  • (1)雪菜を沸騰した湯で2分ほど茹でて、冷水にとり軽く絞る。
  • (2)(1)の雪菜を長さ3cm程に切り、フードプロセッサーで細かいペースト状にする。
    (フードプロセッサーがない場合は、雪菜を細かくきざみ、すり鉢でペースト状にする。)
  • (3)ボールの上にザルをのせ、布巾をかける。(2)を入れてよく絞り、繊維と汁に分ける。
  • (4)別のボールに粉類と塩を混ぜ合わせ、中に(3)の雪菜汁と、繊維10g(できた繊維の約2/3。残りは具に入れる)を入れ、耳たぶの柔らかさになるまでよく練る。
    (粉に混ぜる雪菜汁は100mlを目安にし、足りない場合は水を加えて調整する。)
  • (5)(4)をラップに包み、空気に触れない状態にして、冷蔵庫で1日程寝かせる。

2.具の準備

  • (1)雪菜、キャベツ、ニラ、ネギをみじん切りにする。ニンニクとショウガはすりおろす。
  • (2)ひき肉に調味料を加えてよく混ぜねばりを出してから、(1)の野菜類と、1-(4)で残った雪菜の繊維を入れて、最後に片栗粉を混ぜる。

3.餃子の成形

  • (1)1-(5)で寝かした生地を、丸い棒状にして、30個に分割する。
  • (2)打ち粉をしながら麺棒で直径8cm~10cmの円形に伸ばし皮を作る。
  • (3)皮に2-(2)の具を14gのせ、縁に水をつけて二つ折りにし、ひだを寄せながら口を閉じる。
  • ※雪菜のしぼり汁の作り方により、完成品の緑の濃さが異なります。

皮の調理手順写真


具の調理手順写真

餃子の成形手順写真

お問い合わせ

経済局農政企画課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8266

ファクス:022-214-8338